トップ > 診療科紹介 > 呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器領域の、主に内科的疾患を診療しています。
他科との密接な連携のもと行う肺癌診療、専門病棟完備の肺結核症診療など専門性の高い分野から一般的な疾患まできめ細かい診療を行っています。
禁煙治療のご案内
 呼吸器領域の、主に内科的疾患を診療しています。結核を含む呼吸器感染症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)・喘息などの閉塞性呼吸障害、間質性肺炎などの拘束性呼吸障害、肺癌をはじめとした胸部悪性疾患、塵肺などの職業性肺疾患などが該当します。
 全ての分野に力を入れていますが、特に肺癌診療では、呼吸器外科、放射線科と協力し、集学的な治療を行っています。肺結核症に対しては専門の結核病棟(5病棟)を設け、非結核性抗酸菌症など専門性の高い分野に関しても患者さんに優しいきめこまかい診療を心掛けています。また、肺炎、喘息など一般的な疾患まで幅広く診療しており、地域の人たちに信頼され、ニーズに応えられる診療を目指しています。
 特殊外来として、睡眠時無呼吸外来があり、睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を積極的に行っています。院内の条件が整えば、禁煙外来も開設する予定です。
 胸水の診断には、患者さんの身体に負担が少ない局麻下胸腔鏡検査を積極的に行っています。

部長:赤井 雅也

結核患者・その恐れのある患者さんの結核病棟

結核患者やその恐れのある患者さん専用の結核病棟を第5病棟に設けています。結病棟内全室陰圧を完備し、病床26床を有する施設です。退院後も、当科スタッフと、当該保健センター保健師が、定期的に連絡を取り合い、患者さんの服薬状況の確認(DOTS)を行っています。
DOTSカンファレンス

胸水診断に行う局麻下胸腔鏡検査

胸水の診断には、患者さんの身体に負担が少ない局麻下胸腔鏡検査を積極的に行っています。
局麻下胸腔鏡検査

専門外来

○月曜日〜金曜日(11:30まで)予約不要
  睡眠時無呼吸外来
○水・金曜日 完全予約制
  禁煙外来

診療実績

(1) 気管支鏡検査施行件数(病棟での処置内視鏡数は除く。TSは内数で局麻下胸腔鏡検査)
2014年
 
 
 
 
 
195件(TS 17件)
 EBUS-GS:121件
 EBUS-TBNA:50件
 末梢TBNA:5件
 BAL:46件
 Hot biopsy:8件
2015年
 
 
 
 
 
 
296件(TS 30件)
 EBUS-GS : 180件
 EBUS-TBNA : 85件
 末梢TBNA:13件
 BAL : 24件
 Hot biopsy:21件
 マーカー留置:1件
2016年
235件(TS 19件)
 EBUS-GS : 120件
 EBUS-TBNA : 115件
 末梢TBNA:14件
 BAL : 18件
 Hot biopsy:23件
 マーカー留置:1件
 BT(気管支サーモプラスティ):5件