トップ > 部門紹介 > 教育研修推進室

教育研修推進室

室長あいさつ

 全国の赤十字病院の教育研修推進室は、医師をはじめとした職員の指導教育体制を整備するために、2007年から設置が始まりました。当院の教育研修室もその一つとして2007年に開設し、現在は主に以下の4つのことに取り組んでいます。
 一つ目は、臨床研修医に関することです。臨床研修を充実したものとするために、研修プログラムの検討、目標達成状況の把握とそのフィードバック、人的・物的教育環境の整備などを行っています。また、日々の研修や生活に関わる様々な相談窓口としても研修医をサポートしています。さらに、県内外で行われる研修医ガイダンスに参加して医学生に当院での研修をアピールしています。
 二つ目は、全ての職員を対象とした教育研修の計画実施や調整です。例えば、職務経験年数および役職ごとにどの職種でも必要とされる能力の習得を目的とした階層別研修、救護活動に貢献できる技術を身につける赤十字救急法講習などを行っています。
 三つ目は、新入職員の教育研修です。当院で必要とされる実践力を育成するために、また職場に適応しそれぞれの能力を発揮してもらうために、新卒看護師臨床研修や新入職員宿泊研修などを計画実施しています。
 最後は、各種シミュレーターや医療教育用機器を設置したスキルラボの管理運営です。機器を整備し、環境を整えて、救急救命処置や採血・注射の手技、診察手技などの研修や自己学習が効率よくできるようにしています。
 教育研修推進室では、こうした業務を通して病院の理念と方針に基づいた質の高い医療を提供できる人材を育成していきたいと考えています。それがまた同時に職員各々の「いい仕事をしたい」という気持ちに応えるキャリア支援にもなることを願っています。

看護師長


東川佐枝美
 私は、教育研修推進室で、新卒看護師や研修医の育成・支援、職員全体への研修の取りまとめ、スキルラボの管理などを行っています。現場での経験を始めたばかりの人たちの前向きな姿と希望に輝く瞳に日々、エネルギーをもらっています。
臨床研修医募集ページへ