トップ > お知らせ詳細
  • お知らせ

広報

2013年11月20日
『医療の改善活動 全国大会』で優秀賞をいただきました!


平成25年11月9日(土)、10日(日)に大阪市で行われた第15回「医療の改善活動」全国大会では、①効率/業務改善、②安全の向上、③患者サービス/満足度向上、④診断・治療・ケアの質の向上、⑤質管理システム構築、⑥その他の28セッションで題の発表がありました。当院からは3チームが発表し、「無駄の削減や能率向上、業務環境の改善」および「患者サービス・患者満足度の向上」のセッションにおいて見事優秀賞をいただくことができました。

来年は当院が全国大会の当番となるため、2セッションで優秀賞を受賞することができ、日頃からの医療の質の改善にかねてより努力してきた賜物であると自負しています。

 

当院では、平成12年より、QC活動(それぞれの職場において、品質を適正に管理する活動)を院内のそれぞれの職場で行うことで研鑽を重ね、年に1回の発表会を行うことで組織の活性化にもなっています。

これまでのQC活動の改善結果は、病院内のあらゆる職場において業務改善活動の成果として管理が標準化され定着してきました。「よいプロセスが良い結果を生む」ということで、日頃からの改善活動が大事であると認識しています。