トップ > 部門紹介 > 検査部トップ > 細菌検査

細菌検査

細菌検査では提出された様々な検体(喀痰、血液、膿、胸腹水、など)をグラム染色や培地に塗抹する事で病気を引き起こしている細菌をつきとめます。(分離、同定)また見つかった細菌に対してどの薬が一番効くかなども調べています。
ご覧になりたい項目をクリックしてください。

グラム染色

細菌を含めた微生物はそのままでは顕微鏡を用いても観察しづらい為、グラム染色と呼ばれる染色法を用いて検体中の細菌を染め出し、色合い、大きさ、形態、配列などから菌種の分類・同定を行います。ちなみに染色した際濃紫色に染まるものをグラム陽性菌、赤色に染まるものをグラム陰性菌といいます。

培養検査

適切な培地に検体を塗ることでそこに菌が発育し、形成された集落(コロニー)を利用して原因菌を同定します。

薬剤感受性試験

培養によって得られた病気の原因菌に対して、どの抗生物質が一番よく効くかを調べます。そのため、最小発育阻止濃度法と呼ばれる方法を用いて薬剤感受性試験も行っています。

抗酸菌検査

抗酸菌は結核菌と非定型抗酸菌に分類されます。
●塗抹検査 : 検体をスライドグラスに塗りつけ、染色して顕微鏡で検査します。(抗酸菌は赤く染まる)
●培養検査 : 検体を培地にうえて菌の発育を観察します。
●核酸を用いた検査 : 抗酸菌の核酸(DNA)を検査して菌名を決めます。
●薬剤感受性検査 : 結核菌に対してどの抗生物質が効くか検査します。