看護部長挨拶

 看護師(救護員)の養成・育成は日本赤十字社の使命であり、福井赤十字病院では新人教育や継続教育の支援体制が充実しています。また、急性期病院の中で優しい看護(笑顔と技)を行うために、デイパートナー方式の看護体制を取り入れています。毎日の看護業務をパートナーと一緒に行うことで、不安なく業務ができます。そんな福井赤十字病院の中に「あなたの居場所」を見つけてください。大切なパートナーを待っています。

看護部長 内田 智美

新人看護師

患者さんとその家族への気配りを心がけ、
視野を広く持ち、寄り添える看護師になる。
1-7病棟/看護師経験1年
福井県立大学卒
 土田 麻央

 高校2年生の時、看護師の体験実習に参加したことがきっかけで、この仕事に興味を持ちました。現在は、糖尿病や化学療法を受ける患者さんの看護に従事し、患者さんはもちろん、そのご家族との交流やケアにも心を配っています。
 日々の業務は命に関わることが多く、とにかく緊張の連続です。そのせいか、学生時より細かなところまで目が行き届くようになり、几帳面な性格になったような気もします。仕事中に、患者さんからの「ありがとう」「楽になったよ」の言葉で張り詰めた緊張が一時ほぐれ、その都度、やりがいと喜びを感じます。
 これからも、充実したレベル教育や院内研修に参加しながら知識と技術を磨くことで広い視野を持ち、患者さんにしっかりと寄り添える看護師になりたいです。

訪問看護師になるために様々な経験と
看護に必要なキャリアを積んでいく。
ICU/看護師経験1年
敦賀市立看護大学卒
 天谷 零

 祖父の療養中、何もできなかった無力感から、看護師になって辛い思いをしている患者さんの力になろうと心に決めました。そして今、集中的な治療を必要とするICUで、安全で安楽なやさしい看護を行っています。特に積極的な声掛けを心がけています。
 ICUは重症患者さんをケアする現場なので新人にとっては重責です。でも決して一人ではなく、先輩や上司のサポートや的確なアドバイスがあるからこそ、日々の業務に全力で向き合えています。
 将来の目標は訪問看護師になることです。当院にはあらゆる分野のキャリアを積むことができる環境があります。今は目標に向って様々な経験を積み重ねて勉強し、患者さんとのコミュニケーションを大切にしたいです。

プリセプター

より良い看護と後輩への指導経験は、
人間的な成長にもなる。
2-4病棟/看護師経験5年
助産師・保健師 齊藤 みか

 家族の病気を機に放射線技師を目指していましたが、勉強を深めていくと看護師や助産師にも興味が出てきました。助産師資格を取得し、現在は婦人科病棟に勤務しています。
 近年、不妊治療や若い女性の来院も多く、同性として深く寄り添い、患者さんにとって居心地の良い空間を提供できるよう心がけています。また、災害救護班にも所属し、災害看護の能力向上にも努めています。
 現在は、プリセプターとして後輩を指導しています。自分の新人時代、やさしくて頼りになる先輩方からたくさん学びました。それを思い出しながら、後輩が不安にならないようなサポートを心がけています。指導する立場になって実感するのは、視野が広がったことです。後輩や学生への指導を通じて人間的な成長も得ることができました。

エキスパート

患者さんから学び、経験を積み重ねることで、
活躍の場は増えていく。
2-6病棟/看護師経験23年
がん看護専門看護師・がん化学療法看護認定看護師 冨永 知恵子

 姉の体調不良を目の当たりにして看護の道を目指しました。学生時の実習で脳神経外科を経験し、入職後も同科へ配属されました。日々症状が激変する患者さんから看護の重要性を学ばせていただきました。
 その後、血液内科へ配属され、複雑ながん化学療法を患者さんにわかりやすく伝える必要があると感じて、認定看護師になることを決意しました。最初は患者さんのためでしたが、全体を俯瞰できるようになり、自分の成長にもつながりました。資格取得までの職場内サポートは万全で、勉強にも集中することができました。私が得た専門知識や技術は今、看護の現場で広く活用されています。
 現在は、がん看護専門看護師として、グリーフケアにも通じる業務に従事しています。患者さんが不安な時にこそ寄り添える看護師は、縁の下の力持ち的な存在です。専門性を高めることで今後さらに活躍の場が広がり、やりがいも大きくなっていくと確信しています。