トップ > 診療科紹介 > 救急部

救急部

 当院は年間3,000台以上の救急車を受け入れている24時間対応の急性期病院です。その窓口となる救急外来を担当しているのが救急部です。
 現在、救急部には2名の救急科専門医がおり、日中の救急診療に当たっています。夜間は内科系・外科系の救急外来担当医がそれぞれ診療を行っています。原則として、臓器の専門性を問わず、緊急度や重症度を判断して、救急外来を受診した患者さんの初期対応を行います。その後、必要であれば各診療科専門医に診察を依頼します。
 今後は、地域の皆様が24時間安心して救急外来を受診できるような体制づくりに取り組んでいきたいと思います
 救急外来を受診される患者さんへ
 救急外来は軽症から重症まで多くの患者さんを受け入れていますが、診察の結果、緊急性がなければ後日専門外来での精査・治療ということになりますので、症状がある場合は早めの専門外来やかかりつけ医の受診をお勧めします。かかりつけ医より当院の地域医療連携課を通して紹介していただくことで、各診療科専門医の診療をスムーズに受けることもできます。
 また、救急外来では看護師がトリアージを行っています。トリアージとは重症度や緊急度を判断し、診療の優先順位を決めることです。看護師が問診をとった後、通常は一般外来と同じように受付順に診療しますが、問診の結果や救急車搬送など重症度や緊急度が高いと判断された場合は優先的に診療します。その結果、待ち時間が発生することがありますのでご了承ください。なお、お待ちになっている間に具合が悪くなった場合は、受付担当者や看護師に早めに声をかけてください。

救急部長
嶋田 喜充

診療実績