トップ > 部門紹介 > 検査部トップ > 一般検査

一般検査

一般検査では主に尿を検体としてその中に含まれる化学成分(糖、タンパク質、ウロビリノーゲン、ケトン体など)を試験紙で調べたり、細胞成分を顕微鏡を使って見つけたりすることで腎・尿路系疾患診断の一助とします。また糞便や穿刺液を材料とする検査も行なっています。
ご覧になりたい項目をクリックしてください。

尿定性検査

試験紙を尿に浸けるとそれぞれの部分が変色します。その色合いの変化を読み取る事で、尿中に含まれる成分の種類とおおよその濃度を調べます。

尿沈渣検査

通常、尿は一見すると黄色透明で何も含まれていないように思いますが遠心して底に溜まった成分(尿沈渣)に染色液を加えて顕微鏡で見てみるといろいろな細胞(赤血球、白血球、上皮細胞など)が見られることがあります。この細胞の種類や数を調べることで腎尿路系の異常を発見します。

便潜血検査

便潜血検査は、大腸癌の早期発見を目的とした比較的簡便にできる検査です。ヒトヘモグロビンだけに反応する抗体を使用した免疫学的方法で測定しています。しかし大腸癌などの病気が存在したとしても、必ず検査が陽性になるとは限りません。これは小さな早期癌などの場合では出血を起こしていなかったり、起こしていたとしても常に出血しているとは限らないからです。また血液が均等に便に混ざるとは限らないなどの理由から、便鮮血検査では複数箇所から採便してもらい、なおかつ2日に分けて検査します。

髄液検査

中枢神経感染症(髄膜炎、脳炎)をはじめ、くも膜下出血、多発性硬化症等の診断、ならびに経過観察のために行われる検査です。内容としては髄液中の細胞数算定やタンパク、糖といった成分の測定を行います。