トップ > 部門紹介 > 薬剤部トップ > くすりのQ&A

くすりのQ&A

インフルエンザウイルスはどうやって感染しますか?
インフルエンザウイルスは、呼吸とともに体内に侵入し、のどや気管支、肺で急激に増殖していきます!インフルエンザは主に、インフルエンザに感染した患者さんの咳(せき)やくしゃみなどのしぶきに含まれるインフルエンザウイルスを吸い込むことによって感染します。これを飛沫(ひまつ)感染といいます。インフルエンザウイルスは、呼吸とともに鼻やのどから体内に入り込み、気道の粘膜に吸着して細胞内に侵入します。感染したウイルスは、のどや気管支、さらには肺で急激に増殖していきます。感染2日後にはウイルスの増殖はピークに達し、その後減少します。インフルエンザウイルスの急激な増殖が、他のウイルス感染症に比べて、速やかな発症につながっている要因と考えられています。
風邪とインフルエンザってどこが違うの?
普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。関節痛、筋肉痛、頭痛も現れます。また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化することがあります。
インフルエンザにはどんな薬があるの?
インフルエンザの治療薬を下記に示します。
お薬の種類 商品名
飲み薬
オセルタミビルリン酸塩
1日2回5日間の治療になります。
予防投与も出来ます
※小児には粉薬があります

アマンタジン塩酸塩
最近は副作用が問題になってあまり使用されていない薬です。
吸入薬
ザナミビル(右)
1日2回吸入5日間の治療になります
予防投与も出来ます

ラニナミビルオクタン酸エステル(左)
1回の吸入で治療を終えることができます
予防投与も出来るようになりました
10歳以上は2容器で1回分、10歳未満は1容器で1回分です。
注射薬
ペラミビル
重症化する恐れのある場合に使われる注射薬です
成人・小児問わず使用可能です
通常1回のみの使用ですが合併症や症状により2日以上使用することもあります。
なお、治療中の異常行動などが問題となりましたが薬剤との因果関係はまだ解明されていなくインフルエンザの影響とも考えられています。療養中はお子様の行動に十分に注意を払ってください。
インフルエンザにかからないためにはどうすればいいですか?
インフルエンザの予防法を下記にまとめました。
  • 症状悪化を予防するためにも流行前のワクチン接種をする
  • 飛沫感染対策としてマスクを着用して予防をする
  • 外出後の手洗い、うがいをする
  • 適度な湿度の維持を行い喉の乾燥を防ぐ
  • 十分な休養とバランスのある栄養摂取をして体力を維持する
  • 人混みや繁華街への外出をなるべく控えて感染のリスクを減らす