福井赤十字病院

看護師ブログ

部署紹介⑧(1-4)

2017/5/23(火)

1-4病棟は、新生児のかわいい泣き声・笑い声が聞こえる小児(全科の15歳未満)と成人(整形外科・腎泌尿器科)の混合病棟です。新生児~90歳代の高齢の方々まで、安全で優しい医療の提供をめざしています。

 4月より新しいスタッフへのウェルカム活動の中で、“さすが小児病棟らしい”とってもかわいい手作り満載のウェルカムボードができました。看護師・医師・保育士・看護助手が、優しい笑顔で、一緒に協力して汽車に乗って走らせています。

 519日に、赤十字講習の一つである幼児安全法講習を病棟スタッフ対象に行いました。乳幼児の災害時支援とこどものけがの応急手当です。災害時のビニール袋を活用した簡易オムツやほっとタオルの作り方、バスタオルの抱っこ用スリング、けがの手当てとして三角巾がなくても、ビニール袋・カーディガン・Tシャツを使った手の固定など自宅でも活用できるものばかりです。「へぇー、ワー」と言いながら、“身近にあるものでできるんだ!”と積極的に実際に取り組みました。災害時などに活躍できるスタッフが増えました。

 

 

 これからも、定期的に楽しい幼児安全法や健康生活支援講習など患者さんや家族にも参加していただけるような機会を作っていきたいと思いました。

 プレイルームもリニューアルしてアンパンマンも待っています。みなさんも是非見に来てください。

 

看護部 管理者研修の巻

2017/2/15(水)

2017/2/11(建国記念日)

 こんにちは

 今日は、毎年恒例の看護部管理者研修でした。   

 今年は諸事情により病院を離れ、社会福祉センターでの研修でした。

 当日は、寒波襲来により大雪が降りましたが、さすがは管理者集団(^^;)当番の私が到着した時には、すでにたくさんの車が駐車場でアイドリングしなしながら待機していました。

 看護部長、看護副部長、看護師長22名、看護係長33名が一同に会し、来年度の看護部、来年度の自部署の展望について話し合いました。

 来年度の看護部、来年度の自部署の展望について話し合いました今日の話し合いが来年度の看護部目標や部署目標に活かされ、活気ある、元気な看護部になることでしょう!

  

 病院機能評価受審合格にむけて、よ~いドン!です。

 会場では、皆が一斉に話すのと、インフルエンザ対策でマスク着用しているのとで、大声を張り上げないとみんなに聞こえない・・・。大声に対抗して大声出すから喉痛し。

  

 

 

 

部署紹介⑦(2-8)

2016/12/13(火)

【部署紹介⑦】

今月の看護部ブログ担当は、2-8病棟です。

 今年5月に1-8病棟、2-8病棟の本館8階フロアが消化器センターとなりました。

2-8病棟は主に消化器外科がメインになりますが、消化器内科の患者さんも多く入院するようになりました。また1-8病棟には消化器外科の患者さんが入院するようになり、お互いに協力し合いながら病床管理や勉強会など開催しています。

その一環として今年度は消化器センター合同でQC活動にも取り組んでいます。

消化器センターでは時間外の透視下検査の介助に病棟の看護師が就くために、10月から内視鏡室で透視下検査の介助訓練を行っています。内視鏡スタッフは丁寧に指導してくださり有り難く思います。

また11月10日には消化器内科と消化器外科が協力して手術を行う腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除(LECS)の勉強会を消化器センターとして開催しました。NHKの取材もある中で総勢30名と多くのスタッフが参加しました。

その後は藤井先生を囲み懇親会を開催しました。

  

今後も消化器センターとして協力体制を強化していきたいと考えています。

固い文面になってしまいましたが、とにかく

「えっ~!!消化器の入院ですか~(-“-)」

という声がなくなるよう、消化器センターとしての意識が高まるよう1-8病棟師長さんとともに頑張ります(*^-^*)

部署紹介⑥(集中治療室)

2016/11/9(水)

【部署紹介⑥】

 集中治療室です。去る11/3の祭日、福井大学で行われた「メディカルラリー」に参加してきました。

「メディカルラリー」とは、医師・看護師の医療チームが模擬の傷病者を診察して、決められた時間内に、どれだけ迅速で的確な治療・ケアを行うことができるかを競い合うものです。

看護部からのお勧めで、渋々申し込み。。。事前情報によると、You TubeにUPしているらしいと。それを見た参加予定の3人娘は、かえって不安を駆り立てられてしまいました(汗)。

 

医師1名、看護師3名1組での申し込みとあり、自部署の麻酔科医師に声をかけましたがあっさり振られ、福井大学の医師が協力してくださることに。その医師から「事前に打ち合わせをしましょう」と声がかかり、ラリー当日、わたくし、看護師長も含めて5名で集まり、午前中2時間、打ち合わせをして臨みました。

昨年も参加したというM医師。昨年の経験から山を張り、知識・技術の再確認を行いました。

初めて挑む3人娘の不安と緊張は最高潮に。いざ、メディカルラリー開始!!様々なシチュエーションが用意されている中、できる限りの力を発揮。

ただ、災害トリアージの場面では、M医師の張った山が大はずれ(泣)。一同パニックに陥りながらも、M医師の「一旦集合しましょう!」という冷静な声かけ、仕切り直すことができました(笑)。

 

 …結果、なっなっなんと、入賞どころか、10組中1位の最優秀賞をいただくことに(驚)!

 

 日頃から安全で安心な質の高い看護の提供を目指し、「声を出すこと」、「コミュニケーションをとること」を目標に掲げてきましたが、声をかけ合うことができる3人だったこと、そして、M医師の提案で実施した事前打ち合わせでコミュニケーションを深めたこと(チームワーク)が、私達の勝因?!だったと思います。

来年度は是非、若いメンバーに参加してもらい、学びを深めてほしいと思っています。

 企画運営をされていた福井大学の方々は、物凄く大変だったと思いますが、活気に満ちていて、外部の私達に対してもウエルカム感半端なく、良い雰囲気全開でした。最初の林先生の講義も、要点が凝縮されていて、ただただ感動。皆さん、本当に素敵でした(キラキラ)。

福井大学の企画運営スタッフの皆様、そして何より、私達と一緒にチームを組んでくださったM先生、貴重な経験をさせていただきありがとうございました!M医師が「運動会みたいなもんですから、気楽に楽しみましょう!」と何度も呪文のように声をかけてくださり、心強かったです。

そして楽しかったです!本当にありがとうございました!

 医療従事者の皆さん、来年度は是非、参加してみてください。  

 

 

第52回 日本赤十字社医学会総会

2016/10/24(月)

1020日・21日、宇都宮(栃木県総合文化センター)で行われた第52回日本赤十字社医学会総会に参加してきました。

当院からは、口頭、ポスター併せて全部で9題の発表を行いました。

   

ポスターセッションでの発表。初々しい3年目。

発表前はかなり緊張していましたが、堂々と発表し質疑応答もテキパキと応えていました。

(発表後、よしっ!と胸中でガッツポーズをとっている私でした)

師長グループと一緒に「はい。せきじゅうじ!」で、パチリ。

  

一日目の懇親会の様子です。宇都宮は“餃子とカクテルの町!!”

美味しい匂いにつられて餃子の前には行列ができていました。

カクテルもすごく美味でした。

 

2日目の発表を終えホッとしているメンバーと一緒に。

 

 

 

 

部署紹介⑤(2-7)

2016/9/29(木)

【部署紹介⑤】2-7病棟です。

「今からリハビリに行ってきま~す!」

「いってらっしゃ~い。」

2の7病棟では、日中こんなやりとりがしょっちゅう聞かれます。

これは、リハビリを頑張っている患者さんと私たち看護師との日常会話です。

 

2の7病棟には整形外科と形成外科の患者さんが入院されています。

患者さんは、膝や腰に痛みを抱えた方や、不慮の事故に遭われた方、皮膚に傷や病気がある方で、ほとんどの方が手術を受けられます。そして、手術の後はリハビリです。

この看護師がかける「いってらっしゃい」や「おかえりなさい」が、リハビリの大きな励みになっているという事を先日患者さんからお聞きしました。

看護師はみんな何気なく自分の家族に声をかけるように言っている、「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」にそんな威力があったとは!!

患者さんと共に回復を喜び、いつでも家族のように「いってらっしゃい」が言える病棟でありたいと思いました。

 

“理学療法士さんとリハビリへ”          “病室でもリハビリをします

 

下の写真は先月の福井フェニックス祭りの花火を病棟から見ている患者さんとそのご家族です。入院中の患者さんにとって楽しいひと時となりました。

夜勤の看護師は花火が良く見えるように病棟廊下の照明をそっと消していました。

「入院中だけど、花火が見られてよかったねえ。」

 

 

 

 

部署紹介④(1-7)

2016/8/15(月)

【部署紹介④】

17病棟は内科病棟で、血液疾患の方、糖尿病などの内分泌疾患の方が治療をされています。

大きな特徴は無菌エリアがあることです。無菌室が何部屋かあり、免疫力の低下している患者さん

が療養されています。無菌室というとテレビでのイメージが強いと思います…例えばガラス越しに

電話で話したり、医師や看護師がガウンや帽子を装着しフル装備で接していたりと…本当は少し

違います。

清潔で静かですが、けっして閉鎖されているわけではなく、その空間でリハビリをしたり、看護師

とコミュニケーションをとったりできます。

患者さんは、リハビリの一環として折り紙をしたり、手芸をしたりします(毛糸はだめです…埃がでますので)。そして、看護師は患者さんにハンドケアなどを行い、癒しを提供しています。

辛い治療を受けながらも、少しでも笑顔になって頂けるような空間作りをしています。

  

 

特殊な、閉鎖的な病棟というイメージ…実は私も4月に異動になるまでは思っていました。

しかし、医師は話しやすい!看護師は明るく協力的!患者さんは前向きに治療を受けて、ものす

ごく頑張っている!のです。そして、何より清潔!スタッフは感染管理意識が高く(ICTリンクナ

ース委員が中心となり叱咤激励してますが)、よりよい環境で患者さんが治療を受けられるように

努力しています。

 

又、糖尿病の患者さんには、その患者さんに合わせた指導を行っています。

糖尿病療養指導士の資格を持った看護師が多数おりますので、その指導はとても信頼性が高いで

す。患者さんが自宅で安心して療養を続けられるように生活指導、食事指導、内服指導、インスリ

ン指導などなど…工夫した指導を実施しています。インスリン指導では、人工腹という特殊な装置

を利用して、確実に手技をマスターできるよう患者さんと一緒に頑張っています。

  

                                     …以上、Y.Tがお伝えしました…

部署紹介③(2-6)

2016/7/19(火)

【部署紹介③】   ~優れもの~                

部署紹介の3番手は2-6病棟(呼吸器センター)です。

2-6病棟は主に呼吸器内科、呼吸器外科の患者さんが療養されています。

様々な治療の中で、「胸腔ドレナージ」と呼ばれるものがあります。胸腔内にドレーン(管)を入れて、中に溜まった空気や体液を排出させる処置です。

このドレナージの管理は看護師のとても重要な役割です。

排出の際に吸引装置を作動させ、排液バックをつなぎます。この装置、以前は形も大きく、枕元の壁掛け吸引装置につながっているのでベッドから離れる時はつなぎ換えが必要だったり、装置の準備に時間を要したりと大変でした。

しかし、現在は電源のみON、バッテリーでいつでも持続的に吸引可能、小型化バックで動きやすい、素早い準備・交換可能…と、すごく便利になりました。

そして何より、手術後の患者さんの早期離床がしやすくなりました。ほらこんな風に… 

 なんと手術の翌日ですが、理学療法士と笑顔で歩行訓練です。

患者さんの1日も早い回復を願いながら、患者さんも医療スタッフも笑顔で過ごせる療養生活を心がけています。                   

病棟師長Oより

部署紹介①(2-5)

2016/5/11(水)

【部署紹介①】

皆さんこんにちは  

師長よりのメッセージ先頭バッターは2-5病棟Hよりお届けします。

2-5病棟は「感覚機能や自己表現機能が十分に果たせない患者さんのQOL維持」を

目指している、眼科・耳鼻科・皮膚科・歯科・形成外科の病棟です。

 

4月にフレッシュなスタッフを迎え、臨床研修のローテーションが始まりました。

研修生が研修を終え2‐5病棟勤務をきっと希望してくれるだろうと期待に胸を膨らませながら過ごしています。

研修生とスタッフが一緒に患者さんを移送しているところです。

どっちが研修生かな??????

病棟内に専用の処置室が設置されています。

耳鼻科・眼科の処置室を案内します。回診はこの部屋で行なわれます。

【耳鼻科の部長が診察中】

【眼科の診察室です】

平成28年度看護部をご紹介します

2016/4/19(火)

皆さん、こんにちは。看護部長の内田です。

4月から看護部にK係長が加わり、平均年齢がググーッと?若返りました。

新たなメンバーで頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

さて、今年からブログの内容が多少変わります。

これまで通り病院や看護部のイベントは随時お知らせしていきますが、

今後は各部署の師長からのメッセージもお伝えして、

福井赤十字病院の看護部全体のことをもっともっと皆さんに知っていただこうと思っています。

師長たちも張り切っていますので、どうぞ皆さん期待していてくださいね。

 

4月1日から私達の新しい仲間が増えましたので、お披露目します。

選りすぐられたピッカピッカの新人です!!

 




看護師募集
〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号 TEL.0776-36-3630(代) FAX.0776-36-4133
copyright 2018 Fukui Red Cross Hospital, All Rights Reserved.
powered by cheltenham software