トップ > 部門紹介 > 医療安全推進室

医療安全推進室

医療安全推進室の紹介

福井赤十字病院医療安全推進室は平成15年4月に設置され、医療の質の向上及び安全な医療の提供を目指し、医療安全推進活動を行っています。
医療安全推進室は医師・看護師・薬剤師・理学療法士・放射線技師、臨床工学技士・事務の多職種で構成されています。
安全管理のための基本的考え方(医療に係る安全管理のための指針より)
  1. 患者さんの安全を守ることを最優先に考え行動する。
  2. 患者さんと職員のより良いパートナーシップを築き、安全で質の高い患者参加型の医療を提供する。
  3. 部署間、職種間で迅速な連携を図り、良好なコミュニケーションを構築する。

室長あいさつ

医療安全推進室長 小松和人
医療安全推進室
小松和人
 平成27年度から医療安全推進室長を拝命しました。県民が求める優れた医療を行うためには、医療の質と安全の確保が最も重要です。病院の安全対策の策定と実行に今後も邁進してまいります。

看護師長(医療安全管理者)

看護師長(医療安全管理者)西郡知代
西郡知代
 インシデント報告や現場へのラウンドをもとに週1回カンファレンスを開催し、業務改善が図れるように医療安全推進室のメンバーとともに検討を行っています。

医療安全推進室の主な活動内容

  • 医療安全に関する現場の実態調査及び業務改善の提言
  • 医療事故並びにインシデントの収集、分析、対策立案
  • 医療安全管理委員会(毎月1回)への情報提供
  • 医療の安全管理に係る教育・研修事業の企画及び運営
  • 医療安全に関する院内パトロールの実施
  • 各部署における医療安全管理に関する相談、助言
医療安全研修会
医療安全研修会の様子
医療安全研修会

医療安全相談について

相談窓口にて医療安全に関する相談の対応を行っています。