看護部長挨拶

 看護師(救護員)の養成・育成は日本赤十字社の使命であり、福井赤十字病院では新人教育や継続教育の支援体制が充実しています。また、急性期病院の中で優しい看護(笑顔と技)を行うために、デイパートナー方式の看護体制を取り入れています。毎日の看護業務をパートナーと一緒に行うことで、不安なく業務ができます。そんな福井赤十字病院の中に「あなたの居場所」を見つけてください。大切なパートナーを待っています。

看護部長 内田 智美

新人看護師

患者さんにも後輩にも気遣いができる
懐の深い、優しい看護師になる。
1-5病棟
看護師経験1年 井上 千紗貴

 看護師といえば、テレビドラマで見る病院で働く格好いい人というイメージでした。それが一変したのは高校3年の在宅看護体験です。当時、家族による介護しか知らず、在宅看護に興味津々、看護の道を決めました。
 就職先を赤十字病院にしたのは、パートナー制と充実した研修制度です。先輩は優しくて、常に「大丈夫?相談事はない?」など声をかけてくれるので不安なく業務に集中できています。日々、覚えることが多くて焦ることもありますが、根拠や理由を丁寧に教え、考えさせてくれ、一つひとつできるようになっているので成長も実感しています。当然、先輩の優しさは患者さんに対しても同様で、学ぶべきことも多数あります。私も先輩のように患者さんにも後輩にも優しい看護師になりたいです。

人の役に立てる専門職として、
DMATの資格取得を目指す。
2-8病棟
看護師経験1年 上田 悠平

 工業大学に進学しましたが、「機械相手ではなく、人と接する仕事がしたい」と思うようになりました。そして、看護師の母親の姿を見て、人の役に立つ専門職であること、ありがとうの言葉の温かさなど、看護へ関心が高まって、看護専門学校へ。災害看護に興味を持ったことで、赤十字病院への就職を決めました。
 現在、勤務するのは急性期病棟なので急変も多く、常に緊張感を持って勤務しています。でも、新人は基礎を学び、経験を積むことが重要だと考えているので、むしろ好環境だと思います。また、終末期の患者さんに対しては、その方にどれだけ関わり、力になれるのかを深く考えながら、一生懸命に看護をしています。
 多くの経験と勉強をつづけながら、将来、DMATの資格取得を目指しています。

プリセプター

学会への積極的な参加で成功例を学び、
仕事の幅をもっと広げていく。
2-6病棟
看護師経験4年 増田 真美

 高校までは保育士への憧れがありましたが、より専門性の高い看護師にやりがいを見出しました。奨学金でお世話になり、教育研修 制度の充実が、就職の決め手になりました。
 呼吸器内科・呼吸器外科の患者さんの中には24時間辛そうな方もいて、自分も同じ気持ちになり意気消沈することも。でも、患者さん に向き合った看護を心掛け、退院を迎える日には、やりがいと安堵感、喜びが得られます。
 プリセプターとしては、新米看護師の焦る気持ちを考え、分かりやすい指導を重視。そして笑顔を忘れないこと。笑顔は、看護師としてのモットーでもあります。
 また、赤十字病院では、全国学会参加の支援が充実しています。事例研究を発表したり、他病院の成功例を聞いて現場にフィードバックしたり、他県の看護師仲間が増えるなど得ることが多く、仕事の幅も広がります。

エキスパート

患者さんの声なき声を聴ける看護師になるため、
努力をし続ける。
ICU
看護師経験11年・集中ケア認定看護師・NST専門療法士 小川 佳代

 看護師の母親の勧めで看護師になりました。新人の頃、知識・経験不足が原因でミスを起こしました。大事には至らなかったものの、「知識を得るためにもっと勉強を!」と思い、そのためには環境を変えるべきとICUを選びました。
 ICUは生命危機のある患者さんが主で、常に生と死が隣り合わせ、急変に追われる多忙な部署です。学ぶことや経験できることが多い一方で、「これでよかったのか? 悔いのない最期を迎えられたのか?」と迷い、悩むこともあります。でも、私の目標は、“声なき声を聴ける看護師になる”こと。患者さんの表情や汗、モニターなど、細かいことを見落とさず、患者さんやそのご家族にとって悔いのない看護ができるよう力を注いでいます。
 かつてのミスを決して忘れることなく、戒めとして、今後もいろいろな経験をし、勉強しながら、看護師として精進していきます。