トップ > 部門紹介 > 感染管理室

感染管理室

感染管理室の紹介

福井赤十字病院感染管理室は2010年4月に設置され、病院に関わるすべての人々を医療関連感染から守ることを目的として、感染防止対策を行っています。
院内感染防止対策のために(院内感染対策指針より抜粋)
  1. 感染が成立するための要因である「感染源」「感染経路」「感染を受ける可能性がある人々」を対象として、感染予防のための対策を行います。
  2. 感染予防のための対策を組織的に行います。
  3. 全職員が、感染予防のために必要な知識を習得するために年2回以上の研修を行います。
  4. 院内で感染症が発生した場合には、直ちに必要な対策を実施します。また、必要に応じて院内外の関係各所に報告を行います。
  5. 職員から患者への感染を防ぐために、また職員自身の健康維持のために必要な職員感染防止対策を行います。
  6. 患者さんからの求めがあれば、行っている感染防止策についての情報を公開します。

感染管理室員

  • 医師(インフェクションコントロールドクター)2名
  • 薬剤師(感染制御認定薬剤師)1名
  • 看護師(感染管理認定看護師)1名
  • 臨床検査技師1名
  • 事務職員3名

感染管理室の主な活動内容

  1. 疫学的な知識に基づく院内感染サーベイランスの実施と結果に基づく改善活動
  2. 最新のエビデンスに基づいた院内感染防止対策マニュアルの作成及び改訂
  3. 職業感染防止対策
  4. 感染防止対策についての啓発教育(全職員対象に年2回の研修実施)
  5. 感染防止対策についてのコンサルテーション
  6. ファシリティ・マネジメント(医療サプライ、廃棄物処理、空調・水質管理、院内清掃)の推進
  7. 抗菌薬の適正使用の推進
  8. アウトブレイク対応
  9. 連携医療機関とのカンファレンスの開催及び感染防止対策の相互評価の実施

  • 抗菌薬ラウンド

  • 院内感染防止対策研修会の開催