トップ > 診療科紹介 > 脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科トピックス
○診療内容
脳卒中
脳梗塞 内頸頸動脈狭窄症
くも膜下出血 脳動脈瘤
脳出血
脳動静脈奇形 硬膜動静脈瘻 脳静脈洞血栓症 もやもや病 など
脳神経センターについてはこちら>>
脊椎脊髄疾患
変形性頚椎症・腰椎症 脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア
環軸椎亜脱臼 脊髄腫瘍 脊髄動静脈瘻・動静脈奇形
脊髄空洞症 キアリ奇形
脳腫瘍
神経膠腫(グリオーマ)髄膜腫 神経鞘腫(聴神経腫瘍 三叉神経鞘腫)
転移性脳腫瘍 悪性リンパ腫
下垂体腺腫
頭蓋咽頭腫 胚細胞腫
頭蓋底腫瘍 小児脳腫瘍
外傷
頭部外傷 頭蓋骨骨折 急性硬膜外・硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫
三叉神経痛
 
顔面痙攣
 
パーキンソン病・ジストニアの外科的治療 (脳深部刺激療法)
上記のすべての領域において専門医が質の高い診断、治療を行います。
脳卒中
急性期の脳血管障害に対して、神経内科と脳卒中センターを開設し、24時間体制の脳卒中治療を行っています。 超急性期脳梗塞の診断・治療に必要なCT、MRI、脳血管撮影装置を備え、血栓溶解療法から血栓回収療法まで常に可能です。また脳梗塞の再発を予防する頸動脈血栓内膜剥離術、頸動脈ステント留置術、バイパス手術なども行っています。
くも膜下出血・未破裂脳動脈瘤には脳動脈瘤コイル塞栓術やクリッピング手術で治療しています。ステントを用いたコイル塞栓術も多く行っています。
脳出血や脳動静脈奇形また硬膜動静脈瘻、脳静脈洞血栓症、さらに小児のもやもや病に対する治療も行っています。
脊椎脊髄疾患
首から腰までの背骨(脊椎)や脊髄の病気に対する治療を行っています。脊椎の変形や椎間板ヘルニアなどで脊髄や脊髄神経が圧迫されている場合には手術でこの圧迫を取り、首、腕、腰、足の痛みや動かしにくさを治療しています。
比較的まれな脊髄腫瘍に対しても安全に行う工夫を用いて手術治療しています。状況に応じて当院整形外科医師と連携し治療に当たっています。
脳腫瘍
脳腫瘍はその種類により適切な治療計画を立てる必要があり、診断が非常に重要です。また部位によっては頭蓋底手術の技術を用いて安全に行う必要があります。当院では画像診断から定位生検、ナビゲーションシステムなどで正確な診断ができるような設備を整えています。また安全な手術ができるように神経モニタリング、脳血管術中イメージング、蛍光腫瘍イメージングなど新しい技術を積極的に導入しています。
放射線治療や化学療法が必要な疾患に対しては放射線科、内科と連携して治療にあたっています。
外傷
頭部外傷から多発外傷に至るまで緊急の対応・治療を行っています。
三叉神経痛・舌咽神経痛・顔面けいれん
内科的治療は神経内科と連携して行い、手術が必要な例では神経血管減圧手術の経験を多く持つ医師が治療にあたります。
パーキンソン病・本態性振戦・ジストニア(斜頸、書痙を含む)に対する脳深部刺激療法
内科的治療による不随意運動治療が難しい症状に対しては脳深部刺激療法を用いた治療を行っています。専門外来でご相談ください。

部長:戸田 弘紀

脳神経外科トピックス

早瀬 睦部長は、嶺北地方で唯一の日本脳血管内治療学会指導医です。先進的な血管内治療で脳動脈瘤や脳血管奇形、脳腫瘍の治療を行っています。
第40回日本脳卒中学会総会(STROKE2015)で宮腰明典副部長が発表し、「抗血栓療法トライアルデータベース」に取り上げられました。
専門外来を併設しております。  詳細はこちら
当院脳卒中センター医師、看護師が執筆した書籍「まるごと図解ケアにつながる脳の見かた 照林社」が紀伊國屋書店ベストセラーの看護書籍部門デイリーランキング(2016年5月19日付)で5位にランクインしました。※ランキングは変動します。
頭の血管 網状筒で拡張 2014年10月9日(木)/福井新聞
脳梗塞治療に血栓除去器具「トレボ」導入 2014年8月7日(木)/福井新聞
塞栓術にステント併用  2013年2月7日(木)/福井新聞

病変のみを集中的に治療する定位放射線治療

放射線を病変に集中的に照射する、精密放射線治療の方法。高エネルギーX線治療装置を使った「X-ナイフ」を行っています。
定位放射線治療

非侵襲的で確実な手術ができるナビゲーションシステム

脳神経外科手術の際、CTやMRIによる画像をモニターに表示、手術器具の位置も重ねて表示するので、より安全で確実な手術ができます。
ナビゲーションシステム

一般社団法人National Clinical Database (NCD)の手術・治療情報データベース事業への
参加について

当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
また、患者さんやご家族の方が登録を拒否したい場合はお申し出くださるようお願いいたします。
詳細はこちら

専門外来

○金曜日午後ほか
  脳卒中外来
  脳腫瘍外来
  脊椎脊髄外来
  三叉神経痛・顔面けいれん外来
  脳深部刺激療法外来
2016年より専門外来を新たにし、病気や病状に応じた治療が計画できるようご相談に応じています。
  詳細はこちら

診療実績

手術実績
平成27年
手術総数 289

<代表疾患、主な術式別内訳>
1.脳腫瘍開頭手術 31
2.定位放射線治療 5
3.脳動脈瘤、脳動脈奇形、脳出血開頭手術 41
4.頸動脈内膜剥離・頭蓋内外血行再建術 14
5.血管内手術 102
 ・脳動脈瘤 22
   うち、破裂 10
   うち、未破裂 12
 ・血管形成術(頚動脈ステント留置術など) 38
 ・脳梗塞急性期血行再建(ペナンプラなど) 22