トップ > 病院方針 > 権利とお願い

権利とお願い

患者さんの権利

福井赤十字病院は、患者さんとの信頼関係の上にたった医療を行ない、患者さんの次のような権利を尊重します。
1.人格・価値観などを尊重される権利
患者さんは、治療や検査などを受けるにあたり、丁寧に敬意を込めて迎えられ、各々の人格や価値観などを持ちながら、社会生活を営む個人としての尊厳が守られる権利があります。
2.良質な医療を公平に受ける権利
患者さんは、社会的な地位、疾病の種類、国籍、宗教などにより差別されることなく、適切な医学水準に基づく、安全で安心な医療を受ける権利があります。
3.十分な説明と情報を受ける権利
患者さんは、医療の内容に関する説明や情報の提供を納得できるまで理解しやすい言葉や方法により知る権利があります。また、別に定める診療情報提供規程に基づき自己の診療録の開示を求める権利があります。
4.個人情報が保護され、私的な生活を干渉されない権利
患者さんは、当院の個人情報保護指針(プライバシーポリシー)に基づき、個人情報が保護される権利があります。また治療上必要な時間以外は病院内での私的な生活を可能な限り他人に侵害されない権利があります。
5.治療等について自己決定する権利
患者さんは、医療者の提案する治療計画などについて自らの意思で選択し、あるいは拒否する権利があります。その際、別の医師または他の医療機関の意見(セカンド・オピニオン)を聴ける権利があります。そのことで何ら不利益を受けることはありません。
6.医療に参加する権利
患者さんは、医療内容について意見を述べ、医療者とともに医療の質改善に参加する権利があります。また、これらの権利を守り発展させる責務があります。

患者さんへのお願いとお知らせ

医療は基本的に患者さん・医療者の協同作業です。医療者から一方的に押し付けるものでも、患者さん側から一方的に要求するものでもありません。 患者さんと医療者とのパートナーシップ(協調関係)を推進するため、具体的に次のいくつかのお願いをさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。
  1. ご本人の身体に関する情報(他施設の診療歴、服薬内容、アレルギー歴など)は、できるだけ正確にお伝えください。
  2. 「説明と同意」にもとづく医療を行っております。説明がよく理解できない場合は納得できるまでお尋ね下さい。
    また、セカンドオピニオンが必要な方は、主治医または相談窓口(総合案内)までお申し出てください。
  3. ご本人の確認のため、注射、点滴、処置、検査などを受けられる場合は、姓名や生年月日をお尋ねすることがあります。
  4. 感染防止のため病室へ出入りされる場合は入口に備え付けの消毒薬で手指の消毒をお願いします。
  5. 転倒・転落の事故防止のため、歩行や立ち上がりに不安のある方は、ご遠慮なくお申し出ください。
  6. すべての患者さんが快適な環境で医療が受けられるよう、病院内の規則や医療者からの指示をお守りください。
  7. 医療や医療費に関するご相談、患者さんや家族の方のご意見は相談窓口(総合案内)にて伺います。ご相談内容に応じて、院内の関連部署と連携して問題解決に取り組みます。
    なお、相談窓口(総合案内)にはご意見箱を設けております。医療サービス全般のご提案などご意見をお待ちしております。