トップ > 部門紹介 > 検査部

検査部

理念

理念
医療に役立つ検査を提供します。
基本方針
  1. 患者さまの立場に立った検査を目指します。
  2. 迅速かつ精度の高いデータの提供に努めます。
  3. 元気のある人に優しい明るい職場を作ります。

検査部長あいさつ


検査部長:今村 信
 皆さまが病院を受診される時、色々な検査をうけられる機会があります。そのような時、病気の早期診断をサポートし、的確な治療が行われるよう、私達臨床検査技師は迅速かつ正確を合言葉に、24時間体制で検査をしています。
 検査には、血液・尿など体から採取されたものを対象とする検体検査、心電図・脳波・超音波検査など人体そのものを対象とした生体検査があります。これらを総称して『臨床検査』と言い臨床検査技師(国家資格取得者)が担当しています。
 現在、検査部は部長1名(医師)、医監1名(医師)、臨床検査技師30名の計32名です。検体検査は生化免疫・血液・一般12.5名、細菌4名、生体検査9名、輸血検査3.5名、内視鏡検査3名体制のグループ構成で適時ローテーションを行いスタッフ全員の技術維持に努めています。
 日常の外来患者様に対しては予約検査がある場合、診察前検査として朝7時45分より受付を開始し、8時から採血・尿検査を行っています。検査結果は順次電子カルテに送信し、患者様の在院時間短縮に貢献しています。また、平成23年12月からは、採血場所を4ヶ所から6ヶ所へと増設し、採血待ち時間の短縮にも努めています。
 日々進歩する臨床検査分野において、常に新しい知識と技術の向上に心がけるため、各種学会や研修会、勉強会等にも積極的に参加し技術の向上に努めております。近年は、内視鏡検査や聴力関連検査など業務拡大による臨床支援を行っています。

臨床検査について

臨床検査は病気の診断や治療効果の判定に欠かせないものです。
検査部では以下の検査を行っています。
ご覧になりたい検査をクリックしてください。

検体検査課 生体検査課 輸血課