福井赤十字病院

看護師ブログ

看護師採用試験

2011/8/15(月)

8月11日は第3回目の看護師採用試験でした。

 

現在、福井赤十字病院は耐震補強工事中で、面接のときにガッガッガガー

すごい音がして、声は聞こえないし、床はゆれて、お尻にびりびりくるし、受験者の方には迷惑をかけました。

 

今後の採用試験予定は、ホームページをを見てください。

一緒に『やさしい看護』を追求してくれる看護師大歓迎です。

中部ブロック赤十字病院スポーツ大会に参加しました

2011/8/2(火)

7月31日に愛知県で中部ブロック赤十字病院スポーツ大会がありました。

私は残念ながら応援に行けませんでしたが、バレーボール、軟式野球、駅伝、フットサルにたくさんの選手が参加しました。

他にもソフトボール、卓球、バスケットボール、硬式テニスなど様々な種目がありました。

 

バレーボールは1回戦で強豪の安曇野赤十字と対戦し惜しくも敗退しました。

今回初めて参加した軟式野球は4位、駅伝は去年より一つ順位を上げて3位でした。          

そして、フットサルは昨年惜しくも3位でしたが、今年は優勝しました。おめでとう!

優勝したフットサルは10月に岡山県で開催される全国赤十字病院スポーツ大会に参加することになりました。

 

懇親会楽しそうな写真も届きました。(Ha)

7月29日

2011/7/29(金)

先週の宿泊研修の写真とまとめが届きました。

今年は研修医、看護師、コメディカルなどの新採用者全員が滋賀県雄琴温泉に行きました。

 

宿泊研修の中で書いた『自分自身との契約書』・・・・

 ►患者さんに信頼される看護師になる

 ►知識を増やす、本を読む、

 ►コミュニケーションが上手になる

 ►患者さんにいつも笑顔で接する などなど

そんな中で 特に印象的だったのは

 ►健康で仕事に取り組む

   ・しっかり睡眠をとる

   ・安全運転に努める

   ・一日3食の食事

   ・悩み事はためこまない

あまりに簡単で、あまりに当たり前すぎて・・・

気にも留めないかもしれないことだけど、とっても大事なこと、そこに気が付くなんてすごいなと思いました。

写真もみてください。

  

日本病院会に参加してきました。

2011/7/19(火)

先週は東京で開催された『日本病院学会』に行かせてもらいました。

聖路加病院院長の福井次矢先生が学会長で、京王プラザホテルで開催されました。

1500人くらい参加で、盛大な学会でした。

 

学会の感想をふたつ。

ひとつは 山田邦子さんの招待講演がとてもよかったこと。

告知の場面や診察場面など日常私たちが当たり前と思っていることを患者視線で指摘されてどっきりもしたり、話し方が上手なのでおなかを抱えて笑ったり。

 

―はじめてMRIを受けた時・・・「これって壊れてるんじゃないの?」ガタンコトン、ガタンというすごい音がして終わるまで不安で不安でしょうがなかった気持ち。

―手術を決めるとき

「温存手術と摘出術、どっちにしますか?」

・・・「がんなら全部取ってしまってください。」

「初期なので、温存手術でいきましょう。」

・・・最初から温存手術でいいなら  聞くなよぉ~  

というような話がいっぱいでした。

 

何より印象に残ったのは99歳の日野原先生でした。

今年の10月4日で100歳になられるそうです。

1時間の講演時間中ずーっとステージを歩き回りながら、お元気そのものでした。

講演時間1時間を過ぎてもお話は続き、座長の先生が若干困っておられる、というのも

今までと変わらない感じでした。

また、とても気さくで、懇親会の時には こんな写真も一緒に撮ってくださいました。

100歳の先生からいっぱい元気をいただけた学会で

した。 

7月7日

2011/7/7(木)

きょうは七夕・・・

あちらこちらにある病棟のたなばた飾りにいろいろな願いが書かれていました。

   『早く良くなりますように・・・』

   『歩けるようになりますように・・・』

   『およめさんになれますように・・・』

   『孫が元気に育ちますように・・・』

そして

   『モップ にぎれる幸せが 1日も長く続きますように・・・』と。

退職されたのに、また来て下さっている○○さん、行き届いたお掃除、気配り本当にありがとうございます。

 

みんなの願いが叶いますように。(Ha)

看護の先輩へ「本当におめでとうございます」

2011/6/20(月)

6月18日に自治会館で看護協会永年会員30年の表彰がありました。

福井県で48名の方が表彰されました。

そのうち10名が当院のスタッフでした。

みんなよく頑張ってる・・・・と思います。

“30年”  長いですよね。

 

同じ日の新聞には

吉田清美さんが瑞宝単光章を受章された記事が載っていました。

おめでとうございます

 

福井日赤で看護師長をされておられ、退職された後も、看護協会や他施設で活躍されておられたとてもバイタリティあふれる私たちの先輩です。

先輩の受章はうれしいですね。

これからも頑張ってください。

私たちも元気をもらって頑張りたいと思います。(H)

6月17日

2011/6/17(金)

昨日、退職したMさんから電話があった。

 

元気そうな声で近況を話した後

「10月○日に結婚することになったんで、来てください。」(すごく福井(鯖江)弁)

 

久しぶりの結婚式のご招待・・・

 看護部に入ってから、葬儀に参列する機会は増えたけど、

 結婚式にお呼ばれすることはなくなった。

   なつかしかったし、うれしかった・・・

 

彼女はうちで2年勤務して、その後JICAに行ったんだけど。

 私は、赤十字の国際救援に行ってほしかった・・・

 待ってるよ。いつでも赤十字に戻ってきてください。(H)

やさしい気持ち

2011/6/2(木)

救護活動から帰ったスタッフのほとんどが、もう一度救護に行きたいといいます。

 

救護班として活動してきたM.T氏は

「わかるわ。自分も、できたら、また(救護に)行きたい、と思う。

現地では一所懸命(救護活動を)したんやけど、もっと何かできたんじゃないか。

まだ何かできるんじゃないか…。そんな思いが残るんやわ・・・」

「被災地の人たちが、こころがきれいというか、あまりに実直な人たちで、

なんか、“やさしく”なれる…」

 

「やさしくなれるかぁ…」と改めて、いいなぁと感じ、日常生活の中でも、患者さんから、

「看護師さんと話をすると“やさしい気持ちになれる”」って言われたら、すてきだなぁと思いました。

庭に咲いた薔薇に癒され・・・

2011/5/31(火)

明日から6月。衣替えです。

私はまだ、冬のカーディガンを着ています。

スタッフは夏も冬も半袖で頑張っています。

 

写真は、雨風にも負けず、庭に咲いていた薔薇です。

ちなみに名前は『恋心』・・・

あんまり恥らっているようには見えませんが、

ハイブリッド系の香りのいい花です。

素敵な贈り物

2011/5/30(月)

看護学校時代のお友達が

お部屋にこんな素敵な贈り物を届けてくれました。

ポプリが入っていて、とても心和む香りです。

看護学校時代は遠~い昔ですが・・・

『友達』・・・『仲間』・・・『同期』・・・

~ひとの世の幸不幸は 人と人とが逢うことから“はじまる”よき出会いを~ (みつを)

新人のみんなはもう『いい仲間』『いい出会い』ができたでしょうか?

いい仲間作りも大切です。

〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号 TEL.0776-36-3630(代) FAX.0776-36-4133
copyright 2018 Fukui Red Cross Hospital, All Rights Reserved.
powered by cheltenham software