トップ > 部門紹介 > 看護部トップ > 認定看護師の活動紹介

認定看護師の活動紹介

認定看護管理者/内田 智美
内田 智美

 認定看護管理者は、「多様なヘルスケアニーズを持つ個人や家族や地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することにより、保健医療福祉に貢献する役割」を担っています。
 医療の高度化が進み、時代の変化とともにヘルスケアニーズも多様化していますが、地域の中核を担う急性期病院として皆さまの信頼に応えられるよう、将来を見据えて今何が必要なのかを柔軟に考えながら、組織的な取り組みをしていきたいと思います。
 看護の標準化を図る(質の保証)とともに、一人ひとりを大切にしたきめ細やかな看護を提供することで、質の高い看護を提供し続けられるよう、当院の強みである看護の組織力を最大限に生かしていきたいと考えます。

認定看護管理者/小畑 日出美
小畑 日出美

 認定看護管理者の役割は「質の高い組織的看護サービスの提供をすることにより、保健医療福祉に貢献すること」です。
 私は社会の動きや体制の変化を理解し、時代にあった看護の水準の維持及び向上に努め、認定看護管理者としての役割を遂行していきたいと考えています。

認定看護管理者/井上 和子
井上 和子

 認定看護管理者は、「社会が求めるヘルスケアサービスを提供できる組織の構築と運営、家族及び地域住民に対して質の高い組織的看護サービスの提供」等、多様な役割が求められています。
 当院は、「優しい医療の提供」に努めています。その為には、利用者の気持ちに寄り添い優しい看護が提供できる看護師の育成に、組織的に取り組んでいきたいと考えます。
 又、「災害医療・看護」にも積極的に取り組んでいきます。災害が頻発している昨今、病院としての備えを強化するとともに、地域の住民の方々とも災害時の備え等の研修会や訓練を通し、安心して生活が出来るように支援していきたいと思います。

認定看護管理者/西向 秀代
西向 秀代

 看護管理者の重要な役割は、病院あるいは看護組織を持続的に成長発展させる仕組みづくりを行うことだと考えています。
 そのためには、私たちが提供する医療や看護サービスが、利用者にとって魅力的で、大きな価値を提供できるものとなることが大切だと思います。そして、魅力や価値を生み出す源泉は、サービスの提供者である職員一人ひとりが、自分たちの仕事に対するやりがいと誇りを持って働くことのできる職場にあると考えます。
 私は、利用者や職員が「この病院を選んで本当によかった」と思える組織になれるように取り組んでいきたいと考えています。

認定看護管理者/加藤 智枝
加藤 智枝

 認定看護管理者は、「多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して質の高い看護サービスを提供すること」をすすめていく役割を担っています。
 少子化高齢化がすすみ、社会情勢、医療情勢が変化する中、疾病を持ちながら地域で療養・社会生活を送られる方やそのご家族に対し、安全で、安心、信頼される診療が行われるように、また、生活が円滑に送れるように調整を図り、利用される方のニーズに対応した質の高い看護が提供できることを求められています。利用される方が、一人ひとりを大切にし、その人らしい生活ができるよう支援していくために時代の変化に柔軟に対応し、環境の整備を行ない、職員一人ひとりがやりがいを持って働き続けられる組織づくりに取り組んでいきたいと考えています。

透析看護認定看護師/高嶋 節子
高嶋 節子

 透析看護認定看護師として3年目を迎えました。周りの皆様に支えられてここまでこれたことを感謝しています。現在、人工透析センター内で、透析患者さんへの看護の実践、スタッフ指導、腎外来や病棟で保存期腎不全患者さんへの指導・相談を行なっています。
 腎内科医師から直接依頼を受けてご相談させて頂いていますが、特に透析導入に際して、導入決定や、血液透析か腹膜透析かの選択を自己決定できるよう支援しています。患者さん一人ひとりを大切に継続看護を目指し、透析チーム医療のコーディネーターの役割を担うべく努力しています。今後も、腎不全教室(透析目前の方対象)やクリアランス教室(初期腎不全の方対象)の充実を図るため、レベルアップに努めています。

糖尿病看護認定看護師/清水 雅代
清水 雅代

 糖尿病患者さまは、病気とともに長期に療養生活を必要としますが、生活の多様化に伴い、治療を中断したりセルフケアがうまくできず合併症を併発してしまう方がおられます。
 糖尿病看護認定看護師は、このような自己管理を困難としている方々の生活を支援したり、生活を調整できるようお手伝いすることが大切な役割であると考えています。
 また、昨今の医療背景から糖尿病診療におけるネットワークが重要となってきています。今後は、院内だけでなく地域におきましても、顔の見える連携を心がけていきたいと思っています。

感染管理認定看護師/田中 真理子、真鍋 照美、坪田 マキ
田中 真理子、真鍋 照美、坪田 マキ

 感染管理認定看護師は感染対策チームと共に、病院を訪れる方々や院内で働く職員を感染から守るために感染予防策を講じて、安心安全な療養環境および職場環境の提供に努めています。
 主な活動として、感染対策遵守状況把握のためのラウンド、サーベイランス、針刺し防止等の職業感染対策、研修会の開催、感染対策マニュアル作成、感染対策の地域連携・支援等を行っています。

がん化学療法看護認定看護師/広田 法子、富永 知恵子、大塚 祥恵
広田 法子、富永 知恵子、大塚 祥恵

 がん化学療法は、身体的、精神的な面に様々な影響が伴いやすいがん治療の一つです。
 がん化学療法看護認定看護師は、安全かつ安心して治療が行えるように、関連職種と連携し質の高い医療が提供できることを目指しています。また、治療に伴う副作用や、治療中の生活について、患者さんとご家族をサポートできるように活動しています。
 またがん化学療法看護分野における看護の質の向上に貢献できるように、活動しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師/上口 美恵、水島 典子
上口 美恵、水島 典子

 私達は、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)を造られた方や褥瘡(床ずれ)がある方、また、足の潰瘍や治療後の傷、尿・便漏れなどに伴って生じる皮膚のトラブルでお困りの方のご相談を受けております。
 入院患者さんだけでなく、通院されている方、在宅療養中の方もお気軽にご相談ください。在宅へは訪問看護師と同行し、ケアにあたります。

救急看護認定看護師/朝田 和枝
朝田 和枝

 私が救急看護認定看護師をめざすきっかけは、当院に救急部が開設され、誰も所属していなかった救急外来に専任看護師として配属されたことでした。「救急医療って何?」「救急看護って何?」と自分自身に問いかけながら、救急看護認定看護師となり、現在に至っています。救急看護は、「救命救急技術や救急看護技術の実践・指導、救急医療現場における患者のトリアージ及びケア計画立案・実践・研究、危機状況にある患者及び家族への看護、災害看護」など幅広い役割を担う分野です。
 私は、救急外来で出会う急変時に遭遇した患者さんやご家族様の身体的・精神的・社会的・霊的などの全人的苦痛に対しての看護が実践出来るよう、今後も初心を忘れず、日々自己研鑽に努めていきたいと考えています。また、自身がこれまで習得した学びを周囲の方々への指導や相談に繋げていきたいと考えています。救急看護に関するお困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

がん診療センター がん性疼痛看護認定看護師/寺井 智子、奥村 有香
寺井 智子、奥村 有香

 がんの痛みには、ガイドラインに基づく安全な治療が行われます。その治療を安心してお受け頂けるよう疑問にお答えします。
 また、快適な日常生活を送って頂けるよう、痛みを和らげるための生活上の工夫について、個別的な希望や生活スタイルに配慮しながら支援します。

緩和ケア認定看護師/福岡 和代、福嶋 かおり
福岡 和代、福嶋 かおり

 がんなどによって生じる身体的な苦痛や心の不調に対処していくことは、疾患自体の治療と同様に大切なことです。
 患者さんやご家族が抱える身体的苦痛をはじめ、精神的苦痛、社会的苦痛、スピリチュアルペインなどの様々な苦痛を取り除く緩和ケアの提供を目的に、緩和ケア認定看護師として多職種によるチームで協働しながらケアを行っています。
 その中で、患者さんやご家族の思いを大切にしてケアに取り組んでいます。そして、患者さんやご家族が病院や在宅において安楽な状態で、尊厳をもって生活することができるような質の高い緩和ケアを提供していきます。

手術看護認定看護師/長谷川 友美、常見いずみ
長谷川 友美、常見いずみ

 「手術」は非日常的かつ個別的な体験です。看護師は手術を受ける患者さんに対し身体的、心理的、社会的側面からアセスメントを行い、患者さんの個性を尊重した看護を実践しています。
 手術看護認定看護師は、患者さんに安全・安心な手術を受けて頂くために、執刀医、麻酔科医、看護師、臨床工学技士ら各スタッフが専門性を発揮できるように調整役を担っています。

集中ケア認定看護師/原田 幸枝、小川 佳代
原田 幸枝、小川 佳代

 集中ケア認定看護師は、重症かつ集中治療を必要とする生命の危機状態にある患者さんに寄り添い、患者さんが早期に回復し、障害の程度が最小限となるよう他職種と協働して合併症の予防や早期リハビリテーションなど急性期の看護を行います。
 私たちは、より質の高い看護を提供できるよう看護スタッフをサポートし、関連職種の方々と連携してチーム医療の中で活動しています。

乳がん看護認定看護師/吉川 朋子
吉川 朋子

 女性がかかるがんで最も多いのが乳がんです。医療技術の進歩により治癒される方も増えていますが、多種多様な治療の選択肢があり悩む方もおられます。
 乳がん看護認定看護師は、患者さんやご家族への治療に伴う身体的・心理的・社会的サポートはもちろん、治療選択のサポート、ボディーイメージの変容に関わるケア、術後のリンパ浮腫予防のためのアドバイスをさせていただきます。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師/米谷 理恵、秋山 奈津江
米谷 理恵

 慢性呼吸器疾患をもつ患者さんは、息切れという身体的苦痛と、そこから派生する様々な問題に向き合い生活をされています。そうした患者さんの体験や価値観、ライフスタイルに関心を向け、患者さんとご家族が、その人らしく生きられるよう支援します。
 また、酸素療法、人工呼吸管理、呼吸リハビリテーションなど包括的呼吸ケアの実践に努め、質の高い看護を目指していきます。

慢性心不全看護認定看護師/田中 めぐみ
田中 めぐみ

 この分野は2012年に誕生しました。心不全は、すべての心血管疾患の終末像です。急性増悪を繰り返しそのたびに重篤化してしまいます。
 慢性心不全看護認定看護師は、心不全患者さんが病状の悪化を繰り返すことなく、家族とご自宅で安心して生活ができるように、またQOLの維持向上ができるように、多職種と連携して療養生活行動支援や生活調整など支援していきます。

摂食・嚥下障害看護認定看護師/板岡 利恵
板岡 利恵

 健常者にとって「食べる」という行為は当たり前のこととして行われています。しかし、その当たり前のことが障害を伴うことで難しくなり、誤嚥性肺炎や栄養不良など生命に関わることも少なくありません。
 摂食・嚥下障害看護認定看護師として、障害を持っていても「安全に食べる」方法を共に考え、訓練や誤嚥予防に向けた援助など行っていきます。そして「食べる楽しみ」が継続できるようにチーム医療を行っていきたいです。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師/井口 秀人
井口 秀人

 脳卒中は突然発症することが多く、時には重篤な意識障害、機能障害を残してしまうことがあります。私は脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、医師、看護師、リハビリテーションのスタッフ、社会福祉士などと協働し脳卒中患者さんと、そのご家族を支えていきたいと日々考えています。
 そして、「寝たきりゼロ」を目指して、急性期、回復期、維持期と患者さんがその人らしく生活していけるように回復を支援しています。

訪問看護認定看護師/山﨑 雪代
山﨑 雪代

 訪問看護を行っていると、入院中とは違う穏やかな表情の療養者に、その人らしい生活の場が自宅にあると感じます。
 医療処置が必要なまま退院される方や病状が不安定な方を多く受け入れていますが、ご本人が在宅療養を希望され、ご家族がその思いを受容できれば、在宅療養は可能です。「自宅で過ごしたい。」と望む療養者の思いを支え、安心して在宅療養が出来るように、病院と在宅ケアをつなぐことが訪問看護認定看護師としての私の役割だと考えています。
「医療と生活の両方の視点を持っている看護師だからできること」を、普通に実践できる看護師を育て、在宅療養のお役にたてればと思っています。

認知症看護認定看護師/山本 隆
山本 隆

 認知症とは、当たり前の生活を行っていたのにも関わらず、ある時から物事を忘れがちになり、生活がうまく営めなくなってしまう病気です。認知症は怖い病気、偏見を持ちやすい病気として捉えられ、認知症をもつ人は不安を抱えています。
 認知症になってもその人が一人の生活者であることを基本に、私は認知症看護認定看護師として、認知症になっても不安のない環境を提供し、その人らしく生活ができるように支援します。そして、認知症を持つ人の家族の気持ちに寄り添い、不安を緩和していきます。
 これまでの学んできた認知症看護を認知症の方、その家族、スタッフなど関わる全ての方々のケア環境を整えていけるように一緒に考えていきます。認知症への応対やケアで分からないことがあれば、お気軽にご相談下さい。どうぞよろしくお願いいたします。

がん放射線療法看護認定看護師/太田 妙子
太田 妙子

 放射線療法はがん治療の1つで、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢な方にも適応できる治療法です。また、臓器の形態や機能を温存できることから患者さんの生活の質を高く保持できるという特徴があります。
 がん放射線療法看護認定看護師として、放射線療法を受ける患者さんやご家族の身体・心理・社会的な問題を解決し,長期にわたる治療を継続、完遂できるよう支援します。放射線治療による副作用の程度や症状を予測し、悪化しないよう患者さんに応じた予防ケアや症状緩和のためのケアを行います。さらに関連する他職種と連携・協働しながら、よりよいケアの提供に努めます。