トップ > 部門紹介 > 専門医療チーム

専門医療チーム

院内感染対策チーム(ICT)

当院では、1991年に院内感染防止対策委員会が設置されました。2003年には、院内感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)が結成され活動を開始しました。
現在、ICTの構成メンバーは、医師5名(インフェクションコントロールドクター資格保有者3名)、薬剤師2名(感染制御認定薬剤師資格保有者)、看護師5名(感染管理認定看護師資格保有者2名)、臨床検査技師2名、事務職員1名となっています。
2010年に設置された感染管理室、2003年から設置されている看護部ICTリンクナース委員会と共に、以下の活動を行っています。
院内感染対策チーム
活動内容
教育活動
看護師対象とした感染管理コースⅠ(全8回)、感染管理研修コースⅡ(全5回)の開催
院内ラウンド(巡視)
環境ラウンド
抗菌薬ラウンド
サーベイランス(調査監視)
手指消毒薬の使用量、耐性菌、監視菌のサーベイランス
各種医療処置関連感染サーベイランス(一部、厚生労働省院内感染サーベイランス事業に参加)
コンサルテーション業務
抗菌薬関連、感染防止対策関連など
感染管理マニュアルの作成及び改正
アウトブレイク対応
病院環境整備

栄養サポートチーム(NST)

低栄養などの栄養管理の必要な患者さんに医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師などの専門スタッフが一丸となり、最良の方法で栄養支援を行っています。
入院初期からスクーリングとアセスメントにより栄養状態を的確に把握して、栄養管理が必要な患者さんに適切な栄養投与法を検討し、栄養補給を行って栄養状態を改善させることを目的としています。
また、適切な栄養管理による治療効果の向上・合併症の減少・QOLの向上・平均在院日数の短縮・医療費削減などの効果によって、総合的な医療レベルの向上を目指しています。
2006年10月1日に、日本病態栄養学会認定栄養管理・NST実施施設として認定されました。
栄養サポートチーム(NST)
活動内容
毎週1回栄養サポートチームが病棟回診を行い、対象症例の診療サポートをしています
定期的に勉強会や症例検討会を開催し、職員教育を行っています。
講演会の開催や各種学会への参加による見識の向上や、院内への啓蒙活動を行っています。
平成29年度 日本静脈経腸栄養学会認定臨床実地修練研修プログラム
プログラムはこちらから
シラバスはこちらから
申込書はこちらから
実習受け入れ要綱はこちらから
誓約書はこちらから
履歴書はこちらから

褥瘡対策チーム

創傷治療理論が近年目覚しく発展したことで、褥瘡の治療も格段の進歩を遂げてきました。従来の経験と勘に頼った時代から、科学的根拠に基づいた治療の時代へと移行しております。
私たちは正しい外用療法による創傷管理や体圧分散寝具の有効活用を院内職員に啓発することで、褥瘡予防や早期治療に努めております。
褥瘡対策チーム
特徴
皮膚科医を中心に褥瘡の専門家チームを結成し、褥瘡対策委員会を設立しています。
毎週月曜日の午後に褥瘡対策チームが回診カンファレンスを行い、入院中の患者さんの褥瘡を診察し、治療方針の確定を行ないます。
毎月1回、褥瘡対策カンファレンスを開催し、褥瘡患者さんの現状報告および問題点の解決を行ないます。
年5回、院内講師による勉強会を行い、年1回、院外から褥瘡治療の専門家を迎え研修会を開催し、職員の教育および啓蒙を行なっていなす。
当委員会は日本褥瘡学会に施設会員として所属しています。

緩和ケアチーム

悪性腫瘍疾患などによって生じる身体的な苦痛や心の不調に対処していくことは、疾患自体の治療と同様に大切なことです。
当院では疾患の進行度に関わらず、治療の初期の段階から身体的苦痛をはじめ、精神的苦痛、社会的苦痛など様々な苦痛を取り除く緩和医療の提供を目的に多職種から成る緩和ケアチームを組織しています。
緩和ケアチーム
緩和ケアチームの構成
  • 医師 (外科・呼吸器内科・放射線科・ストレス心療科)
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 臨床心理士
  • 放射線技師
  • 医療ソーシャルワーカー
活動内容
患者さんの症状に応じた専門職メンバーが、患者さんの療養生活を支援します。
  • 疼痛コントロール
  • 症状コントロール
  • 精神的・社会的ストレスに対するケア
  • 家族のケア
  • 療養先の選定(地域医療連携・在宅ケア)
  • 提供した緩和ケアの評価と見直し
定例カンファレンス(毎月2回)と勉強会(毎月1回)を開催し、症例検討と職員教育を行っています。
講演会の開催や各種学会への参加により知識の向上や、院内外への啓蒙活動を行っています。

呼吸ケアサポートチーム(RST)

人工呼吸器からの離脱の遅れに伴い人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia:VAP)などの合併症のリスクが高まり、逆に早すぎる離脱による再挿管が問題となっています。
当院では2010年3月より、一般病棟で人工呼吸器を装着されている患者さんの早期離脱かつ安全な呼吸管理を目指して呼吸ケアサポートチーム(Respiratory Support Team: RST )の活動を始めました。
医師・看護師・臨床工学技士・理学療法士・歯科衛生士・栄養士・薬剤師・事務などの専門スタッフがチームとなり、週1回の回診とカンファレンスを行い呼吸管理のサポートを行っています。
また人工呼吸器を使用した実地訓練や研修会を通した院内の教育活動も行っています。
褥瘡対策チーム