平成28年度 福井赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 671 237 314 553 778 1108 2835 3213 2520 536
退院時の年齢階層別の内訳は、20歳未満912人(7.0%)、20歳以上60歳未満は2,905人(22.4%)、60歳以上は9,164人(70.6%)であり、70歳以上に限っても6,393人(48.6%)となっています。
平成27年度と比べて年齢階級別退院患者数の構成比率に大きな変化はありません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 61 21.10 16.83 0.00 68.03 リツキサン
R-CHOP
100070xx99x100 2型糖尿病末梢循環不全なし CCPM02 手術なし 処置2:インスリン注射(1) 副傷病なし 85歳未満 47 13.28 14.61 0.00 57.89 糖尿病教室参加7日間コース
糖尿病教室参加12日間コース
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 32 5.09 6.12 0.00 58.69
100070xx99x000 2型糖尿病末梢循環不全なし CCPM01 手術なし 処置2なし 副傷病なし 85歳未満 31 10.71 11.48 0.00 60.35 糖尿病教室参加7日間コース
糖尿病教室参加12日間コース
130020xx99x3xx ホジキン病 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 27 19.81 16.96 0.00 45.74
1.最も多い症例は、リンパ腫の一つである「非ホジキンリンパ腫」でリツキサンを用いた化学療法を行っている症例です。退院後通常生活に円滑に移れるように、厳重な管理のもとで治療を行います。白血球数が著明に減少した場合は無菌室(クリーンルーム)での管理を行う場合があります。また、入院中からリハビリテーションなども行っており、十二分に回復することを目指した療養を提供します。また、5番目に多い症例は、リンパ腫の一つである「ホジキンリンパ腫」で、化学療法を行っている症例です。こちらも非ホジキンリンパ腫の症例と同様に、厳重な管理のもと治療を行い、十二分に回復することを目指した療養を提供します。
2.2番目と4番目は2型糖尿病の症例です。糖尿病は平成28年度より重症度等によって細かく分類されたため患者数がばらつき少なくなりましたが、糖尿病全体では2番目に多い割合となっています。糖尿病についての検査と合併症(動脈硬化、網膜症、神経障害)の検査、療養指導、血糖改善を行います。
2番目はインスリンを用いた糖尿病の治療で、患者自身若しくは家族の協力を得ながらインスリン自己注射の手技獲得を目指し、退院後も外来にてスムーズに自己注射ができるように支援を行っています。
4番目はインスリンを用いず、内服薬を中心とした糖尿病の治療で、主治医が処方した内服薬を確実に内服するように指導を行っています。
3.3番目に多い症例は、原発性アルドステロン症(副腎の異常に起因し、高血圧症や低カリウム血症をきたし、多飲、多尿、四肢麻痺などの症状が起こる)の検査入院の症例です。検査入院は概ね4日間で行い、薬剤を用いた負荷試験を行い診断します。
検査の結果、原発性アルドステロン症の診断に至った場合は、副腎静脈サンプリングを行い、左右どちらかの副腎に異常があると認められた場合は、責任病巣側の副腎摘出手術を行う場合があります。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 119 13.63 12.35 0.00 74.75 呼吸器化学療法
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支鏡検査、気管支カメラ等 処置2なし 100 3.38 3.68 0.00 72.36 気管支鏡検査
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 78 21.22 19.92 6.41 74.55 肺炎
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:アバスチン(9) 64 12.34 10.76 0.00 65.66 呼吸器化学療法
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:アリムタ(8) 61 12.57 12.01 0.00 69.00 呼吸器化学療法
1.肺癌に対して化学療法(抗がん剤)をする症例が最も多いです。当科では、呼吸器外科、放射線科と協力し、集学的な治療を行っています。また、4番目のバスチン、5番目のアリムタはそれぞれ化学療法目的の入院です。
2.次に多い症例は、肺癌や肺癌が疑われる患者さんに対して、気管支鏡検査を実施しています。気管支鏡による正確な診断をもとに、適切な治療方法を選択します。
3.間質性肺炎は何らかの原因で、肺の膨張・収縮が妨げられることにより、肺活量が低下し、呼吸困難となる疾患です。治療にはステロイド(免疫抑制剤)を用い、治療開始後も呼吸不全が残存する場合は、在宅(自宅)で使用する酸素吸入器や人工呼吸器を導入する場合もあります。
4.肺炎は平成28年度より重症度によって非常に細かく分類されたため患者数がばらつき少なくなりましたが、肺炎全体では2番目に多い割合となっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 113 9.38 11.06 4.42 77.53 ERCP/EST
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし 81 7.40 9.02 0.00 71.48 胃ESD
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 37 6.97 5.50 0.00 55.30 感染性胃腸炎パス
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 35 24.23 14.75 5.71 76.74 ERCP/EST
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 33 6.64 7.89 0.00 63.73 TCS
TCS後1泊入院
1.最も多い症例は、胆石や胆管炎といった胆道疾患です。発熱、腹痛、黄疸が主症状の急性疾患であり、緊急の処置を必要とすることもあります。内視鏡を用いて胆石を除去、胆管をチューブで広げるなどの治療を行います。
2.次に多い症例は早期胃癌です。リンパ節に転移していない早期胃癌に対しては、開腹せずに内視鏡でがんを含む粘膜病変だけを切り取る内視鏡的治療が用いられます。外科手術に比べ、侵襲が少なく、胃の機能が保てる上に入院日数も比較的短期間で退院できます。
3.3番目は胃腸炎などのウイルス性腸炎の疾患です。輸液での加療などを行い1週間ほどでの退院となっています。
4.膵臓癌に対する治療が4番目に多い症例となっています。膵臓癌によって引き起こされる黄疸に対してステント留置などの内視鏡的な治療を行います。
5.大腸内視鏡検査で手術の必要のなかった大腸憩室です。腸管内の圧力が高くなることでおこり、点滴加療などで経過観察となります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 119 3.28 3.06 3.36 68.06 心臓カテーテル検査(上肢)
心臓カテーテル検査(下肢)
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 83 5.49 4.71 0.00 68.14 経皮的冠動脈形成術(PCI)(上肢)
経皮的冠動脈形成術(PCI)(下肢)
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 57 22.35 17.95 10.53 81.47 慢性心不全急性憎悪
050130xx99020x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2:シンチグラム等(2) 副傷病なし 48 21.81 25.02 8.33 81.58
050030xx97030x 急性心筋梗塞、再発性心筋梗塞 その他の手術 処置1なし 処置2:tPA等(3) 副傷病なし 28 18.68 16.39 0.00 64.96 AMI
1.狭心症での心臓のカテーテル検査入院が最も多くなります。
2.上記検査結果の中で、心臓の血管が狭くなっている方に経皮的冠動脈形成術を行う治療入院が次に多くなっています。
3.3番目に多いのは、心不全に対する治療入院(薬物、リハビリ療法)です。心不全は様々な心臓病の最終像であり、高齢化に伴い増加しています。高齢者で多くの病気がある方が多く、予定通りに退院できないこともあります。
4.また、シンチグラムを行うことで、心不全の原因を推定することができます。
5.5番目に多いのは、急性心筋梗塞で緊急手術を行う治療入院です。シンチグラムによって心筋梗塞の重症度を調べ、リハビリ療法を行いながら術後の経過観察をします。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 副傷病なし 91 4.85 6.02 0.00 2.25 小児細気管支炎
0400801199x00x 肺炎等 CCPM10 15歳未満または市中肺炎 1歳以上15歳未満 手術なし 処置2なし 副傷病なし 75 5.39 5.79 0.00 5.05 小児細気管支炎
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 63 8.43 6.18 3.17 0.00
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 処置2なし 45 3.20 3.95 0.00 1.87 熱性痙攣(改訂版)
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 40 3.80 5.50 0.00 5.80 小児腸炎
1.急性気管支炎・急性細気管支炎・肺炎などの呼吸器感染が入院になりやすい疾患となっています。診断や薬剤使用法などの進歩や全身状態の判断などから、早期退院、外来加療への移行がしやすくなっています。ただし乳児の気管支炎・肺炎は今でもやや長期入院が必要な場合があります。その年の流行もあり、マイコプラズマ・RSウィルスなどの感染が流行すると、患者数も増えてきます。
2.次に新生児(1ヵ月未満)の入院です。黄疸・呼吸障害・発熱・感染症などが該当します。当院での新生児入院は、産科と小児科が協力して診療しています。
3.次に熱性痙攣です。熱に伴って短時間の痙攣をおこします。
意識戻りの悪い場合や、家族の不安が強い場合は入院して経過観察しています。
4.次にウィルス性腸炎(ロタウィルス・ノロウィルスなどの胃腸炎)です。ロタウィルスワクチンの導入や経口補水療法の進歩で、入院患者さんは減少傾向にあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 65 7.06 7.61 1.54 59.05 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060035xx99x60x 結腸の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン(6) 副傷病なし 51 5.06 4.48 0.00 66.59 外科化学療法
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 45 18.22 15.92 8.89 73.29 腹腔鏡補助下結腸切除術
(ERAS)腹腔鏡補助下結腸切除術
060040xx99x60x 直腸肛門の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン(6) 副傷病なし 43 5.21 4.41 0.00 56.00 外科化学療法
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2:ジェムザール等(4) 副傷病なし 37 3.70 4.64 0.00 62.30 外科化学療法
1.最も多い症例は、胆のう摘出術による入院です。胆のう結石症、胆のう炎の治療目的での入院であり、腹腔鏡を使った内視鏡手術を多用しており約7日間で退院することが出来ています。
2.2、4、5番目に多い症例は、大腸、直腸・肛門、乳房の癌に対して行う化学療法目的の入院です。患者さんの状態に合わせて抗癌剤を選択し、全身状態の管理を行いながら点滴投与します。2泊3日、3泊4日という短期間で退院が可能です。
3.また、大腸癌に対する手術目的での入院が3番目に多いです。全国平均よりも当院の平均在院日数が長くなっているのは、既往(すでにかかっている)の疾患に対する治療を行ってから手術を行っている場合もあるためですが、既往のない患者さんなどは13日から15日で退院することが出来ています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 125 27.64 27.63 85.60 82.16 大腿骨近位部骨折骨接合術(腰椎麻酔)
大腿骨近位部骨折骨接合術(全身麻酔)
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節再置換術等 63 28.29 26.26 11.11 76.19 TKA-UKA
07034xxx99xxxx 脊柱管狭窄 手術なし 58 7.67 12.95 5.17 69.17 脊髄造影検査
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 手術なし 副傷病なし 48 15.54 20.57 72.92 80.60
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 その他の手術 副傷病なし 34 6.97 4.37 5.88 43.59 手根管・肘部管症候群
1.高齢化に伴い、転倒・転落などで発症する大腿骨骨折による入院が最も多くなります。
2.次いで、加齢に伴う膝関節のすり減りや変形で生じる変形性膝関節症に対する入院が多くなります。これらは高齢の方が多く、在院日数が比較的長くなる傾向にあります。回復の程度に応じて、他院と連携しながら、手術後リハビリ治療を専門とする病院に転院されることもあります。
3.また、脊柱管が狭くなって脊髄や神経根が圧迫される脊柱管狭窄症に対する検査・治療も多く行われます。脊柱管狭窄症では必ずしも手術は必要でなく、上記とは異なり比較的短期間の入院で帰宅します。
4.次に多い症例は、骨粗鬆症などが原因で尻もちをついた時などに起こる腰椎圧迫骨折です。高齢の方が多く、コルセット作成後はリハビリを専門とする病院に転院されることが多いです。
5.最後に転倒時など手をついた時に起こる前腕部の骨折です。ギプスなどの保存療法に比べ手術を要する症例が多い傾向にあります。手術では金属のスクリューやプレートなどを用いて折れた骨をつなぎます。手術後は早期に退院され、外来通院でのリハビリが主になっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍 その他の手術 処置1なし - - - - - 形成外科 局麻手術
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 その他の手術 処置2なし - - - - - 形成 全身麻酔手術
180060xx97xxxx その他の新生物 その他の手術 - - - - - 小児形成小手術
160200xx0200xx 顔面損傷 鼻骨骨折整復固定術等 処置1なし 処置2なし - - - - - 顔面骨骨折
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷 Burn Index10未満 手術なし 処置2なし - - - - -
1.顔面をはじめとする全身体表面のあらゆる変形や腫瘍に対して、外科的手段を使って治療を行います。
2.また、顔面損傷や顔面骨骨折・熱傷などの外傷の初期の治療も行い、その後の傷跡が目立たないようにする治療も行っています。

※10症例未満については「-」表記としています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 副傷病なし 49 10.51 11.83 12.24 78.10 慢性硬膜下血腫・穿頭血腫除去
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 処置1:動脈造影カテーテル法 処置2なし 35 3.06 3.20 0.00 64.77 脳血管造影(足カテ)
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫 JCS10未満 手術なし 処置2なし 副傷病なし 31 16.94 19.35 41.94 67.68 脳出血急性期パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 28 8.11 7.52 10.71 57.96 脳出血急性期パス
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 処置1:動脈造影カテーテル法 処置2:SPECT等(2) 27 4.19 5.52 0.00 68.89 脳血管造影(足カテ)
1.当院では、脳卒中センターが設置されており、脳梗塞・脳出血は元より、脳疾患全般への治療が迅速に行える体制が整っています。超急性期における早期治療やリハビリテーションにより、前年度の平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。
2.5番目の脳梗塞は平成28年度より重症度によって非常に細かく分類されたため、患者数がばらつき少なくなっているように見えますが、脳梗塞の全体の患者数は一番多い割合となっています。
3.1番目の頭をぶつけるなどといった外傷により、硬膜とくも膜に血腫ができる疾患に対しては、手術による外科的治療を行うことがあります。
4.2番目の入院時の画像検査で未破裂脳動脈瘤が発見された場合は、手術の適用を判断するために脳血管造影検査を行います。手首又は足の付け根からカテーテルと呼ばれる細い管を通し、造影剤を注入しながら撮影を行う方法で、通常3日間の入院で検査が終了します。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 86 12.88 12.73 0.00 69.74 肺葉切除術
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 27 12.52 12.35 0.00 65.89 呼吸器化学療法
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置2なし 副傷病なし 15 7.93 10.09 0.00 31.27 胸腔鏡下肺部分切除術(VATS)
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 14 23.93 31.34 21.43 68.36 肺葉切除術
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 12 10.58 14.83 0.00 71.00
1.肺癌に対して手術をする症例が最も多いです。胸腔鏡を用いた内視鏡手術が多く、開胸する手術とは異なり、低侵襲で体への負担も少ないため、入院期間が短くなっています。
2.次に多い症例は、肺癌術後の転移・再発の抑制を目的とした化学療法です。当科では、肺癌に対して手術治療や化学療法、放射線治療を併用して実施することで、根治的な治療を目指しています。
3.また、若年層にも多い気胸の症例も多くあり、胸腔内に貯留した空気や液体を排出する胸腔ドレナージ処置や胸腔鏡下手術を重症度に応じて実施しています。気胸は再発しやすい疾患のため注意が必要です。
4.膿胸の症例も気胸と同程度あり、重症度によっては入院期間が長期化する場合があります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 96 7.64 6.29 0.00 42.98 腹腔鏡下子宮摘出術
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 75 6.43 6.42 0.00 40.85 腹腔鏡下附属器手術
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 48 6.90 7.92 0.00 38.67 腹腔鏡下付属器手術
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 41 9.44 6.86 0.00 33.95
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 32 8.88 9.88 0.00 66.44 腹腔鏡下骨盤臓器脱手術
子宮脱根治術
1.子宮の良性腫瘍として最も多いのは子宮筋腫です。子宮筋腫は女性ホルモンの働きによって大きくなったり、数が増えたりします。また、腫瘍ができた場所や大きさによって、月経時の痛みが強くなったり、月経の量が多くなることで貧血症状を起こしたり、下腹部に膨満感を感じたりします。そこで、手術によって子宮筋腫を核出、子宮全体を摘出したりします。
2.卵巣にできた腫瘍も腹痛等の原因となる場合があり、症状が出た場合には腫瘍を摘出したり、腫瘍ができた卵巣ごと切除したりして治療を行います。
3.子宮内膜症とは子宮内膜のような組織が子宮以外の場所(卵巣など)に発生し、増殖する病気です。また、子宮内膜のような組織が子宮の筋肉層で増殖すると子宮腺筋症という病気になります。この場合にも手術によって治療を行います。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 その他の手術 処置1:水晶体再建術 処置2なし 93 5.57 7.72 0.00 70.05 網膜硝子体手術
020160xx97xxx0 網膜剥離 その他の手術 片眼 78 7.92 10.53 0.00 57.36 網膜硝子体手術
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術 片眼 65 6.23 9.15 0.00 70.75 緑内障
020240xx97xxx0 硝子体疾患 その他の手術 片眼 52 5.08 7.01 0.00 68.85 網膜硝子体手術
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 その他の手術 処置2なし 片眼 31 5.10 8.27 0.00 69.03 網膜硝子体手術
1.網膜前膜、黄斑円孔などの疾患で、硝子体手術の入院患者さんが最も多いです。
2.網膜剥離で硝子体手術をする入院、緑内障で緑内障手術をする入院患者さんとなっています。
3.近年、難治性緑内障患者さんには、緑内障治療用のインプラント挿入(平成26年度新設)の手術も施行しています。
4.いずれの症例も全国の平均在院日数より短期間のパスを使用、多くの手術を手がけています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 56 4.59 5.24 0.00 65.86 めまい
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 34 10.21 9.60 0.00 55.76 顔面神経麻痺
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 32 7.91 7.47 0.00 56.47 鼻副鼻腔手術(全身麻酔)
030428xxxxxxxx 突発性難聴 32 11.63 9.37 0.00 56.88 突発性難聴
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 25 5.80 5.50 0.00 46.72 扁桃周囲腫瘍
1.最も多い症例は、前庭機能障害(めまい症)で、救急搬送され検査・治療を受け、嘔吐により摂食困難などの症状が良くなるまでの入院となります。
2.次に顔面神経麻痺や慢性副鼻腔炎の症例も多くなります。
3.突発性難聴の治療は、点滴加療9日間の方法で施行します。基礎疾患として糖尿病がある患者さんも多く、治療で乱れた血糖コントロールがしっかり是正されるまで入院を行うため、在院日数がやや長くなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 CCPM04 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし RankinScale0~2 50 16.12 16.54 30.00 70.26 脳梗塞
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 副傷病なし 21 6.57 7.12 9.52 59.95
010060x2990400 脳梗塞 CCPM04 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし RankinScale3~5 16 19.56 20.18 50.00 82.63 脳梗塞
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 処置2なし 副傷病なし 14 20.21 18.71 0.00 70.71
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫 JCS10未満 手術なし 処置2なし 副傷病なし 12 13.67 19.35 33.33 73.08 脳卒中回復期パス
1.当院では、脳卒中センターが設置されており、脳梗塞・脳出血は元より、脳疾患全般への治療が迅速に行える体制が整っています。超急性期における早期治療やリハビリテーションにより、前年度の平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。
2.脳梗塞は平成28年度より重症度によって非常に細かく分類されたため、患者数がばらつくき少なくなっているように見えますが、脳梗塞の全体の患者数は一番多い割合となっています。
3.2番目に多い疾患はてんかんです。てんかんは痙攣発作・意識消失をきたします。主に点滴と内服で治療を行います。
4.3番目に多い疾患は、脳出血及び脳血管の奇形を含む非外傷性頭蓋内血腫です。主に内服やリハビリテーションで治療を行いますが、脳神経外科で手術を行うことがあります。
5.4番目に多い疾患はパーキンソン病です。手足の震えや筋肉の強張りが進行する疾患です。主に内服で治療を行います。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 48 8.29 8.96 2.08 67.81 帯状疱疹
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 30 11.17 11.97 0.00 66.77 急性膿皮症
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 21 6.14 8.78 0.00 82.05 皮膚科(局所麻酔)手術
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 処置2:レミケード(2) 17 3.94 2.84 0.00 53.94 乾癬レミケード治療
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 12 2.17 4.28 0.00 55.17 皮膚科(局所麻酔)手術
1.帯状疱疹は、体内の神経節に潜んでいる「水ぼうそう」のウイルスが、過労や加齢、病気などで免疫力が低下すると活動をはじめ、神経を伝わって皮膚に到達し帯状疱疹として発症します。発症は50歳台以上が多いですが、過労、ストレスにより20~30歳台の若い方にも起こります。症状や痛みがひどい場合に入院となり、抗ウイルス薬の投与、疼痛に対する鎮痛薬の投与などを行います。
2.次に多い症例が急性膿皮症です。細菌感染症である蜂巣炎や丹毒などの疾患です。高熱など、重症の患者さんに対して入院加療を行います。
3.4番目に多い炎症性角化症は、尋常性乾癬などの疾患を指します。乾癬は塗布剤による外用療法、薬剤の内服療法、紫外線を用いた光線療法により治療を行いますが、それらでは十分な効果が得られない場合、または副作用がある場合、生物学的製剤を用いて治療を行います。
腎臓・泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 119 5.63 7.44 0.00 72.41 経尿道的膀胱腫瘍切除術
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 81 9.06 12.84 2.47 69.23
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 67 11.73 12.43 10.45 73.43 急性腎盂腎炎
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 副傷病なし 56 5.75 5.83 1.79 64.11 経尿道的尿管結石砕石術
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 処置2なし 40 1.60 10.01 10.00 74.55 シャント血管内治療(日帰り)
1.1番多い症例は、膀胱癌の経尿道的手術です。尿道から膀胱鏡を挿入して腫瘍を切除する手術は体への負担も少なく、一般的な手術治療を行っています。
2.次に多い症例は慢性腎臓病に対しての食事療法、生活指導を行う教育入院と人工透析を含めた腎疾患治療です。
3.3番目に多い症例は、急性腎盂腎炎や膀胱炎といった尿路の感染症に対する抗生剤を用いた治療です。
4.4番目に多い症例は、腎臓や尿管などにできた結石を除去する手術治療です。尿道から内視鏡を入れて除去する手術は体への負担も少なく、一般的な手術治療を行っています。
5.人工透析による治療をおこなっている患者さんの体には「透析シャント」と呼ばれるものが手術によって作成されています。作成されたシャントを使用し、人工透析を続けていく中で、シャントの狭窄・閉塞といった障害が生じることがあります。その障害を改善するために手術を行いますが、この手術は3ヶ月に一回しか保険算定できません。5番目に多い症例は、この手術を行っているのですが、保険のルール上、「手術なし」として取り扱った症例となります。
昨年は、「透析シャントの障害に対する手術治療」の症例数は1位でした。集計の対象とする症例の変更があったため、今年の症例数の中にありませんが、「透析シャントの障害に対する手術治療」は昨年同様、たくさんの症例を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 105 - 26 38 - 77 1 7
大腸癌 29 72 33 80 11 178 1 7
乳癌 59 46 - - - 31 1 7
肺癌 121 33 72 119 11 422 1 7
肝癌 20 - - - - 54 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
1.ここでの“初発”・“再発”は延人数(入院回数)で示されます。つまり、同一の患者さんでも数回入院すればその回数分だけの人数になります。よって、この“再発”の数が再発する確率を示すものではありません。
初発の入院とは、癌と診断されるまでまたはされてからの一連の検査や治療を行った数です。また初発では、癌と診断されたらどれくらい進行しているのかの進行度合をStageのⅠ~Ⅳに分類します。
再発の入院では、Stageの分類はしません。

2.初発および再発患者には前年度以前から継続して治療している患者も含まれます。
例えば一連の治療期間に入退院を繰り返すなどを行った場合は、同一患者に入退院を繰り返した回数分をかけた延患者としています。
そのため、Stage IVや再発の症例では計画的な化学療法を行い再入院を繰り返すことがあるため患者数が多く見えます。
不明については、がん疑いで検査を実施し退院までに検査結果が出ない症例等を含みます。
胃癌・大腸癌および乳癌の初発には極初期のがん(Stage0)もありますが、集計の対象外となっております。

※10症例未満については「-」表記としています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 38 8.82 49.00
中等症 133 12.26 75.23
重症 24 16.96 84.33
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎は重症度によって区分が分かれています。年齢が高くなるほど重症となる傾向がありますが、年齢が比較的若い場合でも、基礎疾患等がある場合には入院にて治療をする必要があります。

※10症例未満については「-」表記としています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 4.23 70.77 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 281 21.81 75.80 38.02
その他 32 30.69 76.19 2.24
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 54 7.91 73.26 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では、脳卒中センターが設置されており、脳梗塞・脳出血は元より脳疾患全般への治療が迅速に行える体制が整っています。脳卒中の超急性期に血栓溶解治療や血管内治療を積極的に行っておりますので、在院日数が短くなります。

※10症例未満については「-」表記としています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - - 出血性潰瘍内視鏡的止血術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
内科の入院中に他の診療科で行われた手術が計上されています。

※10症例未満については「-」表記としています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K510 気管支腫瘍摘出術(気管支鏡又は気管支ファイバースコープ) 10 3.30 4.70 0.00 73.90 気管支鏡1泊2日
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -
K508-3 気管支熱形成術 - - - - - 気管支鏡2泊3日
K386 気管切開術 - - - - -
1.気管支鏡にて気管支を観察した際に、気管支の腫瘍を摘出する手術(気管支腫瘍摘出術)などの内視鏡手術を実施しています。他にも、気管支が狭窄しないようにステントやバルーンを留置する手術(気管・気管支ステント留置術)や狭窄している気管支を拡張する手術(気管支狭窄拡張術)があります。
2.4番目は平成28年度より、難治性の喘息に対して、内視鏡手術による症状緩和を目指した治療を実施しています。(気管支熱形成術)

※10症例未満については「-」表記としています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 113 1.46 16.78 7.08 81.22 内視鏡的乳頭切開術・逆行性膵胆管造影
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 81 1.10 5.30 0.00 71.48 胃内視鏡的粘膜下層剥離術 ESD
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 71 0.89 1.39 0.00 71.31 大腸ポリープ粘膜切除術
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 52 1.46 7.87 5.77 73.75 内視鏡的乳頭切開術・逆行性膵胆管造影
K654 内視鏡的消化管止血術 39 1.64 9.44 10.26 70.10 出血性潰瘍内視鏡的止血術
1.胆道疾患や膵臓疾患に対して、内視鏡的胆道ステント留置術を行う症例が1番多くなっています。胆管腫瘍や結石で胆汁の流れが阻害され、黄疸や胆管炎になっている症例に対して、内視鏡を用いてステントを挿入し、胆汁の流れをよくする処置です。
2.次に多い症例が、早期胃癌に対しての粘膜下層切除術です。リンパ節転移のない早期胃癌に対して内視鏡でがんを含む粘膜病変だけを切り取る手術です。外科手術に比べ、侵襲が少なく、早期に退院することができます。
3.大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の症例が3番目に多くなっています。
4.4番目は内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)という術式です。内視鏡下で十二指腸乳頭を切開し、結石排出のための処置具を使い総胆管結石を除去します。
5.消化管からの出血部位を特定し、クリップなどを用いて止血をする処置のことです。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 87 2.85 4.41 1.15 68.21 経皮的冠動脈形成術
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 37 1.73 6.00 5.41 72.95 経皮的動脈形成術
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 28 0.67 23.00 12.50 71.04 ペースメーカ植え込み術
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 23 0.00 24.70 13.04 66.65 経皮的冠動脈形成術
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 13 3.23 3.46 0.00 63.92 経皮的冠動脈形成術
カテーテル手術が中心です。
1.経皮的冠動脈ステント留置術は、狭くなった心臓の血管にステントを留置して血流を改善する手術です。手術には「急性心筋梗塞」と「不安定狭心症」、「その他」の三つがあります。当院は、心筋梗塞急性期を担う病院に指定されており、「急性心筋梗塞」では24時間体制で緊急手術を行います。「不安定狭心症」では入院後24時間以内に手術を行います。「その他」は、待機的に予定して行う手術です。
2.四肢の血管拡張術・血栓除去術は、動脈硬化などで狭くなった手足の血管に対して行う手術です。バルーン(風船)で拡張、もしくはステントを留置し血流を改善させます。
3.ペースメーカー移植術(経静脈電極)は、不整脈の中でも徐脈による症状がある方に、ペースメーカーを植え込む手術です。経静脈電極(リード)により、心臓に電気刺激を与えて徐脈を改善させます。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - - 消化管(食道・胃)異物
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
小児科の手術では新生児に対する蘇生術が多くなります。

※10症例未満については「-」表記としています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 78 2.94 5.36 2.56 61.68 腹腔鏡下胆のう摘出術
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 53 1.19 2.94 0.00 64.40 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 41 6.93 14.90 9.76 73.44 腹腔鏡補助下結腸切除術
K6335 鼠径ヘルニア手術 38 1.39 3.16 0.00 63.76 鼠径ヘルニア
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 1.00 4.48 0.00 58.87 乳房温存手術
1.最も多い手術は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。主に胆のう結石症や胆石性胆のう炎などに対して行う手術です。腹腔鏡で腹部を観察し、胆嚢を切除します。
2.2番目に多いのは腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術です。鼠径ヘルニア(脱腸)とは、小腸・大腸などが鼠径部の隙間から出る状態のことです。その隙間をメッシュ状のシートでふさぐ手術を腹腔鏡で行います。
3.3番目が、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術です。大腸にある悪性腫瘍を腹腔鏡で観察しながら切除する手術です。当院は可能な限り腹腔鏡で行っています。傷が小さくてすみ、早期退院を望めます。
4.4番目は鼠径ヘルニアに対して、開腹にて行う手術です。
5.5番目は乳癌に対して行う乳腺悪性腫瘍手術です。乳癌を含んだ乳房の一部分を切除します。この手術は乳房を残すことができる手術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 97 3.25 24.96 9.28 73.22 人工股関節置換術
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 94 3.32 22.40 84.04 81.36 上肢(全身麻痺)の手術
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) 48 2.71 22.13 31.25 63.98
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 45 5.93 24.96 86.67 79.76 人工骨頭置換術
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 37 5.68 24.73 13.51 71.59 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症
頚椎ヘルニア・脊髄症
1.加齢に伴って生じる変形性膝関節症・股関節症や、転倒・転落などで発症する上肢・下肢の骨折に対する手術が大半を占めています。金属のスクリューやプレートなどを用いて折れた骨をつなぐ手術だけでなく、金属やセラミックなどでできた人工の関節に入れ換える手術(人工膝関節置換術・人工股関節置換術・人工骨頭挿入術)も行います。
2.次に多いのは、脊柱管(神経の通り道)が様々な原因により狭くなり脊髄が圧迫されることで起こる腰部脊柱管狭窄症や頚椎症性脊髄症に対する手術です。脊柱管を広げるため椎弓を削ったり形成したりして、神経の圧迫を軽減する椎弓形成・切除術、除圧だけでは再発する可能性のある不安定な脊椎や、除圧により不安定になった脊椎に対し、患者さん自身の骨(自家骨)や金属のスクリューやプレートで固定する脊椎固定術、椎弓に切り込みを入れて開き人工骨や(自家骨)を挿入して脊柱管を広げ、神経の圧迫を取り除く椎弓形成術を行います。
3.全体的にみると高齢の方が多い傾向にあります。手術後すぐにリハビリを開始しますが、回復の程度に応じて、当院と連携した、手術後リハビリ治療をより専門とする病院に転院される方もいます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - - 小児形成小手術
成人形成局麻手術
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - - 小児形成小手術
成人形成局麻手術
K0081 腋臭症手術(皮弁法) - - - - - 腋臭症
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25?100cm2未満) - - - - - 全身麻酔中手術
全身麻酔小手術
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - - 全身麻酔中手術
全身麻酔小手術
1.顔面をはじめとする全身体表面のあらゆる変形や腫瘍を対象にした外科治療を行っています。皮膚の良性・悪性腫瘍などの皮膚外科治療だけではなく、加齢に伴うまぶたのさがりをもとに戻す手術や腋臭症に対する手術も行います。
2.乳がんのために乳房切除術をされた患者さんに対して、乳腺外科と形成外科が連携して乳房再建術を行うなど、手術に伴う組織欠損や変形などに対して見た目をきれいに戻すような治療にも積極的に取り組んでいます。

※10症例未満については「-」表記としています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 58 1.02 10.38 15.52 78.55 慢性硬膜下血腫
K1781 脳血管内手術(1箇所) 18 1.94 19.78 22.22 62.44 未破裂動脈瘤コイル塞栓術
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 18 5.83 11.06 11.11 74.72 頚動脈ステント留置術
K178-4 経皮的脳血栓回収術 17 1.88 25.76 52.94 74.88
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14 1.57 31.43 42.86 70.93 未破裂脳動脈瘤クリッピング
1.脳疾患の手術では、頭にメスを入れる開頭手術と、手首又は足の付け根からカテーテルと呼ばれる細い管を血管に通して行うカテーテル手術があります。
2.当院で行われている脳血管内手術(1箇所)・経皮的頸動脈ステント留置術・経皮的脳血栓回収術はカテーテル手術にあたります。開頭手術に比べ、身体の負担が少なく、手術の跡が殆ど残らない手術です。
3.未破裂脳動脈瘤に対しては、開頭した中で、瘤を形成している血管を小さなクリップで留めて血流を遮断し、破裂を未然に防ぐクリッピング術が行われる場合もあります。
4.頭をぶつけるなどの外傷により、硬膜とくも膜の間に徐々に血腫ができる慢性硬膜下血腫に対しては、局所麻酔下で頭蓋骨にドリルで小さな穴を開け、そこから血腫を洗い出す手術が行われます。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 40 4.40 7.93 0.00 69.83 胸腔鏡下肺部分切除術
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 19 3.63 4.05 10.53 39.95 胸腔鏡下肺部分切除術
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 17 2.24 5.59 0.00 69.12 胸腔鏡下肺部分切除術
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 14 5.43 10.00 0.00 71.57 肺葉切除術
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 12 5.33 5.83 8.33 50.50 胸腔鏡下肺部分切除術
1.肺癌手術が最も多く、特に胸腔鏡を用いたものが多いです。開胸する手術とは異なり、低侵襲で体への負担も少ないため、入院期間を短くすることができます。
2.気胸に対して、胸腔鏡下肺切除術を重症度に応じて実施しています。胸腔鏡下肺縫縮術も気胸に対する手術治療のひとつです。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 104 1.13 4.32 0.00 38.64 腹腔鏡下付属器手術
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 88 1.16 5.76 0.00 47.51 腹腔鏡下膣式子宮全摘術
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 42 1.00 5.64 0.00 38.45 腹腔鏡下子宮筋腫核出術
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 42 7.55 7.02 0.00 33.79 帝王切開術
K867 子宮頸部(腟部)切除術 33 0.09 1.15 0.00 38.94 子宮頸部円錐切除術
1.腹腔鏡を使用しての子宮筋腫や卵巣腫瘍の切除術が多くを占めています。腹腔鏡手術は開腹手術に比べて傷も小さく、また、一般的に入院期間も短くなります。
卵管と卵巣を子宮附属器といいます。卵管と卵巣の良性腫瘍を摘出することとなります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 772 0.09 1.03 0.00 74.19 白内障手術(1泊2日)
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 273 0.27 5.14 0.00 67.90 網膜硝子体手術(前日入院)
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 59 0.20 4.00 0.00 70.37 網膜硝子体手術(前日入院)
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 43 0.14 4.77 0.00 71.95 緑内障手術
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) 24 0.00 2.08 0.00 67.33 光線力学療法(PDT)
1.最も多い水晶体再建術とは、白内障の手術です。当院では、ほとんどが1泊2日での退院となります。
2.硝子体茎顕微鏡離断術(網膜付着組織を含む)の手術の適応疾患は、裂孔原性網膜剥離、網膜前膜、黄斑円孔、糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症などがあり、白内障の次に多い手術となります。
3.硝子体出血や硝子体混濁、眼内炎などの疾患には、硝子体茎顕微鏡離断術(その他のもの)の手術を行なっています。硝子体手術では、術後の入院日数が長くなります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 24 1.00 6.29 0.00 24.92 扁桃摘出術
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 20 1.15 5.75 0.00 54.85 副鼻腔手術(全身麻酔)
副鼻腔手術(局所麻酔)
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 13 0.92 6.08 0.00 64.92 副鼻腔手術(全身麻酔)
副鼻腔手術(局所麻酔)
K319 鼓室形成手術 11 1.27 9.27 0.00 44.91 鼓室形成術
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - - 頸部リンパ節生検
1.上記表は診療報酬算定によって細分化された実数です。実際の耳鼻科手術の分類では年間約200例の手術を行う中で、割合の多い手術は以下の通りです。
鼻・副鼻腔手術は49例、甲状腺・副甲状腺手術は26例、口蓋扁桃・アデノイド手術は26例、耳科手術は13例、喉頭微細手術が12例です。

※10症例未満については「-」表記としています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - - 経皮的内視鏡的胃瘻造設術(PEG)(前経管食用)
K0031 皮膚皮下粘膜下血管腫摘出術(露出部、長径3cm未満) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
神経内科の入院中に他の診療科で行われた手術が計上されています。

※10症例未満については「-」表記としています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 21 0.00 5.90 4.76 82.33 皮膚科(局部麻酔)手術
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 14 0.00 1.36 0.00 55.43 皮膚科(局部麻酔)手術
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - - 皮膚科(局部麻酔)手術
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - - 皮膚科(局部麻酔)手術
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - - 皮膚科(局部麻酔)手術
1.皮膚悪性腫瘍は、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫といったものがあります。皮膚悪性腫瘍切除術は侵襲が少ないので、高齢の患者さんでも施行できます。
※10症例未満については「-」表記としています。
腎臓・泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 165 0.05 0.36 3.03 73.48 内シャント血管内治療(日帰り)
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 117 1.91 3.15 0.00 72.27 経尿道的膀胱腫瘍切除術
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 57 2.25 4.33 5.26 65.68 経尿道的尿管結石砕石術(4日間)
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 48 3.06 12.50 6.25 68.94 シャント造設(前腕)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 43 1.02 8.91 11.63 70.56
1.近年、慢性腎臓病の治療で人工透析を導入する患者さんが増えています。人工透析に使用する「透析シャント」は手術によって作成します。その手術が、4番目に多い「内シャント又は外シャント設置術」です。作成されたシャントを使用し、人工透析を続けていく中で、シャントの狭窄・閉塞といった障害が生じることがあります。その障害を改善するために行う手術が、1番件数の多い「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」です。
2.2番目に多い手術は、膀胱癌に対して尿道から内視鏡を入れて腫瘍を切除する「膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)」です。
3.3番目に多い手術は、腎臓や尿管などにできた結石を尿道から内視鏡を入れて除去する「経尿道的尿路結石除去術(レーザー)」です。また、結石を自然に体外へ排石するための通り道を作成する「経尿道的尿管ステント留置術」が5番目に多い手術となっています。膀胱癌などの腫瘍や尿路結石の大きさによって、開腹にて手術を行う場合がありますが、体への負担の少ない内視鏡を用いた手術を中心に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 25 0.20
180010 敗血症 同一 70 0.55
異なる 60 0.47
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 20 0.16
180040 手術・処置等の合併症 同一 266 2.08
異なる - -
これらの指標は感染症や合併症の発症率を示したものです。
1.病気やけがの治療を進める過程で、ウイルスや細菌による感染や合併症を発症する場合があります。これらの発症率は低いほうが良いのですが、免疫力が低下している時に合併して発症することが多いため、管理が難しい症例と言えます。改善できるよう努めています。
2.入院契機の列の「同一」とはその症状が原因で入院となったことを示し、「異なる」とは他の症状で入院をしていたが、その症状の治療をもっとも行ったことを示しています。
3.「手術・処置等の合併症」266件の約8割(220件)が「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を施行した症例です。
人工透析に使用する「透析シャント」は手術によって作成します。作成されたシャントを使用し、人工透析を続けていく中で、シャントの狭窄・閉塞といった障害が必ず生じます(合併症)。その際に行うのが「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」です。継続した治療が必要な透析においては必須の治療と言え、開業医の先生からの紹介件数も多くなっています。

※10症例未満については「-」表記としています。
更新履歴
2017/09/06
データ作成
2017/09/26
全国平均のデータを反映し、各診療科のコメントを掲載