トップ > 採用情報 > 薬剤師募集
薬剤部長 斎藤孝次

薬剤部長 小川純也

福井赤十字病院ではチーム医療に積極的に取り組んでおり、薬剤師もチームの一員として患者さんに安全・安心で効果的な薬物療法を提供するために日々努力しています。薬剤師となる皆さん、私たちと共に学び、信頼される薬剤師を目指しませんか。
新入薬剤師の声
上坂 歌奈
上坂 歌奈
 病院薬剤師の業務は調剤業務、注射業務、病棟業務など多岐にわたります。覚えることが多くて大変だと感じることもありますが、日を追うごとにできる業務や知識が増えていくことにやりがいを感じています。入職した当初は不安も多かったですが、カリキュラムに基づいて先輩方がひとつひとつ丁寧に教えてくださるおかげで着実に業務を覚えることができています。
 薬剤師としてはまだまだ未熟ですが、患者さんだけでなく他の医療スタッフにも信頼されるような存在になれるように、地道に頑張りたいです。
新入薬剤師の声
北島 梓
北島 梓
 当院を選んだ理由は、薬剤部内でのコミュニケーションが活発に行われており、疑問点もすぐに先輩薬剤師の方に相談し解決できる環境だと感じたからです。現在は調剤、注射、抗がん剤のミキシングなどの業務を中心に、先輩薬剤師の丁寧な指導のおかげで様々な業務を着実に覚えることができています。最近では、投薬窓口で服薬指導をする機会も増えました。患者さんの立場になって分かりやすい説明をすることは難しく、薬剤師としての知識や技術がまだまだであることを痛感しています。
 今後病棟での服薬指導も行う予定です。患者さんに寄り添い、信頼される薬剤師になれるように日々精進し成長していきたいと思います。
新入薬剤師の声
木村 武史
木村 武史
 病院薬剤師として働くようになり業務に関する事や薬剤の知識など覚えることが多い毎日ですが、他の医療スタッフの方に対して情報提供を行うことができた時や、疑義照会を行い医薬品の適正使用に貢献できた時にやりがいを感じています。まだまだ分からないことも多くありますが、先輩薬剤師がしっかりフォローしてくださるので安心して業務に取り組むことができます。
 これからも積極的に知識や技術を身につけていき、多くの場面で活躍できる薬剤師を目指して日々精進していきたいです。
先輩の声
薬剤師経験5年
坂口 綾
(金沢大学 平成26年卒)
薬剤師 坂口 綾

他職種と連携した業務の中で
得られるやりがいと喜び。

 当院では昨年度から薬剤師の病棟常駐が始まり、初回面談や服薬指導、薬剤の投与量や投与速度の確認、多職種カンファレンスへの参加など、入院中の患者さんに安全かつ適正な医療を提供できるよう日々努めています。病棟業務を始めたばかりの頃と比べて他職種の方から薬剤の投与量や相互作用などについての相談を受ける機会や服薬指導を依頼される機会も増え、やりがいを感じています。今後は多くの患者さんの治療に貢献するため、勉強して知識を増やし、認定・専門の資格取得を目指したいです。
先輩の声
薬剤師経験8年
山本 康太
(広島国際大学 平成20年卒)
薬剤師 山本康太

チーム医療に参加し、
臨床を学べる環境。

 福井県赤十字病院に就職して8年目になりました。現在は調剤業務、注射業務、病棟業務、服薬指導等の業務を学ぶ一方、専門分野として院内のNST(栄養サポートチーム)の一員として医師・看護師・管理栄養士・歯科医師・臨床検査技師等と連携し、薬剤師として患者さんに何が出来るかを考え、日々切磋琢磨しています。
 当院の薬剤師では若い薬剤師が中心となり薬剤部内で勉強会を定期的に開催しています。
 日々勉強し成長できる環境ですので、皆さんもぜひ一緒に働きましょう!!
先輩の声
薬剤師経験13年
谷澤 範彦
(金沢大学 平成15年卒)
薬剤師 谷澤範彦

業務がより円滑に行えるよう、
スタッフ指導も万全。

 当院に就職して13年目になります。普段はがん薬物療法認定薬剤師として、がん化学療法に関わる業務を主に行っています。抗がん剤の調製や監査、患者指導のようなルーチン業務や、レジメン管理、副作用大作、爆露対策などの安全面における管理を通じて、より安全ながん化学療法を患者さんに提供できるよう日々努力しています。また、病棟業務係長として病棟業務や、服薬指導を薬剤師が円滑に行えるよう調整したり、質を上げるために新人薬剤師の指導を行っています。今後も病棟における薬剤の適正使用を推進することで、患者さんに質の高い医療を提供していきたいです。

スキルアップ

キャリア・スキルアップの支援体制

教育方針、教育目標に基づいたキャリア・スキルアップを支援します

<教育方針>

病院の理念。基本方針に基づき、高度で良質な医療を提供するため、薬剤師として必要な知識、技術、姿勢の習得を図る。

<教育目標>

  1. 薬剤管理指導業務、病棟薬剤業務の実施とチーム医療に参画し薬物治療に貢献する。
  2. 医薬品の適正使用のための情報提供と処方提案を実施する。
  3. 患者さんとメディカルスタッフから信頼される人間性豊かな医療人を育成する。
  4. 高度医療に対応するため専門性を高め、各種資格を取得する。
  5. 救急、災害医療に資することの出来る薬剤師を育成する。
  6. 地域医療全般に視野を広げ、病診薬連携を推進する。

キャリアラダーによる2年目からの研修

経験年数に応じたキャリアラダー(レベルⅡ~レベルⅤ)により習得すべき知識、技術、姿勢を段階的に示し、その習得を評価、承認する仕組みで、個々の能力を高め、目標達成を支援します。

レベルⅡ(2年目以上)

<到達目標>
基本的な薬剤業務を自主的にできる。
目標を持った自己研修ができる。
実務実習生や新卒薬剤師への業務指導ができる。

レベルⅢ(6年目以上)

<到達目標>
知識を活用し個別性や優先度を考慮した業務を実施し、部署目標達成に貢献できる。
業務改善に積極的に取り組むことができる。
実務実習生や後輩の教育指導に関わることができる。
専門性を高め必要に応じて専門・認定の資格を取得できる。

レベルⅣ(10年目以上)(係長)

<到達目標>
薬剤部全体の運営にかかわり、部署目標達成に向けて業務を円滑に実施できるよう調整できる。
各課の業務課題を理解し、実践できる。

レベルⅤ(課長)

<到達目標>
薬剤部全体の運営にかかわり、他部署との調整、支援を行う。
病院の方針に基づいて業務目標を定め、目標達成に向けて指導・指示できる。

各種認定

院内において薬剤師の果たすべき役割が多岐にわたり求められています。そのためにキャリア・スキルアップが重要になります。本院では、各種学会の認定・専門薬剤師を目指しています。

日本病院薬剤師会、日本医療薬学会

  • がん薬物療法認定薬剤師、がん専門薬剤師
  • 感染制御認定薬剤師、感染制御専門薬剤師
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師

日本静脈経腸栄養学会

  • 栄養サポートチーム専門療法士

日本糖尿病学会

  • 日本糖尿病療養指導士

日本化学療法学会

  • 抗菌化学療法認定薬剤師など

日本褥瘡学会

  • 日本褥瘡学会認定師

日本臨床救急医学会

  • 救急認定薬剤師

日本緩和医療薬学会

  • 緩和薬物療法認定薬剤師

学会発表

学会に積極的に参加し、新しい知見を取り入れています。

研修会

病院の研修会、薬剤部での研修会を計画的に行っています。
全職員を対象として行う病院全体の研修会
月2回行う薬剤部の研修会