第9回 中部ブロック赤十字病院 スポーツ大会 2017/8/8(火)

730

中部ブロック赤十字病院スポーツ大会が、中京大学で開催されました。

前日に開会式が行われました。

アトラクションでは、野口院長をはじめとする幹部のパフォーマンスと、若者たちによるキレキレのダンスが披露され、福井赤十字病院をアピールしました。

 

大会当日は、午前中小雨が降る中熱戦が繰り広げられ、日頃の練習の成果を発揮していました。

 

軟式野球部、見事優勝!!  おめでとうございます。

昨年に引き続きの優勝です。しかも、2年連続逆転満塁ホームランで、劇的な優勝となりました。

全国大会も頑張ってください。

フットサルも昨年に引き続き、準優勝で全国大会出場を決めました。

決勝戦は、後半の追い上げが見事でしたが、一歩及ばず残念でした。

この悔しさを、全国大会にぶつけて頑張ってください。

バレーボールは、3位でした。

少ない人数の中、チームワークで去年の雪辱を果たしました。

バスケットボールは、激戦でした。残り数分で逆転負け!!本当に惜しかったです。

軟式テニスも、人数の少ない中頑張りました。初戦から、昨年度の優勝チームとぶつかりましたが、堂々と戦い抜きました。              

フレンドリー戦では勝利を手にしました。

最後に、駅伝チームです。小雨の振る中、力走しました。結果は、18チーム中11位。

平均年齢が・・・なのに、よく頑張りました。

強豪がひしめく中、軟式野球部とフットサルが全国大会へ切符を手に入れました。全国大会でのご活躍をお祈りしています。

 

 

福井赤十字病院 新卒看護師たちのいま(2017年9月)


 暑かった夏も少しずつ遠ざかり、秋になってきました。当院の新卒看護師たちは、8月下旬から、ぼつぼつと夜勤に入り始めました。
 9月8日、「留置針の刺入実技試験」と「アナフィラキシー対応」の研修を行いました。
 留置針の刺入実技試験には、全員が合格。物品の配置や自分の立ち位置を自然に調整し、処置をする動きがとてもスムーズになりました。
 この実技試験の後、グループに分かれて、7-8月を振り返っての語り合いとアナフィラキシーショック対応のシミュレーションを行ないました。語り合いでは、各々の今の辛さを話し、共有しました。またシミュレーションを行なうことによって、急変時の対応が少しでもイメージできたのではないかと思います。
新卒看護師たちは、少しずつ、でも着実に成長しています。

過去の記事はこちら


〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号
TEL.(代) FAX.0776-36-4133
E-mail webmaster@fukui-med.jrc.or.jp
Copyright© Japanese Red Cross Fukui Hospital, All Rights Reserved.