福井赤十字病院

看護師ブログ

連携実務担当者会に参加しました

2011/9/27(火)

9月21日は台風15号が通過、八幡山の木々が大きく揺れているのが見えました。

 

夕方にはホテルフジタ福井で、連携実務担当者会が開催されました。

福井市、鯖江市、越前市の各施設からと福井赤十字病院の看護師長・看護係長・MSW(社会福祉士)が100名近くが、

お弁当を食べながら、患者さんのケアが継続できるためのよい連携について話し合いました。

 

福井では台風15号の影響もひどくなく、無事に担当者会を終えることができました。

金沢赤十字病院からのメール

2011/9/27(火)

金沢赤十字病院の看護部長さんからメールをいただきました。

・・・『看護実践の科学』見たよ、頑張ってるね。・・・

 

嬉しかったです。

誰でも、いくつになってもほめられるって、うれしいですよね。

 

拙い文章ですが、みなさんも機会があったら見てください。

福井の名産品がつまったお弁当を試食しました

2011/9/15(木)

第47回日本赤十字社医学会総会が10月20日・21日に福井で開催されます。

1年以上前から準備をしてきました。

学会まであと1か月になり、準備も大詰めです。

9月13日には、ランチョンセミナーにお出しするお弁当を決めました。

 

見た目においしそうで、食べて美味しくて、福井らしさの入ったお弁当。

 ・・・福井のコシヒカリ、上庄のさといも、越野ルビー、ソースかつ、小鯛の笹漬け、ゴマ豆腐などなど・・・

全国から参加してくださるみなさんに食べていただきたいとみんなで選びました。

 

喜んでいただけるでしょうか?

日本災害看護学会に参加しました

2011/9/14(水)

日本災害看護学会が9月9日・10日に埼玉県さいたま市(大宮)で開催され、1,500名近く参加しました。

本学会の学会長は日本赤十字社の浦田喜久子看護部長でした。

来賓として日本赤十字社社長の近衛忠煇氏も来られて、祝辞がありました。

イベント会場では日本赤十字社埼玉県支部が救護テントをはり、物資や写真の展示をしていました。

あちこちで赤十字病院の看護部長さんや副部長さんにお会いし、とっても、『赤十字色』の濃い学会でした。

 

『赤十字の看護師』は「赤十字施設で働いている看護師」ですが、『赤十字看護師』は「救護員資格を持った看護師」です。

私たちはもっと災害看護、災害救護について学ばなければいけない!と強く感じた学会でした。

 

それから、福井大学の酒井明子教授が座長やシンポジストで活躍されていました。

かっこよかったです。(女性に対して失礼ですね。ごめんなさい、酒井先生)

同じ赤十字人として、同じ福井人として、ほこりに思いました。

血管内注射の練習風景ににっこり

2011/9/5(月)

9月2日は血管内注射の練習でした。

みんな必死で頑張っていました。

少し居残り練習をした人もいたけど、

全員できるようになった。と報告を受けました。

将来が楽しみです。

優れた技術を身に着けて、

患者さんに『やさしい看護』ができるようになってください。

 

温故知新

2011/9/5(月)

日本赤十字社豊田看護大学の河合利修准教授が来られました。

当院の「この道」をご覧になりたいとのことでした。

この本は昭和60年に「福井赤十字病院看護婦互助会」が発行したものです。

普段ほとんどひも解くことのない書物ですが、今回、改めて中身の濃さにびっくりしました。

どうやってこれだけの資料を集めたのか不思議です。

すごい時間と労力をかけられたのだろうと思います。

編集された元看護部長・看護副部長・看護師(婦)長さんたちの

『熱い思い』が伝わってきます。

 

河合先生はこの本の資料となった原本が見たいとおっしゃられたのですが、

残念ながら、ほとんど残っていない状態でした。

 

『温故知新』 (これは当院の講堂に書かれていることばです)

 

古きを知る資料がほとんどなくなってしまい、『この道』は福井赤十字病院看護部の歴史そのものであり、すごいお宝です。

すばらしい記録を残してくださった先輩方々に感謝です。

 

この本をお持ちのみなさん、大切にしましょう。

東日本大震災救護活動報・職員慰労会が開催されました

2011/9/1(木)

8月29日に『東日本大震災救護活動報告・職員慰労会』が催されました。

今回の震災で福井赤十字病院からは、105名の職員が救護に出ました。

そのうち、看護職は49名が救護に出ました。

被災地を生で体験した辛い思いや苦労、ちょっと笑えるエピソードなどが話されました。

派遣する部署にも苦労はありますが、看護職は自ら志願して救護に出てもらえたし、ありがたかったです。

派遣のために勤務を組みなおす看護師長の支援や交替で勤務に出てくれるスタッフの協力にも感謝です。

 

先日参加した日本看護管理学会でも福島県立医科大学附属病院の看護部長さんの講演がありました。

被災地になったとき看護部の果たす役割は非常に大きかったとのことでした。

派遣する立場だけではなく、(起こってほしくはないけど)被災地になったときの対策も考えておかなければと思います。

第15回日本看護管理学会に参加しました

2011/9/1(木)

8月26日~27日に東京で開催された第15回日本看護管理学会に行ってきました。

参加者2,300名という大きな学会で、福井赤十字病院からも5名が参加しました。

学会長は日本看護協会会長の坂本すが会長であり、学会テーマが『先をよむ』だったので、看護協会色の強い印象でした。

看護の質はもちろんですが、看護職のあり方や看護職の労働に関する学ぶことの多い学会でした。

加えて、いろんな方とお会いし、みなさんにパワフルでエネルギーをもらいました。




看護師募集
〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号 TEL.0776-36-3630(代) FAX.0776-36-4133
copyright 2018 Fukui Red Cross Hospital, All Rights Reserved.
powered by cheltenham software