トップ > 外来受診 > 外来受診

外来受診

当院は、紹介状をお持ちの患者さんを優先して診させていただいています。かかりつけ医をお持ちの患者さんは、紹介状をお持ちくださるようお願いします。

受診診察日時について

受診時間について

【総合受付】
初診の方
8:30~11:30(一部診療科については11:00まで)
※整理券の発行機は7:45より稼動しております。
※緊急の場合は、曜日・時間にかかわらずお受けいたしますので、お気軽にご相談ください。
再診の方

【自動再来受付機】
8:30~11:30(一部診療科については11:00まで)
※予約再診については17:00まで受付けております。
※7:45より自動再来受付機が稼動しております
外来診療日

月曜日~金曜日

休診日

土曜日、日曜日、祝日
12月29日~1月3日、5月1日(日本赤十字社創立記念日)

紹介状をお持ちの方


【紹介患者窓口】
紹介患者窓口へお越しください。優先して受診の手続きを行い「受診票」及び「診察カード」をお渡しします。

紹介状をお持ちにならない方


【初診患者窓口】
  • 下記に該当する患者さんで紹介状をお持ちにならない方は、初診患者窓口へお越しください。

     ※ 初めて病院に来られた方
     ※ 別の科を新たに受診される方
    初診患者窓口で、受診の手続きを行い「受付票」及び「診察カード」をお渡しします。

  • 初診、再診時の保険外併用療養費について
    平成28年4月から国の制度が変わり、500床以上の地域医療支援病院である当院では、外来受診時に診療費とは別に保険外併用療養費を、ご負担いただくことが義務化されました。
    紹介状をお持ちでない方、当院を受診後に他の医療機関に紹介となったにもかかわらず、当院へ受診した場合は、下記金額をお支払いいただきます。

    初診の方・・・医科5000円(税込)、歯科3000円(税込)
    再診の方・・・医科2500円(税込)、歯科1500円(税込)

    ※「保険外併用療養費」とは、被保険者である患者さんが選択することで発生する費用です。
      上記の費用は、外来医療の機能分化・連携を推進する目的で制定されています。

    但し、以下の方については、保険外併用療養費を求めないこととします。
[緊急その他やむを得ない事情がある場合]
  救急の患者、公費負担医療の対象患者、無料低額診療事業の対象患者、HIV感染患者
[その他、定額負担を求めなくて良い場合]
  1. 当院で他の診療科を受診中の患者
  2. 医科と歯科の間で院内紹介した患者
  3. 特定健診、がん検診等の結果により精密検査指示があった患者
  4. 救急医療事業、周産期事業等における休日夜間受診患者
  5. 外来受診後そのまま入院となった患者
  6. 治験協力者である患者
  7. 災害により被害を受けた患者
  8. 労働災害、公務災害、交通事故、自費診療の患者
  9. その他、当院を直接受診する必要性を特に認めた患者

時間外・救急受け付けについて


【時間外・救急受付】
救急については、本館1階3番ブース救急外来で診療を行っております。
ただし、緊急性の高い重症患者さんから優先して治療する診療体制になっています。そうした対応に手が取られる場合には一次救急の診療が滞り、お待ちいただく場合がございます。予めご了承いただきますようよろしくお願いいたします。
尚、救急診療は一般外来診療と異なり、当日は応急処置を行い、後日外来等を受診していただく場合があります。また、救急室を担当する医師も必要な応急処置はいたしますが、必ずしも専門医であるとは限りませんので、その点もご理解の上ご了解ください。

時間外は専用の出入り口をご利用ください。詳しくは下の地図をご参照ください。

お支払いについて


【自動精算機】
診察(あるいは検査など)が終わりましたら、自動精算機または会計窓口で診療費をお支払いください。

その他

診療カードについて

診察カードは、全診療科共通で使用できます。
来院時には、必ずお持ちください。

保険証について

保険証は、健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、その他各種医療費受給者証等を確認させていただいております。
来院される際には、その都度受付にご提示ください。
保険証等に変更・更新があった場合はすみやかにお申し出ください。住所・氏名等に変更があった場合にもお知らせ願います。
保険証をお持ちでない場合、または保険証がコピーの場合は、保険のお取り扱いができません。全額自費扱いとなりますので、ご了承ください

携帯電話利用について
院内で携帯電話を利用される方
  1. 院内では、マナーモードに切替えてください。
  2. 通話する場合には、指定通話エリアをご利用ください
  3. 使用禁止エリアでは、携帯電話の電源を切ってください。
  4. 患者さんのプライバシーに配慮するうえで、写真撮影はご遠慮ください。
  5. 個室以外の病室では、消灯後は電源を切ってください。
指定電話エリアについて (マナーを守ってご使用ください。)
【外来】
1F エントランスホール正面入口付近
2F エスカレーター乗降口付近
【病棟】
デイルーム
個室病室
【その他】
連絡廊下など(上記マークのある場所)
【ご注意】
携帯電話利用可の場所であっても、近くに(1m以内)、医療機器がある場合は、電源を切ってください。
使用禁止エリアについて(電源を切ってください。)
【外来】
診察室(中待合を含む)
撮影室・検査室・透析センターなど
【病棟】
病室・廊下等の医療機器周辺1m
ベビーセンター・処置室など
【その他】
医療機器には、 携帯電話の利用不可 マークが付いております。
ペースメーカーをご使用の方へ
不要電波問題対策協議会及び総務省により、植込み型ペースメーカー全機種における、携帯電話の干渉距離を調査したところ、最大のもので15cmであることが判明し、指針として22cm離すことにより安全であることが発表されております。
また、万が一ペースメーカーが使用中の携帯電話に接近して影響を受けた場合でも離れることで、直ちに正常に作動することが確認されておりますが、不調をお感じになられた場合には、近くの看護師にお申し出ください。
敷地内全面禁煙について

当院は敷地内全面禁煙です
何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

病院は、病気の方などが診察や治療、ご相談等のために訪れたり、入院されたりする施設です。お見舞いの方も多数来院されます。
皆様の健康を守ることを使命とする立場から、県民の方々に信頼される病院として、より安全で快適な療養環境とするため、当院は敷地内全面禁煙としています。
当院に来院される皆様は、趣旨を何卒ご理解いただき、敷地内における全面禁煙にご理解とご協力をお願いいたします。