トップ > 部門紹介 > 薬剤部トップ > ご存知ですか薬剤業務

ご存知ですか薬剤業務

ご存知ですか薬剤業務 病院薬剤師の主な業務として、「調剤業務」、「薬品管理業務」、「製剤業務」、「注射薬混合調製業務」、「薬物血中濃度解析業務」、「医薬品情報業務」、「病棟業務」、「治験に関する業務」などがあります。
それぞれの業務について紹介します。

調剤業務

調剤業務
薬剤師は、処方箋に書かれたお薬の量、飲み方、飲み合わせなどを電子カルテや様々な調剤機器を活用して確認の上、調剤を行います。その際、内容に疑問な点があれば医師に問い合わせを行い、安心して患者さんにお薬を服用して頂けるように努めています。
調剤されたお薬は、薬剤部の窓口で患者さんに服用方法、薬効、注意点を説明しお渡しします。
お薬についてのご質問・ご相談がある方は、窓口やお薬相談コーナーで伺っておりますので、薬剤師にお気軽に声をかけて下さい。
又、入院患者さんの注射薬についても、医師の処方箋により調剤を行っており、平成24年5月より注射薬の自動払出の機械を導入し、安全性の向上と業務の効率化を図っています。

薬品管理業務

薬品管理業務
本業務では、お薬が病棟や患者さんのもとに円滑にとどけられるように、お薬の購入・在庫管理を行っています。また、病院内にあるお薬の使用期限や温度・湿度・光などに注意した保管が行われているかを確認し、適切なお薬による治療が行われるように努めています。
また、麻薬・向精神薬(睡眠薬、抗不安薬など)の供給・管理なども本業務の一つとなっています。

製剤業務

製剤業務
日本の製薬会社で現在製品として発売していないお薬が必要な場合には、各々の患者さんに適した成分の組み合わせで軟膏、点眼薬、坐薬、飲み薬などを作ります。
その他、消毒剤などの調製も行っています。

注射薬混合調製業務

注射薬混合調整業務
医師の処方に基づいて、栄養価の高い点滴や抗がん剤などの注射薬の混合調製を行っています。注射薬は、何種類かの薬を組み合わせて使用することがあるため、その配合が適切であるか、使用する量が適切であるかの確認も調製前に行っています。
なお、これらの注射薬は無菌で清潔な環境で調製しています。

薬物血中濃度解析業務

医薬品の血中濃度測定による投与計画業務
患者さんによって同じお薬を服用しても、体内の薬の量(血中濃度)は同じではありません。
少なければ効果がなく、多ければ副作用が出やすくなります。
お薬の効果を最大限に引き出すとともに副作用をなくすために、薬の血液中の濃度を測定し、適切な服用量・服用方法を医師に提案します。

医薬品情報業務

医薬品情報業務
患者さんにお薬を有効・安全に使用していただくためには、その情報が必要不可欠です。
本業務は、お薬に関する情報を収集・整理・保管し、医師や看護師などの質問に対して適切な返答をしたり、お薬に関する重要な情報(副作用に関する情報など)を迅速に病院内に伝え、お薬が適正に使用されることを進めています。
また、患者さんに対しても、薬剤部窓口に設置してある「くすりの情報誌」や本院ホームページの「くすりのQ&A」コーナーなどで定期的に医薬品に関する情報を提供しています。

病棟業務

病棟業務
病棟の担当薬剤師が、医師や看護師と協力して、患者さんへお薬の効果・副作用・服用上の注意点などの説明・指導を行ったり、入院中に服用するお薬や他の医療機関や薬局で処方されたお薬との飲み合わせに問題がないかを調べています。また、病棟にあるお薬の管理をしたり、お薬の最新情報を医師や看護師等に提供することで、より安全で効果のある治療ができるよう支援しています。