トップ > 採用情報 > 薬剤師募集
薬剤部長 斎藤孝次

薬剤部長 斉藤孝次

福井赤十字病院ではチーム医療に積極的に取り組んでおり、薬剤師もチームの一員として患者さんに安全・安心で効果的な薬物療法を提供するために日々努力しています。薬剤師となる皆さん、私たちと共に学び、信頼される薬剤師を目指しませんか。
先輩の声 薬剤師 山本康太

専門性のある薬剤師を目指し
医療に貢献したい。

 父親が薬剤師だった事もあり、幼い頃から薬剤師を志すようになりました。大学卒業後に治験コーディネーター(CRC)として、他県で勤務を経て、故郷である福井県で薬剤師として患者さんに貢献したいと思い当院に就職しました。
 専門性のある薬剤師を目指して当院の医療に貢献したいと思います。
 当院では若い薬剤師が中心となり薬剤部内で勉強会を定期的に開催しています。日々勉強し成長できる環境ですので、皆さんも頑張って一緒に働きましょう!!
先輩の声
品川 あゆみ
(城西国際大学薬学部医療薬学科 平成21年卒)
薬剤師経験 品川あゆみ

向き合うことで患者さんが安心できる
顔の見える薬剤師へ。

 午前中は調剤業務、午後からは病棟業務やTDM業務を行い、忙しいながらもやりがいのある毎日を送っています。病棟業務では症状が改善したか、副作用が出ていないかを、患者さんのより近くで確認することができます。医師や看護師など他の医療スタッフと連携する場面も多く、薬剤師の専門性を存分に発揮できるよう日々奮闘中です。
 今年は認定や専門薬剤師の資格取得が目標です。楽しむ時は楽しく、やるべきところは集中して仕事ができる環境で、一緒に頑張ってみませんか?
先輩の声
谷澤 範彦
(金沢大学薬学部製薬学科 平成15年卒)
薬剤師 谷澤範彦

薬剤師の本質を理解し
より専門性の高い化学療法を目指す。

 当院に勤務してから、がんに関わる業務に従事したいと思い、がん薬物療法認定薬剤師の資格を取得。現在は、抗癌剤の調製、化学療法のレジメン管理、薬剤管理指導、副作用対策の立案などを主に行っています。
 化学療法を適正かつ安全に行うことが薬剤師の役割であると考え、そのためには普段より自己研鑚を図り、得た知識を患者さんのために生かしていくことが重要です。
 最近では、新しく外来化学療法室も建設され、より質の高い化学療法を提供できるよう頑張っていきたいです。

スキルアップ

スペシャリストになるために。当院では各種学会の認定・専門薬剤師を目指し、研修会の開催など、知識を深めるための支援体制を組んでいます。

各種認定

院内において薬剤師の果たすべき役割が多岐にわたり求められています。そのためにキャリア・スキルアップが重要になります。本院では、各種学会の認定・専門薬剤師を目指しています。

日本病院薬剤師会、日本医療薬学会

  • がん薬物療法認定薬剤師、がん専門薬剤師
  • 感染制御認定薬剤師、感染制御専門薬剤師
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師

日本静脈経腸栄養学会

  • 栄養サポートチーム専門療法士

日本糖尿病学会

  • 日本糖尿病療養指導士

日本化学療法学会

  • 抗菌化学療法認定薬剤師など

日本褥瘡学会

  • 日本褥瘡学会認定師

日本臨床救急医学会

  • 救急認定薬剤師

日本緩和医療薬学会

  • 緩和薬物療法認定薬剤師

学会発表

学会に積極的に参加し、新しい知見を取り入れています。

研修会

病院の研修会、薬剤部での研修会を計画的に行っています。
全職員を対象として行う病院全体の研修会
月2回行う薬剤部の研修会