トップ > 部門紹介 > 薬剤部トップ

薬剤部

理念

理念
医薬品の適正使用・適正管理を通じ、患者さんの健康な生活に貢献できるように努めます。
方針
  • 理念に基づき、積極的に活動できる薬剤師を目指します。
  • 患者さんや他の医療従事者から信頼される薬剤師を目指します。
  • やりがいを感じることができる薬剤部を目指します。
薬剤部集合写真

ご挨拶


薬剤部長:小川 純也
近年、薬剤師の業務内容は大きく変化しております。そのような状況の中で、当院薬剤部は調剤課、製剤課、医薬品情報課から組織され、調剤、製剤、医薬品管理、医薬品情報の管理・提供、薬剤管理指導、病棟薬剤業務、チーム医療などさまざまな業務を通じて、患者さんが安心・安全にお薬を使用していただけるように努力しています。

特色

薬剤師教育の方針、目標に基づき、キャリアアップのためのラダーを設定し、教育の充実・支援に積極的に取り組んでいます。

認定薬剤師・専門薬剤師の紹介

がん薬物療法認定薬剤師/谷澤 範彦
 がん薬物療法認定薬剤師として、抗がん剤の混合調剤・抗がん剤治療の手順(レジメン)の管理・服薬指導に携わることで、抗がん剤治療を安全に行えるようにサポートしています。また、日頃から勉強した内容や最新情報などをいち早く現場の治療に反映し、他のスタッフと協力することで、より安全で質の高い抗がん剤治療を患者さんに提供できるよう努力していきたいと思います。
感染制御認定薬剤師/寺本 敏清、安藤 和也
 抗菌化学療法認定薬剤師/寺本 敏清、安藤 和也
 ICT(Infection Control Team;感染制御チーム)の一員として、医師、看護師、検査技師 と協力し感染制御(感染を未然に防いだり、発生した感染症の伝播を防ぐ)や感染治療(抗菌薬による感染症の治療)を行っています。我々認定薬剤師の役割は
  1. 院内感染を予防するため消毒薬の適正使用、情報提供を行っています。
  2. 患者が安心・安全で適切な治療を受けるために、院内の環境整備に貢献しています。
  3. 医師が適切な感染治療を行うため抗菌薬適正使用のサポートを行います。
あまり表立った仕事ではありませんが、感染制御、治療を行っていくうえで支援していけるよう日々努力してまいります。
栄養サポートチーム専門療法士/吉村 はる美、渋谷 貞一、山本 康太
 NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)では、医師、看護師、管理栄養士および薬剤師などの専門職が一つになって、患者さんに適切な栄養管理を行ったり、病院スタッフへ栄養に関する教育を行うチームのことです。
その中での薬剤師の役割は
  1. 患者さんの病態と検査値を化学的に捉えて必要な輸液(点滴)、その他薬剤を提案する。
  2. 患者さんに処方されている点滴や薬剤の内容を十分に理解し、組み合わせが適切であるか、薬剤による副作用の恐れはないかを確認し、そのほかのスタッフに適切な情報提供を行う。
  3. 状態に合わせた適切な栄養摂取の方法(経口、経鼻、胃ろうおよび点滴など)を選択、提案する。
  4. 患者さんとご家族への栄養薬剤、その他の薬剤について説明する。
などがあげられます。
栄養を取ることは生きていくこと、栄養療法は病気を早く治すためにとても重要です。患者さんひとりひとりが「らしく生きる」ための一助になれるよう努力したいと思いますので、よろしくお願いいたします。
日本糖尿病療養指導士/米倉 知恵子、安藤 和也
 糖尿病治療スタッフの一員として、ベッドサイドでの服薬指導や、月2回開催される糖尿病教室で、薬物療法の講義を行っています。服薬指導や講義を通じて、患者さんに薬の正しい知識をもっていただき、糖尿病の治療が継続できるよう、サポートに努めてまいります。
また、院内の糖尿病患者会の活動にも参加し、患者さんとの交流を行っています。
日本臨床救急医学会救急認定薬剤師/大森 丈
 集中治療室での薬品管理や血中濃度に基づく抗菌薬・抗けいれん薬の投与量や投与方法の提案などを行っています。集中治療室では扱う薬品数が多く、また使用に特に注意が必要な薬品も多くあります。他のスタッフと情報を共有し、安全で効果的に薬が使用されるよう努めています。