トップ > 外来受診 > お薬について

お薬について

当院では、国が推進している医薬分業に協力していくため、「院外処方せん」の発行を推進しています。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

「院外処方せん」をご希望の方は、ご遠慮なく医師にお申し出ください。

院外処方せんについて

院外処方箋により街の薬局で薬を受ける場合は、当院薬剤部で調剤された薬と同じものか、または、同一成分のお薬(ジェネリック医薬品)を希望することができます。ジェネリック医薬品については、主治医にご相談ください。
院外処方では、保険薬局を患者さんご自身がお選びいただけます。
ご自宅の近くや通勤途中など、便利で信頼のおける薬局を「かかりつけ薬局」としてご利用いただくことをお勧めします。
「かかりつけ薬局」をお持ちになることで、次のようなメリットがあります。
  1. 保険薬局では、患者さんの体質や薬のアレルギー歴、どんな薬をいつ頃使用したかなど、患者さんへの指導内容を記録しているので、2ヶ所以上の医療機関で処方せんを受け取っても、薬の重複や危険な飲み合わせなどによる副作用を未然に防ぐことができます。
  2. 薬の受け取りを希望される保険薬局を指定していただければ、その薬局へ病院から処方内容をFAXにて送信します。これにより、保険薬局ではすぐに薬の調剤を開始し、少ない待ち時間で薬を受け取ることができます。
医薬分業について医師が患者さんを診察し、お薬が必要な場合「処方せん」を書いて患者さんにお渡しします。
この処方せんにもとづいて、街の保険薬局の薬剤師が調剤する仕組みを医薬分業といいます。なお、医薬分業により、患者さんの負担されるお支払い額は多少増加(100~200円程度)します。