トップ > 部門紹介 > 薬剤部トップ > くすりのQ&A

くすりのQ&A

熱中症とはどのような症状ですか?
熱中症になると、体温調節が追いつかずに、立ちくらみや失神、大量に汗をかく、強い口の渇き、筋肉痛や頭痛、吐き気などの症状が現れます。
どのような人が熱中症にかかりやすいですか?
高齢者や子ども、障害者・障害児はとくに注意が必要です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調整機能も低下しているので注意が必要です。子どもは体温の調節能力が十分に発達していないので気を配る必要があります。屋外でのスポーツや労働による熱中症だけでなく、屋内で何もしていない時にも熱中症になることがあり、そういった場合は周囲の人に気づかれにくく、重症になりやすいため注意が必要です。
熱中症にかかりやすい時期はいつですか?
熱中症は梅雨明け後の7月中旬から8月上旬が最も多く、日中の12時前後と15時前後が最も多い時間帯です。また、熱中症は気温だけではなく湿度も大きく影響します。テレビなどの天気予報では熱中症の指標として、気温だけでなく、湿度なども考慮した「暑さ指数」も利用されていますので参考にしてください。
熱中症にならないためにはどうすればよいですか?
熱中症の予防は「暑さを避ける」「こまめに水分を補給する」のふたつに分けられます。
  1. 暑さを避ける
    室内は扇風機やエアコンで温度を調節します。
    外出時は日傘や帽子を着用します。天気の良い日は日中の外出をできるだけ控えます。
    また、体に熱がこもることを避けるために、通気性の良い衣服を着用したり、冷たいタオルや保冷剤などで体を冷やします。
  2. こまめに水分を補給する
    室内でも外出時でも、のどの渇きを感じなくてもこまめに水分・塩分、経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)を補給します。
    水やお茶は塩分を含まないため、塩分の補給も忘れないようにしましょう。
    スポーツドリンクでも熱中症の予防ができますが、糖分を多く含むため、特に糖尿病の方は注意が必要です。