トップ > 部門紹介 > 教育研修推進室 > 初期臨床研修医募集

初期臨床研修医募集

研修医の皆様へ

「当院の初期臨床研修体制と病院の概要」

院長  野口 正人

 福井赤十字病院は急性期医療、救急医療、災害救護医療を担う地域の中核病院で、24の診療科を標榜する総合病院です。研修は初期臨床研修医の期待通り、様々な疾患を数多く経験できると思います。医師数は138名(初期臨床研修医を含む)で、各科に研修指導医がいます。入院病床は600床(一般586床、感染4床、結核10床)で、退院患者総数は年間約13,000人、外来患者数は一日約1,250人で、患者さんは「最後まで診て欲しい」という期待を持って病院を訪れます。病院は職員間の交流も良く、大病院特有の風通しが悪いといった短所がなく、初期の臨床研修に適した病院と考えています。
 病院は、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、2次救急指定病院、地域周産期母子医療センター、地域災害医療センター、日本医療機能評価機構の認定病院、などに指定されています。病院の運営・診療体制に関しては、日経新聞社が日本医療機能評価機構の認定を受けている全国2,500を超える病院を対象に、情報公開の同意を得た1,159病院をスコア化した「病院実力ランキング」(2010年1月10日記事)を公表しましたが、その中で当院が「高得点ベスト70病院」に評価されましたので、自信と誇りを持っています。

 また、院内では「センター化構想」を推進しています。センター化構想とは、同じ専門領域の内科系と外科系の診療科が合同でカンファレンスや業務を行い、お互いの長所を伸ばすと共に弱点を補完して、患者の診断と治療のEBMを共有する考えです。既に、脳外科と神経内科、腎臓内科と泌尿器科、呼吸器内科と呼吸器外科は合同で入院カンファレンスを行っています。腎臓内科と泌尿器科は2009年4月から腎臓・泌尿器科と標榜して、合同で透析センターを運営しています。研修医は、以上の3グループの診療科での研修を選択すると、二つの科をラウンドしているような錯覚を覚えることでしょう。
 診療には電子カルテを使用し、PACSシステムなどのIT化が推進され、フイルムレスの診療を行っています。従って、研修医の方は救急外来で診た患者さんの経過を容易にフォローすることができます。また、臓器別に分かれた各科の専門医・指導医による症例カンファレンスや講義も充実してきました。救急部の当直体制は、内科系、外科系、SCU、ICUの4人です。小児救急の福井県輪番体制の当番を週2回担当していますが、その時は小児科医も当直に入ります。研修医はそれらの上級医と一緒に、週1回の当直研修を行います。CTやMRIなど高度の医療機器も24時間利用できる体制です。
 最後に、医療に対する倫理観を持った、情熱溢れる研修医の皆さんが集まってくれる事を期待しています。

研修プログラムの概要

プログラム名称
  • 福井赤十字病院群卒後臨床研修Aプログラム
  • 福井赤十字病院群卒後臨床研修Bプログラム
  • 福井赤十字病院群卒後臨床研修Cプログラム
プログラム責任者
髙木 治樹(副院長・整形外科)
研修理念
当院の理念・基本方針を理解し、医学・医療の社会的ニーズを認識し、全人的な診療を行える医師になることを目指して、日常臨床で遭遇する病気や病態を中心に専門医療との連携を考えたプライマリ・ケアができる診療能力を身につける。
研修プログラムの概要
  1. 当院は、地域の中核病院であり、日常診療で遭遇する病気から、高度な治療を要する重症・難治性疾患まで様々な症例を経験できる。救急受入患者数は年間18,000件を超え、当直業務でも多くの救急疾患を経験できる。
  2. 当院では、内科系と外科系が協働するセンター化を推進しており、脳神経センター、腎センター、消化器センター、呼吸器センター、がん診療センターなどを設置している。
    そのため、症例を内科系・外科系両方の視点からアプローチする経験ができる。
  3. 患者の体と心にやさしい医療を提供するために、内視鏡外科手術を推進しており、外科、泌尿器科、産婦人科の技術認定取得医で構成する「内視鏡外科手術アカデミー(FRESTA)」で初期および後期研修医を対象に定期的に技術研修を行っている。
  4. 総合診療部を創設し、臨床研修体制を強化している。
研修終了後の進路
当院での募集診療科が有る後期臨床研修プログラムに応募できる。
その他、本人の希望により、当院の関連大学の大学院、専修医コース、他の専修医コースを持つ病院に推薦する。
処遇等について
【給与】
1年目 365,000円(月額)
2年目 385,000円(月額)
【賞与】
基本額に対して職員に準じ定額とする (予定額 1年目:400,000円/年、2年目:600,000円/年)
【手当】
研修手当、当直手当、通勤手当、住居手当(28,500円まで)、赴任手当 等
【職員寮】
独身寮2棟全51室(空室があれば入居可) 
【勤務時間】
8:30~17:00
【休暇】
土曜日、日曜日、祝日、日本赤十字社創立記念日(5月1日)、年末年始(12月29日~1月3日)、有給休暇、慶弔休暇など
【当直】
週に1回程度、内科系、外科系のいずれかの当直を行う。希望により、SCU・小児の当直を行うこともできる。
研修1年目は当直医の下で17:00~24:00まで、研修2年目は当直医の下で17:00~8:30まで当直を行う。
また、土、日、祝日の日中に日直医の下で8:30~17:00まで日直を行うこともある
【社会保険】
健康保険、厚生年金、厚生年金基金、労災保険、雇用保険等
【医師賠償責任保険】
団体保険は病院で加入 個人保険の加入は任意
【その他】
研修医専用の医局、専用の机有り
学会、研究会の発表者には旅費支給、参加のみには2年に1回旅費支給
職員互助会
 運動部(フットサル、バレー、マラソン、野球、テニス、バスケットボール、ソフトバレー、
     フィットネス施設法人会員、 スキー場利用券補助 など)
 文化部(観劇チケット補助、映画チケット補助 など)
 職員旅行部 職員旅行(日帰り~3泊4日:国内・国外)

平成28年度初期臨床研修医募集要項

【募集定員】
  • (1)Aプログラム 5名(2年間 福井赤十字病院)
  • (2)Bプログラム 1名(1年目 福井赤十字病院 2年目 京都大学医学部附属病院)
  • (3)Cプログラム 2名(1年目 京都大学医学部附属病院 2年目 福井赤十字病院)
【応募資格】
平成28年医師国家試験受験予定者
【出願書類】
  1. 願書・採用申請書(指定用紙: ダウンロード(PDF)
  2. 履歴書(市販のもの、写真貼付)
  3. 成績証明書
  4. 自己推薦書(A4用紙に志望理由、自己PR等)
【出願方法】
上記出願書類を福井赤十字病院人事課 医師臨床研修担当あてに郵送(簡易書留)
【採用方法】
面接のみ
【試験日】
個別対応
【応募締切日】
平成28年2月29日(月)
【採用日】
平成28年4月1日
【応募・お問い合せ先】
福井赤十字病院 人事課 卒後臨床研修担当
住所:〒918-8501 福井市月見2丁目4番1号
TEL:0776-36-3630(代表)
FAX:0776-36-4133
E-mail:jinji@fukui-med.jrc.or.jp

病院見学(初期研修医に応募の方のみを対象とします)

随時受け付けています。まずは希望する日時と見学内容(特定の診療科を見学したい等)をご連絡下さい。詳細については個別に調整させていただきます。

お申し込みフォームはこちら>>