トップ > 診療科紹介 > 呼吸器外科

呼吸器外科

肺癌に対しては検査から終末期医療まで一貫して治療にあたり、胸腔鏡を用いた手術や化学療法、放射線治療との併用など根治的治療を目指しています。
 自分の身内にも行いたい患者さん本位の医療を心がけています。 肺癌に対しては、検診、精密検査、手術、術後経過観察、再発治療、終末期医療まで一貫して治療にあたっています。呼吸器科、放射線科との合同カンファレンスや、当科の術前・術後カンファレンスなどを週3回行い、チームとして統一性のとれた診療を行っています。放射線科による画像診断、放射線治療や、麻酔科によるICU治療、疼痛管理、リハビリ科による呼吸リハビリなど院内他科との連携も密に行っています。
 早期の肺癌にはできるだけ胸腔鏡を用い患者さんに負担の少ない手術を行っています。
 進行期の肺癌には化学療法、放射線治療を併用したり、気管支形成、血管形成、他臓器合併切除なども駆使して根治的な治療をめざしています。IB期以上には術後補助化学療法を積極的に行っています。また低肺機能や全身状態の悪い患者さんには縮小手術や定位放射線治療なども行っています。
 縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、膿胸、気胸などに対しては手術を中心とした治療を行い、その他、手掌多汗症に対する胸腔鏡下手術も行っています。
 病気のみならず社会的背景も含めて全人的に把握した上で個々の患者さんに最も適した治療を選択するようにしています。

部長:松倉 規

他科との合同カンファレンス

呼吸器科、放射線科などとの合同カンファレンスは患者情報の共有や、多角的な分析に役立っています。

胸腔鏡手術

自然気胸、縦隔嚢胞、手掌多汗症などの良性疾患は ほとんど胸腔鏡で手術しています。
肺癌に対しても早期のものには胸腔鏡手術を行っています。

外来化学療法

肺癌に対する抗癌剤治療は、入院でも行っていますが、全身状態の良い患者さんに対しては外来化学療法もとりいれています。初回は入院で副作用チェックを行い、安全に施行できることを確認してから外来化学療法に移行しています。

縦隔鏡

ビデオ縦隔鏡を用いて、肺癌の縦隔リンパ節転移の組織診断や原因不明のリンパ節腫大に対する生検、縦隔腫瘍に対する生検などを行っています。

手掌多汗症

手掌多汗症は20歳前後の若年に多く、「答案用紙が手の汗でびしょびしょになってしまう。」「友達と手をつなぐのがはばかられる。」「汗でお札の勘定ができない。」など患者さんの悩みは深刻です。
胸腔鏡下手術で胸部交感神経遮断術を行っています。5mm径の胸腔鏡と操作孔のみで手術を行い、手術の傷はほとんど目立ちません。約3日間の短期入院でおこなっています。
手の汗を止めると下肢や背中など他の部位の汗が多くなる「代償性発汗」が生じるため、当院では、利き手側を初回に、対側を2回目に分けて手術しています。

専門医制度と連携したデータベース事業について

「外科・呼吸器外科を受診されている患者さんへ」
 我が国の医療の現状(どのような場所でどのような医療が行われているか)を把握するため、一般社団法人を立ち上げ、データベース化を開始することになりました。当院も平成23年1月1日より参加しますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
また、患者さんやご家族の方が登録を拒否したい場合はお申し出くださるようお願いいたします。
詳細はこちら

診療実績

手術実績 平成24年度 平成25年度 平成26年度
肺癌 47 66 52
転移性肺腫瘍 3 5 9
縦隔腫瘍 6 6 3
気胸 28 25 24
膿胸 11 7 5
外傷 3 0 0
手掌多汗症 2 4 8
その他 24 16 21
合計 124 129 122
うち 胸腔鏡手術 94 118 105