トップ > 部門紹介 > 薬剤部トップ > くすりのQ&A

くすりのQ&A

排便の仕組みはどのようになっているのでしょう?
口から食べて胃や小腸で消化吸収された後、食べ物のカスは、水分の多いどろどろの液状便となって大腸に入り、ゆっくり水分が吸収されて便の塊となり肛門へ送られます。食べてから消化され排便するまでに12~72時間かかります。
便秘とはいったいどんな状態でしょうか?
便秘とは3日以上排便がない状態で不快な症状があり、日常生活に支障がある場合を指します。便秘の原因や種類は人によって異なります。
便秘にはどのような種類があるのでしょうか?
便秘の種類には主に次の3種類があります。
  1. 直腸性便秘
    直腸(肛門一番近い部分)に便が入っても直腸の動きが悪くなっているために、便が停滞して排便できないタイプです。高齢者や寝たきりの人、排便を我慢する習慣がある人に多くみられます。
  2. 弛緩(しかん)性便秘
    腸の緊張がゆるんでしまい、便を送るための動きが悪くなって、便が腸に長く留まるため硬くなるタイプです。高齢者・体力の衰えている人に多いほか、運動不足、水分不足や極端なダイエットなどが誘引になることもあります。
  3. けいれん性便秘
    腸の過度な緊張によりけいれんを起こし、便がうまく進めないために生じるタイプです。腹痛を伴うことがあり、コロコロした固めの便が出ます。精神的ストレス、環境の変化が誘引となることもあります。
その他、腸の病気や飲んでいる薬の影響で腸の動きが悪くなり、便秘になる場合もあります。
便秘の改善法にはどのようなものがあるでしょうか?
  1. まずは食生活の見直しが必要です。
    • 規則正しい食事をして、水分を充分にとりましょう!朝、お腹に食べ物が入ると、腸が刺激されて動き出し、スムーズな排便につながります。また水分が不足すると便が固くなるので、こまめな水分補給も必要です。(朝1杯の冷水は腸を刺激して排便を促しますよ!)。
    • 水溶性の下痢が1日10回以上:脱水になります。特に小児や高齢者は危険です。
    • 腸内細菌を整える食品をとりましょう!乳酸菌を含むヨーグルトや納豆などの発酵食品などは腸内環境を整えます。
  2. 生活習慣の改善でも効果が無い時は、症状や体質に合わせて薬による治療を行う場合もあります。
    種類 薬の名前 効くまでの時間 特徴
    塩類下剤 酸化マグネシウム(粉、錠剤) 多量の水で服用すると…
       1~2時間
    少量の水で服用すると…
       8~10時間
    便を軟らかくして排便を促します。効果はやや弱いが、習慣性がないため長期の服用にむいています。
    大腸刺激性下剤 センノシド錠 8~10時間 腸の運動を活発にさせて排便を促します。
    効果は強いが、飲み続けると効きが弱くなることがあります。
    グリセリン浣腸 7~12時間
    ビサコジル坐薬 肛門挿入後 5~8時間
    その他 グリセリン浣腸 浣腸後すぐに効果発現 直腸まで便が来ているのに出ないという時に効果的です。乱用すると便意を感じにくくなることがあります。
    ルビプロストンカプセル 個人差あり 便を軟らかくして排便を促します。下剤を多く利用していて慢性化により効能が薄れてしまった方や、他の薬ではあまり効果が出なかった方に向いています。
    その他、胃腸の運動をよくする薬(モサプリド、イトプリド、漢方薬の六君子湯(りっくんしとう)、大建中湯(だいけんちゅうとう)や、整腸剤(ビオフェルミンなど)また、便の水分を調節する薬(コロネル)の服用で効果を示すこともあります。