福井赤十字病院

看護師ブログ

看護部紹介

2018/4/18(水)

皆さん、こんにちは

看護部の面々です。新年度もよろしくお願いします。

・内田副院長兼看護部長

 副院長ご就任おめでとうございます。その細いお体のどこにエネルギーが隠されているのでしょうか。

 その素敵な声で、私達を導いてください。

・小畑看護副部長

 「里芋もらったの。食べね~。」ありがとうございます。沢山食べました。

 仕事の緻密さにはいつも頭がさがります。見習いたいです。

・井上副部長

 「休みの日に家で寝てるなんてもったいないよ。」と休日もアクティブに行動されています。

 だからなのか毎日生き生きされてますね。

・手塚さん

 この4月から勤務異動された手塚さん。お若いのにとてもしっかりしていて頼もしい限りです。

そして、西川です。いつも困った顔をしてますが、それほど困ってないです。

体がカチカチなので、今年は少し運動を始めようかなと考えています。

それでは、また楽しいブログを届けられるように頑張ります。

                                JUN

平成30年度の新人看護師をご紹介します

2018/4/17(火)

皆さんこんにちは、日に日に暖かくなってきましたね。

今年、4月に入職した新人看護師28名です。現在、各部署へのローテーション研修が始まったところです。毎日、緊張して勤務している姿を見ていると、初々しくて微笑ましいです。新人の頃が一番辛いけど、一番成長できる1年だと思います。

1日、1日を大切にして頑張って下さい。全力で応援します!

                                      JUN

     内田副院長と新人看護師28

部署紹介⑭(透析センター)

2017/12/14(木)

透析センターの紹介をします。

 近年、透析センターでも高齢者が増加し、自力で歩けない方が増えてきました。

車椅子や杖歩行で来院される方が多い中、4時間の透析中に運動してみたらどうだろう?

サルコペニア※1やロコモティブシンドローム※2が減るかもしれないと期待し、患者さんに運動してもらっています。

90を切っていた血圧が、2ヶ月で100mmHg以上になり杖歩行できるようになりました。

エルゴメーター※3で、負荷をかけて15分運動中。透析開始直後は2台しかないエルゴメーターの取り合いです。

運動するようになってから、足が軽くなった、足つりが減った、眠れるようになった等の効果を感じている方が増えてきました。

 看護師の私たちも、運動しなくちゃいけませんね。

(用語解説)

※1サルコペニア:

骨格筋量の低下に加えて、筋力低下・身体能力の低下がある状態                    

※2ロコモティブシンドローム:

運動器の障害によって、移動機能(歩行・立ち座りなどの移動に関わる機能)が低下した状態

※3エルゴメーター:

運動負荷をかけて、体力トレーニングや体力測定を行う器具。自転車のペダル踏み装置など。

 

                         

 

 

 

部署紹介⑬(外来)

2017/11/16(木)

外来の紹介をさせていただきます。

今日もたくさんの患者さんが来院されています。

 おはようございます。

 外来スタッフステーションで朝のミーティングです。

 今日も一日よろしくお願いします

こちらではブースでのミーティングが始まっていますね。しっかりと関わりについての申し合わせです。

このブースでも今日もたくさん関わりシートが並んでいますね。11つ確認していきます。

外来診療前の準備を整えて患者さんをお待ちしています。

 

外来看護の取り組み、外来スタッフの頑張りを「日本看護学会-在宅看護―学術集会」と「日本看護学会-看護管理―

学術集会」で発表してきました。 

 外来ブースリーダーナースのメンバー

 外来スタッフみんなで、今日も患者さんとの関わりを大切に頑張っています。        

 

部署紹介⑫(3-3病棟)

2017/10/10(火)

みなさん、こんにちは。3-35病棟です。

 呼吸器科、脳外科、神経内科、整形外科、腎泌尿器科の混合病棟です。

新棟からちょっと離れた場所に位置しておりますが、毎日、33名のスタッフは、仲良く元気に仕事に励んでおります。

 新棟と違い、お部屋にトイレがないことが一番の問題ですが、ものは考えようです。

リハビリ期の患者さんにとって、トイレまでの移動は、大変なリハビリ効果をあげていると思われます。まっすぐな長い廊下は、「毎日、この廊下を往復するのを日課にしている」といわれる患者さんも多いです。また、病棟の様子が一目でわかり、何か事件が起こった時には、すぐに駆け付けられます。

 高齢の患者さんが多く、ときどき、歌声がどこかから聞こえたり、家に帰ると言って

車椅子で廊下を行き来している患者さんがいたり、看護室でぬり絵をしたり本を読む患者さんがいたりと、日々、様々なことが起こっていますが、いつも笑顔で対応しています。

 建物は古いですが、看護師の『やさしさ』は、いつもピカピカに輝いています。

 

福井市自衛消防隊消防操法競技大会

2017/10/4(水)

こんにちは

930日は、福井市自衛消防隊消防操法競技大会でした。

爽やかな秋晴れのもと、福井市から多くの団体が参加していました。

当院からも、若き精鋭のリハビリ職2名、事務職2名、看護職3名が参加しました。

すごいです。なんと、Bリーグ男子の部と、危険物消火男子の部ともに優勝!!

又、Bリーグ女子の部3位、Aリーグ女子の部入賞と素晴らしい結果でした。

参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。おめでとうございます。

この感動を、仕事への活力にします。     JUN

 
  

 全力疾走

 
  

 初期消火は狙いを定めて!

 
  
 
  

 

   横巻き: 優勝 おめでとう!

 
  

 

部署紹介⑪(1-8病棟)

2017/10/2(月)

 今月の看護部ブログ担当は、1-8病棟です。

 1-8病棟では、医師とスタッフとの親睦を図るために、春夏秋冬の季節ごとにイベントを企画して実施しています。この初秋にはナイターBBQ大会を行いました。美味しいお肉はもちろん、師長さんのアイデアで夜風をしのぐためにラーメンも作り、とても好評でした。看護する私たちが感染性胃腸炎で倒れないように、お肉はよく焼き、必ず焼き加減をチェックした上で美味しくいただきました。

 これからの季節でもBBQをする方も多いと思いますが、十分に気をつけましょう!

 

↑名門:某精肉店のお肉を焼いています。

 

↑某医師が、若いスタッフに熱く語っています。       ↑最後はみんなで記念写真です。 

第9回目になる連携実務担当者情報交換会(看看連携)が盛大に開催

2017/7/20(木)

 今年で第9回目になる連携実務担当者情報交換会が平成29年7月13日 福井赤十字病院講堂で盛大に開催されました。今年度の開催目的は、「各医療機関の連携実務担当者(連携室退院支援関係者と看護管理者)で地域医療構想に伴う各施設の病床編成等の情報を共有し、患者・家族が安心して療養生活が継続できるように地域で支える連携体制を検討する。」でした。連携保険医療機関34施設(福井22 丹南9 坂井あわら2 奥越1施設)74名と院内の退院支援に関わる看護管理者と医療ソーシャルワーカー29名が参加しました。

 話題提供1では、今年度より開始した認知症ケアサポートチームと物忘れ看護外来で、認知症高齢感謝の支援体制について紹介させて頂きました。認知症の対応に各施設とも困ることが多く98.4%の参加者より、参考になったと意見がありました。

  話題提供2では、平時の退院支援実績と災害発生時の連携体制についての情報提供をさせて頂きました。

 情報交換会では、連携保険医療機関の病床編成の状況を情報交換し、今後の患者紹介、逆紹介等の連携体制について話し合いました。情報交換会は非常に良かった53.1%、良かった16.9%と回答がえられました。情報交換の場は、連携強化に有効であると、100%の回答があった。理由としては、他施設の医療機能や病床編成の状況がつかめたことを評価していました。また、顔の見える情報交換により、信頼関係が強まるとの意見もありました。多くの病院が、嚥下機能に問題のある高齢者、経済的問題を抱える患者、独居・高齢者世帯など家庭での介護力が低い高齢者、身寄りのない高齢患者等の支援体制に課題を抱えおり、連携により地域で患者家族を支える体制について話し合うことが出来ました。

 

 

 

部署紹介⑩(2-4病棟)

2017/7/7(金)

「6月はブログ担当だぁ」と一瞬自覚した私ですが、あら?今何月?もう7月に入ってしまってるじゃないですか(汗)。

しかし、遅れてしまいましたが、それはそれで、ちょうどよかった。皆さんにお知らせしたい情報が舞い込んできました。

このたび、福井赤十字病院産科の有史以来初の、“オリジナル母子手帳カバー”なるものが完成しました。

今や当たり前に目にする母子手帳カバーですが、なかなか作成まで辿り着かず・・・。やっと念願叶ってできあがりました。

個人の好みもあるとは思いますが、『日赤らしくなくていい!』と大好評です。

出産祝いもリニューアルしました。今までの歴代出産祝いは、“おくるみ”と“バギーケット”でした。

3代目の出産祝いは、人気ブランドPOETICの“ふた付きおむつトート”です。

最近の育児グッズは、見ていて飽きませんね。あちこち目移りして、決めるまでが、本当に楽しかった。

 

病院経営課や管財課との金銭面の交渉も楽しかった?

やっとやっと辿り着きました。

部署紹介⑨(緩和ケア病棟)

2017/7/6(木)

エキナケア(緩和ケア病棟)の堀口です。

エキナケアとは、「あなたの痛みを癒します」

エキナセアというお花の花言葉とケア「支援する」「手当てする」、看護する事を合わせた言葉です。

 

昨日7月4日、エキナケアでは、七夕会を開催しました。

昨年から参加してくれている王子保小学校の子供たちが来てくれました。

紙芝居や手遊び歌で皆を癒して下さいました。子供たちとの繋がりに感謝します。

 

教頭先生から朝届きました。

福井赤十字病院(PCU)エキナケアの皆様へ

たいへんありがとうございました。

たいへんあたたかい 空気にわたしもあたたかくなりました。

福井テレビ拝見しましたが、患者さんのやさしいまなざしも素敵でした。

患者さんもですが、看護師さんのあたたかいまなざしもとても印象的でした。

30分程度の短い時間でゆっくりできなかったのが残念ですが、ヨガも体験させていただき

台風による電車の遅延も、楽しいハプニングでした。

また、クリスマス会よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。




看護師募集
〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号 TEL.0776-36-3630(代) FAX.0776-36-4133
copyright 2018 Fukui Red Cross Hospital, All Rights Reserved.
powered by cheltenham software