トップ > 診療科紹介 > 循環器内科

循環器内科

狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心不全、高血圧、不整脈、心臓弁膜症、心筋症などの成人循環器疾患を中心に診察・治療を行っています。
近年ますます増加する循環器疾患に対して、安全でかつ高度な専門医療を提供するよう努めています。
冠動脈(128列)CTの予約を開始いたしました
 診断には、心臓超音波検査、24時間心電図(ホルター心電図)、冠動脈CT、負荷心電図、心臓核医学検査などを実施し、適切な治療方針を決定しています。
 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患では、心臓カテーテル検査を実施、薬物治療のほか、経皮的冠動脈形成術(狭窄した冠動脈をバルーンやステントで拡張する治療)を施行しています。手術が必要な場合は、提携する心臓血管外科と協力して最良の治療を行っています。また、ペースメーカーが必要な方は、当科にて手術を行い、定期的に開設しているペースメーカー外来にてフォローを行なっています。
 総合病院としての特性を生かし、他科との連携が良好であり、それぞれの専門医と協力して診療を行っていきます。
 胸部症状や動脈硬化疑いのある場合には、心拍変動対応型64列MDCTによる低侵襲な冠動脈検査を外来で行っています。循環器科による狭心症、心筋梗塞の読影と、放射線科による胸部・腹部の読影を同時に行いますので、様々な病気のスクリーニングにも有用です。心電図異常、心雑音などを指摘されたり、狭心症、心筋梗塞の精査を勧められたらご相談ください。胸痛、呼吸困難、動悸、浮腫などの症状がある患者さんも一度受診してみてください。

部長:吉田 博之

心血管撮影室で行う心臓カテーテル検査

血管を局所麻酔下で穿刺しカテーテル(検査用の管)を心臓まで挿入し、血管造影や心機能測定などを行う検査です。確実な診断のためにはたいへん有効な検査方法です。
心臓カテーテル検査

心臓対応型128列マルチスライスCT検査

心臓に合わせ冠動脈検査ができる最新型CT装置です。
詳しくはこちら→

専門外来

○年1回 7月の金曜日(開催日は決定後通知します)
  ペースメーカー外来