トップ > 診療科紹介 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科・頭頚部外科領域一般、すなわち耳・鼻・口・のどの疾患、頸部における手術対象となる疾患(甲状腺腫瘍など)を扱っています。
急性期疾患である炎症疾患、腫瘍性疾患を主に扱っています。
短期間入院で、外科的治療を主目的としています。
病診連携を重視し、紹介、逆紹介患者を最優先としています。

外来日帰り手術・処置

  • 慢性中耳炎に対する鼓膜形成手術(接着法)
  • 良性の甲状腺腫・上皮小体嚢胞・頸部嚢胞性疾患に対するアルコール注入療法(PEIT)
  • 声帯ポリープ等に対する軟性ファイバースコープ下手術
  • アレルギー性鼻炎に対するレーザーを用いた粘膜焼灼術
従来では長期入院を要した慢性中耳炎、甲状腺腫瘍、声帯ポリープ等の手術治療ですが、症例によっては外来または1-2泊程度の短期入院で治療が可能です。
これにより患者さんの時間的・経済的なご負担がとても少なくなりました。
  詳細はこちら

入院手術

副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)に対する手術は、従来の上顎の歯肉を切開し顔面の骨を削って行う方法から、内視鏡を用い鼻の穴から行う、より身体への負担が少ない方法に移行しています。
当科では、最新の医療機器(硬性内視鏡、マイクロデブリッダ、内視鏡洗浄器、レーザー、ナビゲーションシステムなど)を駆使し、低侵襲かつ安全な手術を目指しています。
また、これらの機器は副鼻腔炎だけでなく腫瘍性病変の手術の際にも死角となる部位や危険な部位の操作において有用です。
詳細はこちら

外来検査

耳鼻咽喉科は聴覚・平衡覚・嗅覚・味覚等の感覚や、嚥下、音声などの機能的な疾患を扱うため、これらを正しく評価することが適切な治療につながります。
当科では下記の検査機器を備えており、より正確な病態の把握に努めています。
  • オージオメータ : 1998年以降の純音聴力検査をすべてデータベース化
  • インピーダンスオージオメータ : ティンパノメトリ、アブミ骨筋反射など
  • DPOAE
  • 耳管機能検査
  • 電子スコープ : 電子カルテとリンク、HDレコーダによる動画・音声を記録
  • 音声分析装置
  • 喉頭ストロボコピー
  • 鼻腔通気度計
  • 誘発電位・筋電図検査装置
  • 赤外線フレンツェル眼鏡
  • 眼球運動検査装置、電気眼振計
  • 重心動揺計
  • 補聴器特性測定装置
  • 音場法による聴力測定機器
  • 扁桃刺激装置 : 扁桃誘発試験
  • 電気味覚計

専門外来

○ 毎週水曜日 13:30〜16:00(予約制)
  補聴器外来

診療実績

手術統計表
手術名 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
鼓膜形成術 3 3 1 3
鼓室形成術 19 4 9 8
顔面神経減荷術 0 0 1 0
鼻中隔矯正術 20 14 24 7
鼻甲介切除術 14 9 16 10
前頭洞根本術 6 1 0 0
術後性上顎嚢胞手術 3 4 3 4
内視鏡下鼻副鼻腔手術 39 42 68 52
鼻副鼻腔良性腫瘍手術 0 3 3 3
鼻副鼻腔悪性腫瘍手術 1 1 3 1
口蓋扁桃摘出術 40 30 35 27
舌・口腔良性腫瘍手術 13 11 3 3
舌・口腔悪性腫瘍手術 2 3 0 1
顕微鏡下喉頭微細手術 7 13 23 23
喉頭悪性腫瘍手術 1 3 1 2
喉頭形成術 3 1 2 6
気管切開術 12 20 12 15
頚部良性腫瘍手術 8 8 3 8
頸部郭清術 7 11 9 11
顎下腺摘出術 5 0 1 1
顎下腺良性腫瘍手術 2 2 3 2
耳下腺良性腫瘍手術 14 10 6 9
甲状腺良性腫瘍手術 19 17 20 22
甲状腺亜全摘術 3 0 2 3
甲状腺悪性腫瘍手術 24 27 18 31
鼓膜チューブ留置術 13 34 27 20
鼻茸切除術 2 1 6 8
鼻粘膜焼灼術 1 4 1 2
頚部リンパ節生検 47 21 21 16
異物摘出術 1 0 3 5
アデノイド切除術       8
耳瘻孔摘出術       4
外鼻形成術       2
涙嚢鼻腔吻合術       3
唾石摘出術       3
声門開大術       2
気管喉頭分離術       1
上皮小体腺腫・過形成手術       3
その他 77 16 27 2
入院患者数 406 452 469 492