トップ > 診療科紹介 > 腎臓・泌尿器科

腎臓・泌尿器科

腎臓・泌尿器科新設のお知らせ
 2009年4月からスタートした腎臓・泌尿器科は従来内科の一専門分野であった腎臓領域と、外科系の一専門分野であった泌尿器科を統合させたものです。
 泌尿器科領域につきましては、いままでどおり悪性腫瘍、尿路結石、排尿障害、小児泌尿器科、女性泌尿器科などに対応しております。腎、副腎の腹腔鏡下手術、前立腺癌に対するロボット支援手術、尿路結石に対する内視鏡治療、膀胱脱・子宮脱など骨盤臓器脱に対する手術、腎移植等、高度な外科手術に取り組んでおります。
 腎臓内科領域につきましては、将来腎不全に進行する患者さんを少しでも減らすべく、慢性腎臓病の治療・腎生検による的確な診断を行っております。また、末期腎不全に進行してしまった患者さんについても透析治療を行っており、適応がある患者さんに限り泌尿器科医による腎移植治療も行っております。また、当院の特色として、透析用シャント血管不全の治療に力を入れております。
手術支援ロボット「ダヴィンチXi」を導入しました
排尿障害ガイドラインのご案内 [PDF]
透析用シャント血管の治療について
 尿路悪性腫瘍、下部尿路通過障害、尿路結石、尿路感染症、小児泌尿器科などの一般泌尿器科領域に対する、主に外科的治療を行っています。患者さんの身体の負担を考え、低侵襲手術(腹腔鏡下手術、ロボット支援手術、内視鏡手術)を中心に行っています。
 副腎腫瘍,腎臓腫瘍,腎盂尿管腫瘍,膀胱腫瘍,前立腺腫瘍,精巣腫瘍など泌尿器科領域の悪性腫瘍すべてに対応し、外科治療、化学療法、放射線療法の適切な選択を行います。難治性、再発性の腫瘍に対しても積極的に化学療法を取り入れています。
 尿路結石に対しては内視鏡手術(TUL,PNL)対外衝撃波結石破砕術(ESWL)を組み合わせ、最適な治療を行っています。
 膀胱全摘出後の尿路変向は可能な限り小腸を用いた新膀胱造設術を行っており、自排尿が可能な状態にします。
 指導医、専門医、研修医がチームを組み、24時間緊急疾患に対応しています。
 当施設で対応できない特殊な例に対しては、適切な施設への紹介を行うか、あるいは全国から専門家を招いて最善の加療を行います。

副院長:小松 和人

腎臓・泌尿器・透析センター

腎臓病患者が増加していることをご存知でしょうか。特に糖尿病性腎症による末期腎不全が、1998年をさかいに、新規透析導入患者の原因疾患として、慢性糸球体腎炎を抜いて1位になりました。総数は24万人を超え、今後もますます増加傾向にあります。
そこで私たちは、腎臓病患者を増やさないよう診療に力を入れてます。

診療科の概要

副腎、腎臓、尿路、前立腺、男性器等を対象にしています。
  • 腫瘍 : 副腎腫瘍、腎臓腫瘍、腎盂尿管腫瘍、膀胱腫瘍、前立腺腫瘍、精巣腫瘍など
  • 尿路通過障害 : 上部尿路狭窄、前立腺肥大症、尿道狭窄など
  • 尿路結石 : 腎臓結石、尿管結石、膀胱結石など
  • 尿路性器感染症 : 腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎など
  • 女性泌尿器科 : 尿失禁、排尿困難、性器脱、間質性膀胱炎など
  • 小児泌尿器科 : 尿路奇形、陰嚢水腫、停留精巣、包茎など
  • 排尿障害 : 前立腺肥大症、頻尿・尿失禁、神経因性膀胱など
  • 腎不全 : 腎移植、ブラッドアクセス、CAPDなど

診療実績

平成25年度 平成26年度 平成27年
(1月~12月)
対象臓器 術式名         
副腎・後腹膜 腹腔鏡下副腎摘出術 1 2 4
そのほかの副腎手術 2
副腎悪性腫瘍手術 1 0
腹腔鏡下副腎悪性腫瘍手術 1 0
後腹膜悪性腫瘍手術 1 0
大網,腸間膜,後腹膜腫瘍摘出術
(腸切除を伴わない)
1
副腎・後腹膜手術合計   5 2 6
腎、腎盂 腹腔鏡下生体腎採取術 1 2
生体腎移植術 1 2
経皮的尿路結石摘除術 9 11 5
経皮的上部尿管拡張術 0
体外衝撃葉腎・
尿管結石破砕術(一連につき)
64 41 33
腎部分切除術(開放) 1 1
腹腔鏡下腎部分切除術 2 1
腹腔鏡下腎嚢胞切除縮小術 0
経皮的腎嚢胞穿刺術 2 1
腎(尿管)悪性腫瘍手術/
腎摘出術(開放)
3
腹腔鏡下腎摘出術 1
腎(尿管)悪性腫瘍手術(開放) 15 6 3
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 15 22 22
経皮的腎(腎盂)瘻造設術 12 17 19
腎瘻交換 46 73
腎盂形成術(開放) 1
腹腔鏡下腎盂形成術 2 1 1
そのほかの腎、腎盂手術 2 6
腎、腎盂手術合計   168 102 174
尿管 経尿道的尿路結石摘出術 78 99 94
経尿道的尿管狭窄拡張術 1 2
経尿道的尿管ステント留置術・
交換術
304 354 351
経尿道的尿管ステント抜去術 103 118 127
尿管膀胱新吻合術 1 1
尿管膀胱新吻合(小児) 2 4 2
尿管鏡検査 9 9 13
そのほかの尿管手術 3
尿管手術合計   497 585 593
膀胱 膀胱破裂閉鎖術 0
膀胱内凝血除去術 9 12 20
膀胱結石,異物摘出術 20 22 14
経尿道的電気凝固術 15 38
膀胱水圧拡張術 4 4 3
膀胱腫瘍摘出術(開放)<K802> 0
膀胱脱、性器脱、直腸脱、
メッシュを利用するもの
9 8 16
膀胱悪性腫瘍手術(開放手術) 1 1 1
膀胱悪性腫瘍手術2全摘
(腸管等を利用して尿路変更を
行わないもの)
1 0
膀胱悪性腫瘍手術4全摘
(回腸又は結腸導管を利用して
尿路変更を行うもの)
6 6 8
膀胱悪性腫瘍手術5全摘
(代用膀胱を利用して
尿路変更を行うもの)
1 1 0
膀胱悪性腫瘍手術6経尿道的手術 103 122 99
膀胱瘻造設術 5 4 6
膀胱尿管逆流手術 3 2 1
腸管利用膀胱拡大術 0
回腸(結腸)導管造設術 0
膀胱生検 17 15 4
腹腔鏡下尿膜管切除術 1 0
そのほかの膀胱手術 8
膀胱鏡検査 5 0
膀胱手術合計   185 212 218
尿道 外尿道口切開術 1 1
尿道結石、異物摘出術
(前部/後部尿道)
2 0
外尿道腫瘍切除術<K816> 3 1 1
尿道悪性腫瘍摘出術 0
尿道形成術 1
尿道下裂形成手術 1 2
尿道狭窄内視鏡手術 12 7 8
尿失禁手術 2 3 0
尿失禁又は膀胱尿管逆流現象
コラーゲン注入手術
0
そのほかの尿道手術 3
尿道手術合計   18 14 16
陰茎 陰茎尖圭コンジローム切除術 0
陰茎悪性腫瘍手術
(陰茎切除術)<K8271>
1
陰茎悪性腫瘍手術
(陰茎切除術)<K8272>
0
包茎手術 9 3 8
陰茎生検 1
そのほかの陰茎手術
陰茎手術合計   9 3 10
陰嚢、精巣、
精巣上体、精索
精管切断術 1
精巣(睾丸)摘出術 2 2 2
停留精巣(睾丸)摘出術 0
精巣上体摘出術 0
精巣悪性腫瘍手術 8 3 2
陰嚢水腫手術 5 3
停留精巣固定術 8 7 6
精索捻転手術 2 2 2
そのほかの陰嚢,精巣,
精巣上体,精索手術
0
陰嚢、精巣、
精巣上体、
精索手術合計
  25 14 16
精嚢,前立腺 前立腺膿瘍切開術 0
前立腺被膜下出術 1 2
経尿道的手術 17 17
前立腺悪性腫瘍手術
前立腺悪性腫瘍手術(恥骨後式) 1 0
前立腺悪性腫瘍手術(腹腔鏡下) 16 12 24
前立腺生検 15
前立腺小線源療法 4 8 2
針生検(手術室) 7 6 5
そのほかの精嚢,前立腺手術 0
精嚢,前立腺手術合計   44 43 50
腎不全に対する手術 内シャントまたは
外シャント設置術
52 50 76
内シャント血栓除去術 3 3 1
連携携行式腹膜還流用
カテーテル腹腔内留置術/抜去術
3 5 10
CAPDカテーテル抜去術 5 3 2
CAPDカテーテル体表化術 2 3
VAIVT(経皮的シャント拡張術) 95 142 165
血管結紮術 6 6 1
そのほか 4 1
腎不全に対する手術合計   168 211 259
そのほかの泌尿器科手術 上皮小体過形成手術 0
骨盤内臓全摘 0
そのほかの泌尿器科手術/処置 31 31
そのほかの泌尿器科手術合計   31 0 31
総計   1150 1186 1373