トップ > 部門紹介 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、病気や外傷が原因で身体に障がいを受けたり、手術をされたり、あるいは言語・認知機能に支障が生じた皆様に、急性期から亜急性期(急性期~慢性期までの期間)にわたり、専門のスタッフが協同して総合的なアプローチを行います。
 各診療科、病棟との連携のもと、運動器疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、心大血管疾患、がん疾患などに対して機能回復をうながして、残されている機能を高めることを目的としています。
リハビリテーション部

部長あいさつ

部長:淺野太洋
部長:淺野 太洋
部長
部長:高嶋 理
 当科では、発症直後の急性期から亜急性期まで、入院中の患者さんに合ったリハビリテーションを提供しています。理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの様々な専門スタッフ間の連携に加え各診療科及び病棟と協同して、患者さんの社会復帰(家庭復帰)に向けて目標を設定し、治療の実施を担っています。

 医師はスタッフの要として、入院患者さんのリハビリテーション実施に際した治療計画(目標設定から回復に応じた目標の修正など)作成に携わり、早期回復、退院ができるよう責任を持って監督指導にあたります。

スタッフ構成

理学療法士 19名/
主に脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)、脊髄損傷など中枢神経疾患、整形外科疾患(骨折手術後、変形性関節症やリウマチの手術後など)、呼吸器・循環器疾患(COPD、心不全など)、がん疾患、また各病気等による廃用症候群と言われる状態の患者さんに、基本的な機能改善に向けた治療を組み合わせ、治療を行います。

作業療法士 12名/
主に脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)、整形外科疾患(肩関節周囲炎、手指、上肢骨折、腱板断裂の手術後)、呼吸器疾患(COPDなど)、循環器疾患、がん疾患などの患者さんが自分の力で日常生活を送れるよう、生活訓練や手芸などの作業活動と治療を組み合わせ、治療を行います。また、リンパ浮腫に対するリンパドレナージも行っています。

言語聴覚士 4名/
主に脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)後の言語障害(失語症、構音障害)、声や発音の障害など、言葉によるコミュニケーションの問題がある方の治療を行います。また、嚥下機能低下が見られる患者さんには摂食・嚥下訓練を実施し、早期家庭退院に向けてのチーム医療を行っています。

上記の専門スタッフの中には、呼吸療法認定士(9名)、心臓リハビリテーション指導士(9名)、骨粗鬆症マネージャー(2名)、日本糖尿病療法指導士(3名)、栄養サポートチーム専門療法士(2名)、認定理学療法士(2名)、専門理学療法士(1名)、認定言語聴覚士(1名)、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士(1名)、呼吸ケア指導士(3名)、認知症ケア専門士(1名)、も含まれます。
リハビリテーション科リハビリテーション科リハビリテーション科

疾患別リハビリテーション

リハビリテーション科
リハビリテーション科
●運動器疾患
対象/骨や関節、筋肉など運動に関する疾患、主に整形外科の手術後の方
 変形性関節症、骨折、関節リウマチ、脊髄損傷、筋・腱・靭帯の損傷などに対してリハビリテーションを行います。多くは手術前後の関節可動域の増大、筋力の増強、歩行練習等を行います。小児から高齢者の方、さらにスポーツへの復帰など、様々なニーズに対応しています。 また、人工股関節については、公開教室(年1回)を開催中です。
リハビリテーション科
リハビリテーション科
●脳血管疾患
対象/脳卒中、脳腫瘍、脳外傷、神経・筋疾患などの急性発症、およびその手術後の方
 運動、感覚麻痺や高次脳機能障がいの回復の経過に合わせて、理学療法や作業療法、言語聴覚療法などから、総合的にアプローチしていきます。脳卒中センターに専門のスタッフを配置し、超急性期からのリハビリテーションを始めています。
 また顔面神経麻痺の外来リハビリも開始しています。
リハビリテーション科
●呼吸器疾患
対象/肺気腫、気管支炎、肺炎などの疾患、在宅酸素導入、また肺がんなどの手術後の方
 呼吸困難の軽減、運動耐用能の改善を行い、日常生活への復帰を目指します。そのために必要な練習(痰を出す練習や腹式呼吸訓練など)を行い、QOL(生活の質)を高めます。もちろん近年、増加中のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)にも対応しています。
 院内では医師や看護師、臨床工学技士とともに、呼吸ケアサポートチーム(RST)によるアプローチも行っています。
リハビリテーション科
リハビリテーション科
●心大血管疾患
対象/心筋梗塞、心不全などの循環器疾患の方
 上記対象の方に心臓リハビリを行います。心臓リハビリテーションは包括的なプログラムで個々の患者様の身体的・精神的影響をできるだけ軽減し、突然死や再梗塞のリスクを是正し、症状を調整し、動脈硬化の過程を抑制あるいは逆転させ、心理社会的ならびに職業的な状況を改善することを目的としています。
 外来での心臓リハビリテーションも可能なので、循環器科にお問い合わせください。
●がん疾患2011年12月よりがん疾患に対する取り組みを始めました
対象 / 消化器や呼吸器、頭頚部、造血器、婦人科がんなど、がんと診断され、入院をされる患者さん
 運動機能や日常生活動作能力に積極的に取り組み、療養生活の質を維持、向上することを目指します。主治医や看護師など多職種と連携し、心身状態や個々の患者さんに合わせたリハビリを行っていきます。治療前から治療後など様々な病期においてリハビリを行うことが可能です。またリハビリスタッフは緩和ケアチームへの参加や緩和ケア病棟でのリハビリにも取り組んでいます。
リハビリテーション科リハビリテーション科リハビリテーション科

リハビリテーション室 さいき

リハビリテーション室 さいき

「さいき」とは、再起(再び起き上がる)・再帰(再びよみがえる)再喜(再び喜ぶ)という意味を込めています。
 ここでは、リハビリスタッフ5名(理学療法士3名、作業療法士2名)を専従で配置しており、主に3-3病棟の患者さんを中心にリハビリテーションを行っています。病から起き上がり、喜びをもって不安なく自宅や地域社会へと帰ることができるように支援していきます。

『さいき』には院内唯一の床昇降式浴室・昇降式キッチン・昇降式洗面台が備わっており、患者さんの自宅での生活を想定した具体的な生活動作訓練を行い、少しでも早期の自宅復帰を目標に支援しています。