トップ > 診療科紹介 > 皮膚科

皮膚科

皮膚癌からアトピー性皮膚炎まで皮膚に関する全ての疾患を対象にしています。
特に皮膚悪性腫瘍(皮膚癌)の早期発見・治療に力を入れています。早期に発見し患者さんの負担の少ない治療を目指しています。
 皮膚癌からアトピー性皮膚炎まで皮膚に関する全ての疾患を対象にして種々の治療を行っています。
 特に皮膚悪性腫瘍(皮膚癌)の早期発見・治療に力を入れています。できものが突然できてきたり、大きくなってきた場合はお気軽にご相談ください。
 良性腫瘍では、メスを使わない治療法(冷凍療法、レーザー治療など)や、できるだけ小さな切開で済む手術法の選択を心がけています。
 糖尿病や膠原病などによる皮膚潰瘍の治療も行っています。
 脱毛症外来では、円形脱毛症の治療を行っています。完全予約制ですので、まず一般の外来を受診してください。
 アトピー性皮膚炎や乾癬、慢性じんま疹などはガイドラインに沿った治療を心がけています。乾癬やじんま疹、アトピー性皮膚炎の患者さんでこれまでの治療では十分な効果が得られなかった方には、「生物学的製剤」が使えるようになりました。
副部長
副部長:八木 洋輔

センチネルリンパ節生検(SNB)で転移の有無を判定

センチネルリンパ節生検とは、癌周辺に特殊な色素などを注入し、微小なリンパ節転移の有無を判定する方法です。この方法を取り入れ、治療方針を決定しています。
これにより皮膚癌治療に対する患者さんの負担が大幅に軽減しました。

治療法を組み合わせる円形脱毛症

円形脱毛症に対し、各種内服・外用療法、紫外線治療、局所免疫療法などを組み合わせて治療を行っています。

乾癬を生物学的製剤で治療

乾癬、じんま疹やアトピー性皮膚炎の患者さんでこれまでの治療では十分な効果が得られなかった方に対し、「生物学的製剤」を使用しており、これまでの治療薬にはない劇的な効果があるといわれています。安全性に十分配慮しながら積極的に投与しており、高い効果が得られています。
乾癬治療

メイクアップケア外来

皮膚の色の変化(白斑、赤あざ、青あざ、色素沈着など)や皮膚の凹凸(やけどの跡、手術の跡など)の患者さんが対象です。NPO法人メディカルメイクアップアソシエーションの協力のもとメイクアップの専門家がメイクアップ指導を行います。メイクアップにより皮膚疾患による患者さんの心の負担を軽減することを目的としています。完全予約制です。

皮膚疾患に関する症状と治療法

詳しくはこちら

専門外来

○火曜日 午後(完全予約制)
 レーザー外来、外来手術
○木曜日 15:00〜16:00
  脱毛症外来
○不定期
 メイクアップケア外来(完全予約制)

診療実績

入院症例 平成28年度 平成29年度 平成30年度
帯状疱疹 49 67 103 219
皮膚感染症 41 57 64 162
良性腫瘍 30 5 14 49
悪性腫瘍 29 34 39 102
その他入院 113 167 142 422
262 330 362 954
手術症例(入院・デイ) 平成28年度 平成29年度 平成30年度
良性腫瘍 65 71 123 259
悪性腫瘍 33 34 37 104
98 105 160 363
レーザー 平成28年度 平成29年度 平成30年度
77 32 31 140