トップ > 部門紹介 > 検査部トップ > 血液検査

血液検査

血液検査では血液中に含まれる赤血球や白血球、血小板といった細胞成分の数、大きさ、形態などを調べることで血液・造血器由来の疾患を発見したり、出血時の血液の止まり具合などを調べたりしています。
ご覧になりたい項目をクリックしてください。

血球算定

自動分析装置を用いて血液中の細胞成分(赤血球、白血球、血小板)を数えることで貧血、や白血病等の血液造血器疾患の疑いがないか調べます。

血液像検査

スライドグラスに塗抹した血液を染色し、顕微鏡で直接血液中の細胞成分を見る検査です。細胞のもつ色、大きさ、核の特徴などから種類を判別し、その割合を疾患推測の一助とします。

凝固・線溶検査

凝固と線溶のバランスを調べる検査です。通常外傷などにより出血が起こると、その部位に血液凝固による血栓が生じ傷口を塞ぐような感じで止血が行われます(凝固)。しかし、そのままでは血栓により血流が滞りスムーズに血液が行き渡らなくなってしまう為血栓を溶かさなくてはなりません(線溶)。すなわち凝固と線溶のバランスがとる必要があります。 このバランスに異常がないかを調べるのがAPTT、PT、FDPなどといった検査です。