トップ > 部門紹介 > 看護部 > 病棟紹介 > 1-6病棟

病棟紹介/1-6病棟

腎臓泌尿器科と循環器科の病棟
 平成28年度5月より、腎臓泌尿器科と循環器科の混合病棟として再編成された病棟です。
 どちらも、生命の維持に欠かせない腎機能や循環器機能に障害があり、生活習慣病と深く関連している糖尿病、高血圧、高脂血症からきています。また、排泄障害がある患者さんが入院されています。
 緊急が多い中、認定看護師や移植コーディネータを中心に看護の専門的な知識や技術を用いて支援を行い、患者さんやご家族と共に考える姿勢を大切にしています。

看護師長

 看護師として赤十字が基本にしている独立、中立、公平の考えのもと、常に患者さんの気持ちに寄り添い、ニードに応じた看護ができるように努めています。地域との連携を大切にして、安心してお帰り頂けるようにしています。
 多忙な中でも、時には6階の大きな窓から患者さんと奥越の山を眺め、心の癒しを提供したいと思います。
看護師長
布谷 喜代美