緩和ケアチームの取り組みについて

 当院には「緩和ケアチーム」があり、日々活動しています。対象とする患者さんは、当院における入院患者、または入院中に緩和ケアチームが介入した通院患者さんです。
 身体的・精神的苦痛症状の緩和が必要ながん患者さんに積極的に介入し、身体的・心理的・社会的・スピリチュアルな苦痛を包括的に評価し対応しています。
 チーム員の構成としては、身体症状や精神症状を担当する医師、がんの痛みなどの苦痛症状の緩和ケアを専門とする看護師、薬剤師、心理士、栄養士、ソーシャルワーカーなどの多職種です。コントロールが難しい症状の緩和、楽に過ごすための動作の工夫、生活環境の整え方、食事の工夫、心理療法、リラクセーション、今後の療養についての相談に対応するなど、緩和ケアに関する幅広い対応をしております。
 緩和ケアとは、患者さんやご家族に対し、「治療と平行して行なうもの」です。がんと診断されたときのショック、手術や抗がん剤などの治療にともなう痛み、体のつらさ、病気を抱えていることによる不安、不眠などに対応するため、がんと診断された時から始まり、がん治療を受けるための体や心を支えるものであることをお伝えしています。いつでも相談していただくことで、体や心のつらさを少しでも和らげることができるよう、チーム員をはじめ病院全体で取り組んでいます。