トップ > 脳卒中センター

脳神経センター

急性期の脳卒中患者さんに対し、機能障害を最小限にするために、専門チームが高度な医療を提供します。
 脳卒中についてはこちらから
連携医療機関および救急隊からの脳神経疾患の搬送要請は、24時間専用の院内PHS(脳卒中ホットライン)で脳卒中医が直接対応します。

診察室 2006年6月1日より県内他施設に先駆けて脳卒中診療全体を完納する脳神経センターと急性期の治療を重点的に行うSCUを設置することになりました。
 1-5階病棟をSCU(脳卒中ケアユニット)6床含む脳神経センターとし、脳卒中の超急性期治療に対応できる体制をつくりました。

 SCUとは脳卒中診療に関する専門知識を有する各科の医師、放射線技師、看護スタッフ、リハビリテーションスタッフ、MSWなどからなる脳卒中診療チームが、専門病棟で総合的な診療にあたり、治療成績を向上させ、患者の機能予後の改善を目指すものです。

 当脳神経センターは、脳卒中の超急性期に的確な治療を行うことにより、神経障害による後遺症を最小限にとどめることを最大の目的としています。
 脳神経外科医・神経内科医が協力して、クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞などの超急性期治療を24時間体制で行うため、頭部CT、頭部MR、脳血管造影などの検査、開頭手術は24時間いつでも可能な体制ができています。発症早期からのリハビリにも力を入れ、早期離床、早期退院を目指し、チーム医療を行います。

 構成メンバーは脳神経外科医、神経内科医、専任看護師、専任リハビリスタッフ、医療相談員(MSW)などです。
 脳卒中専門医5名、脳神経外科専門医4名、神経内科専門医2名、脳血管内治療指導医1名、脳血管内治療認定医1名が常勤し発症直後の超急性期から専門的治療に当たっています。
 脳梗塞発症後4.5時間以内でtPA静注血栓溶解療法が可能な場合、積極的に使用しています。また、限られた施設で使用することが許可されているメルシーリトリーバー、ペナンブラシステムを使用して超急性期血栓除去術を行っています。
 昼夜を問わずに脳梗塞緊急治療に備える体制は、病院全体のコメディカルスタッフの協力がなくては不可能です。逆にtPA静注療法が可能な病院は、緊急診療システムが完成していて、脳卒中全般の救急診療に努力している証しであるともいえます。
 当院は、緊急治療体制を県内で最も早く整備し、現在では全国トップクラスの症例数を数えています。また脳卒中専門医が24時間体制で待機し、使用基準を厳格に守り使用することにより予想を超えた良好な治療成績を得ています。
 一方このことは、救急隊や連携医からの信頼に基づいた迅速な搬送、受診の結果とも言えます。
 得られた信頼を継続できるように、今日もスタッフ一丸となって脳卒中診療に当たっています。

診療実績

脳卒中入院患者
2013年 2014年 2015年
くも膜下出血 30 14 15
脳内出血 91 88 83
脳梗塞 274 234 284
合計 395 336 382
超急性期脳梗塞治療の実績
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 合計
r-tPA
静注療法
18 20 13 10 19 13 18 16 21 24 172
急性期
血行再建術
8 7 15 12 22 64