トップ > 診療科紹介 > 放射線科

放射線科

各種画像診断、および放射線治療を担当します。
各種画像(CT、MRIなど)の専門的な評価・判断を行い、適切な診断・診療に繋げるべく各科と密接に連携を図っています。
画像検査に必要な設備のない近隣の病院・医院からの依頼検査も行います。(紹介状と予約が必要です)
放射線治療は癌・腫瘍性疾患を中心に、内科・外科と連携して一体となった治療を目指しています。
診断・IVRについて
単純X線写真、CT、MR、血管造影(脳と心臓以外)、核医学検査、非血管IVRなどの検査、診断、および治療を行っています。
他科のニーズに迅速に対応すべく、入院患者さんのCT・MRは予約なしで1~2日以内で施行し、報告書は核医学検査以外は検査当日に作成しています。

放射線治療について
リニアックによる外照射を行っています。
全ての照射について、CTをもとに3次元の線量分布を描き、治療の最適化を行っています。また、脳、頭頚部の定位的放射線手術、肺腫瘍に対する分割の定位照射などの高精度放射線治療が行えます。

PET/CT装置の導入
当病院では、更に検査精度を高めるため、PET/CT装置を導入いたしました。このPET/CT装置では、PETにより特定のがんを発見すると同時に、詳細な位置や形態を把握することが可能になり、より的確な診断・治療に結びつきます。
PET/CT装置とは

部長:左合 直

年報統計

  平成24年度 平成25年度 平成26年度
一般撮影・透視部門
撮影検査件数 89,821 94,086 92,763
単純撮影  
胸部 48,658 51,274 51,796
腹部
骨部 32,258 33,853 32,155
マンモ 3,161 3,106 2,929
パントモ・デンタ 1,868 1,912 1,934
その他 (H18以降LG含) 1,075 1,084 1,071
造影剤使用撮影  
消化器系 1,542 1,607 1,639
泌尿器系 401 457 484
婦人科系 15 12 21
関節・脊髄 342 225 268
その他 501 556 466
CT部門
CT検査件数 16,911 17,585 18,031
頭頚部 7,088 7,041 7,156
胸腹部他 9,823 10,544 10,875
MR部門
MR検査件数 8,716 9,196 9,297
頭頚部 5,114 5,402 5,277
躯幹 2,857 2,998 3,169
その他 745 796 824
骨塩定量検査
検査件数 3,265 3,235 3,069
血管撮影部門
血管撮影件数 828 936 916
頭部 343 401 333
腹部他 61 73 79
心臓、下肢 424 462 504
核医学部門
RI検査件数 1,597 1,685 1,826
 頭部 242 251 339
 内分泌 46 33 44
 心臓 202 223 252
 呼吸器 21 10 18
 腹部泌尿器 73 66 61
 骨・軟部 440 483 447
 血管 3 3 4
 PET 570 616 658
 治療 0 0 3
放射線治療部門
治療件数 5,202 5,409 4,719
LINAC 5,159 5,379 4,696
 IORT 0 0 0
 X-Knife 4 2 11
 体幹部定位照射 8 21 56
 全身照射 0 0 6
温熱治療 36 25 17
小線源治療 6 5 6
総件数 126,340 132,132 130,621

使用機器について

詳細はこちら

PET/CT装置について

詳細はこちら

診療実績

超音波検査
部位 / 年
(平成)
平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
腹部
(放科施行)
11,741
(11,624:99%)
12,034
(11,914:99%)
12,716
(12,664:99%)
12,962/(22)
12,920
13,206/(20)
13,004
12,681/(28)
12,611
ドック 2,617 2,694 2,764 2,677 2,757 2,786
乳腺 2,401 2,438 2,396 2,176 2,165 2,143
頚部 2,640 2,608 2,803 2,882 3,080 3,212
その他 1,321 1,376 1,325 1,246 968 840
総数 18,103 18,456 19,240 19,266 19,419 18,876
・腹部下段は放射線科(放射線技師のドック例も含む)施行数と%
・腹部の件数はドックも含む
・腹部の( )は造影件数
・ドックは診療放射線技師が施行
・頚部、その他は放射線科医が施行
・乳腺は外科医が施行
放射線科部消化管造影検査統計
部位 / 年(平成) 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
上部消化管 1,132(1,001) 1,093(934) 1,014(904) 911(817) 925(802) 867(779)
小腸 14 (3) 27 (4) 18 (1) 13 (0) 45 (2) 62 (3)
大腸 29 (15) 21 (10) 24 (12) 18 (5) 14 (3) 6 (3)
    ( ):放射線科担当件数
非血管系IVR
部位 / 年(平成) H19年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年
PTCD (stent) 46 (8) 25 (6) 25 (3) 24 (5) 8 (2) 38 14 (2) 11
胆嚢ドレナージ 6 6 8 8 11 9 11 5
膿瘍ドレナージ(吸引) 22 12 19 24 15 14 14 12 (1)
RF (ラジオ波凝固) 15 17 25 17 6 11 6 10
PEIT 0 0 0 0 0 0 0 0
エコー下生検 23 31 35 47 30 35 37 31
CT下生検 1 1 0 2 0 0 0 0
6 2 1 1 13 1 5 1
総数 119 94 113 123 83 108 87 70
血管系IVR
  H19年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年
1) 肝腫瘍TAE 44 41 54 39 18 24 35 25
2) 動注 3 5 6 2 5 3 3 0
3) 止血TAE 5 3 6 2 7 5 6
4) PTA (stent) 0 0 0 0 0 0 0 0
5) BRTO 0 3 2 0 1 2 5 3
6) 動注リザーバー 6 2 5 1 0 1 0 0
7) その他 1 0 1 0 3 4 0 4
8) マッピング 44 6 2 3 5 4 1 0
総数 103 60 70 51 34 45 49 38
温熱治療症例数内訳
疾患 / 年(平成) 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
肺・縦隔腫瘍 6 1 6 6 0
乳癌 1 2 4 0 0
肝臓癌 (原発、転移) 0 0 0 0 0
胆道・膵癌 0 0 1 0 8
泌尿器系腫瘍 0 0 0 0 0
子宮癌 0 0 0 0 0
その他 1 2 0 0 0
温熱回数 39 20 44 23 8
放射線治療 (通常外照射) 症例数内訳
平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
総症例数 315 220 244 237 246
脳腫瘍 11 9 5 1 9
頭頚部腫瘍 19 12 9 9 13
(うち、咽頭・喉頭腫瘍) (9) (6) (6) (6) (12)
肺・縦隔腫瘍 112 70 72 69 58
乳癌 54 48 58 58 50
食道癌 8 10 7 7 5
肝・胆・膵腫瘍 12 7 9 14 9
(うち、胆道・膵癌) (12) (3) (7) (12) (8)
胃・小腸・結腸・直腸 *2 - 6 (*1) 13 (*1) 13 (*1) 17 (*1)
泌尿器系腫瘍 30 28 46 41 46
(うち、前立腺癌) (24) (21) (29) (29) (28)
子宮癌 1 3 4 3 6
その他 15 27 21 22 33
転移性骨腫瘍 53 45 (*2) 46 (*2) 45 (*2) 32 (*2)
*1 : 平成21年分以前は、特殊照射(定位照射・小線源治療・全身照射・術中照射)を除いた、通常外照射症例の総数。平成22年分以前は、通常外照射・特殊照射を併せた全症例の総数。
*2 : 日本放射線腫瘍学会の項目立てに倣って、平成23年分以降、項目を独立させた。平成22年分以前は「その他」の項目に含まれていた。
*3 : 一般的には転移性腫瘍も原発巣により分類されることに倣い、平成23年分以降は、転移性骨腫瘍も原発巣(今回の表では、「脳腫瘍」から「その他」までの項目)によって分類し、それとは別に、転移性骨腫瘍治療症例の総数を計算した。平成22年分以前は、転移性骨腫瘍症例は、原発巣(「脳腫瘍」から「その他」までの項目)の分類には含めず、別個に勘定されている。
放射線治療(特殊治療)症例数内訳
治療法 / 年(平成) 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
定位照射  
   頭部 (Xknife) 13 4 5 5 9
   体幹部 (肺腫瘍) 10 10 10 6 11
前立腺小線源治療 6 8 9 4 8
全身照射 (TBI) 2 1 0 0 1
術中照射 (膵癌) 0 0 0 0 0