トップ > 地域医療連携課の業務内容 > 退院支援について

退院支援について

退院支援の体制

  1. 当院の退院支援の特徴
    当院は地域医療支援病院・在宅療養後方支援病院として、入院当日より院内外の多職種が連携しチームで、退院後の療養生活を視野に入れた退院支援を行っております。入院病棟には、退院支援を支援する専任の医療ソーシャルワーカーを配置しているため、入院早期より地域の医療機関や介護サービス事業所とも連携を取りながら、途切れることのない医療・看護・介護・福祉等のサービスが提供出来るように、患者さん・ご家族様の意向を確認しながら退院に向けての支援をおこなう体制をとっております。
     地域の特性やニーズを考慮し、高齢患者の在宅復帰支援やがん・神経難病患者の在宅療養支援にも力を入れております。
  2. 退院支援の構成メンバー
    1)退院支援に関わる構成メンバー
    退院支援が必要な患者さんの状況に応じて、図のように支援に必要なメンバーを構成しチームで関わらせていただきます。

    2)地域医療センター退院支援係チームメンバー
    地域医療センターには、退院支援の専従看護師と専任の医療ソーシャルワーカを配置し、相談支援に対応できる体制をとっています。
    病棟には2部書毎に退院支援担当の医療ソーシャルワーカーを配置しております。入院当日より、患者さん・ご家族さんの相談支援に対応できる体制をとっております。
    退院支援メンバー
  3. 福井赤十字病院退院支援の流れ
    関連する地域の多職種と支援時の連携の内容について
    詳しくはこちら
  4. 退院支援チームの活動内容
    1)退院支援(DCP)チームラウンド実施と相談支援の実施
     退院支援チームは、毎週全病棟をラウンドし、退院支援が必要な全ての患者さんの支援計画の立案と検討、支援の実施状況や進行状況を確認し、各担当者間の調整を図っています。
    退院支援メンバー

    2)地域の連携機関との退院支援体制に関する情報交換会開催
    地域の連携保険医療機関や介護サービス事業所の連携実務担当者間の情報交換会を(2回/年)開催し、地域のニーズを収集し、連携上の問題点や課題を検討しています。収集した情報を元に、連携保険医療機関の地域での機能や役割をデータベース化し、円滑な入院・退院に活用しています。
    退院支援メンバー

    3)退院支援に関わる教育活動・人材育成
      ・退院支援院内認定看護師育成研修
      ・院内多職種対象の退院支援研修
      ・看護師対象レベル別研修