トップ > 部門紹介 > 教育研修推進室 > 職員研修

職員研修

職員研修の構造

職場研修(OJT) 各職場で上司や先輩が実務を通じて必要な知識と技術を指導
集合研修 階層別研修 職務経験別、役職別ごとに必要な知識・技術の習得や組織の中での行動力の向上を目的とした研修。職務適応のための新規採用職員研修。
職能別研修 必要な専門的知識と技術の向上を目的とした職能ごとの研修
課題別研修 医療安全や感染管理など特定の課題についての知識と技術の習得を目的とした研修
派遣研修 本社や学術機関やセミナーへの派遣
自己啓発援助 各職員が主体的に取り組む研修や学会参加など。旅費や研修費を補助する。

新入職員宿泊研修

7月中旬、4月に入職した新入職員全員で宿泊研修旅行に行きます。
就職してからそれぞれの職場での体験を語り合い、よりよい医療の提供を考えるグループワーク。看護師、研修医、薬剤師、技師、事務職員などなど職種を超えて交流する楽しい時間です。
これから同じ職場で働く仲間の絆が生まれます。

職員対象の赤十字救急法講習会

日本赤十字社救急法
赤十字病院の職員として、災害時には職種に関わらず傷病者の手当てができる技能を身につけるために、職員向けに救急法講習会を開催しています。また、新採用者に対しては、オリエンテーション期間中に救急法基礎講習を行い、全員が心肺蘇生法を習得できるようにしています。 なお、一般の方を対象とする赤十字救急法講習会は、日本赤十字社福井県支部で実施しています。

FRESTA

FRESTAとは福井赤十字病院 内視鏡外科手術トレーニングアカデミー(Fukui Red Cross Hospital Endoscopic Surgery Training Academy)のことです。
当院は、患者の体と心にやさしい医療を提供するために、内視鏡外科手術を推進しており、外科、腎臓・泌尿器科、産婦人科、呼吸器外科の技術認定取得医で構成するFRESTAで初期および後期研修医や手術室の看護師を対象に定期的に技術研修を実施しています。