福井赤十字病院

看護師ブログ

お散歩カメラ教室

2015/5/11(月)

5月10日に病院の文化部の企画でプロのカメラマンを招いて撮影教室がありました。

集まったのは15名。みんなりっぱな(私から見ると)カメラを持って、西山公園に集まって来ました。

デジカメの私はなんか場違いな感じでしたが・・・

オートでした撮影したことがない私でしたが、絞りや光の調節がちょっとわかりました。

そのデジカメでも満開のつつじと真っ青な空、カメラを持ったみんなの真剣な表情はわかってもらえるかな。

 

一眼レフを買おうかなと思う楽しい1日でした。

 

次の教室を楽しみにしている私です。

 

 

 

はるのはな

2015/4/30(木)

 

さくらに菜の花。

4月は花の写真を撮りにあちこち動きました。

空を見上げて、撮影に夢中になっていたら、何かに躓いたのかこけてしまいました。

右膝をすりむいて、血がダラ~

恥ずかしかったです。

でもカメラが無事でよかった、菜の花を撮る事ができたので。

『満天星』って素敵な名前の花も撮れました。なんの花か知ってますか?

咲いている姿はまさしく満天の星でした。

救護員任命式

2015/4/20(月)

 

4月20日、今年も救護員研修を修了した43名が赤十字救護員としての任命を受けました。

 

『赤十字看護師』とは『救護員資格を持った看護師』のことであり、

今年も43名の赤十字看護師が生まれたことになります。

 

『赤十字病院で働く看護師』から看護技術、知識、災害看護を学び、救護員になるためのプログラムを終了し、3年間頑張って『赤十字看護師』になったことは大きな成長の証です。

いろんなことがあったと思いますが、よく頑張ったと思います。

これからの活躍に期待しています。

テレビ局や新聞社の取材があり、数台のカメラやマイクが動き回っていて、
みんなちょっと緊張気味でした。放送は今日の18時とか・・

 

平成27年度入社式

2015/4/2(木)

4月1日 新入職員66名を迎えました。

 

院長から新社会人としての心構えや、組織人としてのあり方等の訓示があり、辞令が交付されました。

 

訓示の中では

今年の勤務スローガン:「パートナーシップ」についても話があり、

職員同士のパートナーシップ、

患者さんとのパートナーシップ、

そして私たちを取り巻く人たちとのパートナーシップを大事にしてほしいということ、

それから「常に笑顔」で・・・これは今すぐできますよね

というお話がありました。

 

先進中央棟のオープンもあり、時間に追われ、『笑顔』もどこかに置き忘れていたことを思い出しました。

新入職員のピチピチの笑顔に負けないようにしましょう。

地球と握手

2015/4/1(水)

平成26年度最後の昼休み、

屋上庭園にできる『地球と握手』というモニュメント用の

手作りネームプレート作成をしました。

造形作家の松宮氏の指導のもと、まず地球と握手(粘土をギュッと握り締める)し、

指の形の残った粘土に名前を書きます。

いろんな形ができて面白い!!

 

廣瀬副院長の地球と握手は指が3本しかない。(指が太い!!のだ)

楽しく創作をしました。

一人4つづつ作り、そのうちの1つはポーランドに作成のモニュメントの一部になるとか。

完成が楽しみです。

パートナーシップマインド研修

2015/3/27(金)

3月20・21日と1日半かけて、パートナーシップマインドを醸成するための研修をしました。

 

自分のタイプを知り、相手のタイプを知り、どのような対応をすればよいか、

タイプ別による段取りの仕方の違い、段取り力をあげるにはどうしたらよいかなどを学びました。

相手のタイプを想定しての演習では本音トークが出ていて、ストレス解消にもなったように思いました。

ロールプレイも楽しそうでした。

 

きっと締めの私の挨拶だけが重かったんだろうなと思います。

 

まあ、これも私の役目ですから・・・

新棟視察

2015/3/3(火)

2月26日

新棟はほぼ完成し、院長、事務長と一緒に視察しました。

 

屋上庭園には若狭の造形作家・松宮喜代勝氏作のモニュメント「地球と握手」を造成予定で、

これは野口院長の寄贈によるものです。

白山連峰を臨みながら、緑の庭園に地球をイメージした球形のモニュメントは

癒しの中に活力を与えてくれることでしょう。

 

緩和ケア病棟『通称エキナケア』は漢方薬として知られている花の名前で、花言葉は『癒し』です。

病室という感覚ではなく、生活の場(自宅orホテル)としての空間を提供したいという思いから工夫を凝らしました。

「あなたは大切な人」というコンセプトのもと、心身ともにゆっくり落ち着いた時間を過ごしていただきたいと思っています。

 

身体とこころに優しい医療

2015/2/25(水)

これが何かわかりますか?

 

当院が奨める優しい医療を行う一つの道具・・・

 

内視鏡手術のときに臓器を吊り上げるときのクリップです。

組織に傷がつきにくく、持続性もあり、使い易いらしいです。

『FJ-Clip』として世界に出て行っているそうです。

驚いたのはこれを開発したのが当院の外科のF先生だということ。

最近知りました!!!

 

福井赤十字病院にこんなに長く勤務しているのに、院内のことを知らない自分にもっと驚きです。

善光寺へ

2015/2/24(火)

2月21日

善光寺は無宗派の寺だそうですが、天台宗と浄土宗の法要があるらしいです。

4月5日から7年に1度の善光寺のご開帳。

善光寺の宝印を額に押されると極楽往生ができるとの事で、

ご開帳期間中は毎日頂戴できるのだとか・・・

足も手も凍えそうな冷たさの中、真っ暗な内部参拝をしました。

お参りの後、ここで厄払いとばかりに、おみくじを引きました。

なにしろ、今年の正月のおみくじが『凶』だったので、・・・

そして・・・なんと『吉』

・・・これからすべてうまくいく・・・と。(精進すれば・・ですが)  

私たちが参拝したときは真っ青な青空でした。

部長さんたちの不断の精進のおかげでしょうか。

昼は宿坊で精進料理をいただきました。

精進料理はもう1品お膳の上の真ん中についたのですが、待ちきれず食べてしまいました。

 

ほぼ、1週間病院を空けたので、月曜日からが怖いと思いながら、福井に戻りました。

案の定、仕事は山済みでした。

中部ブロック看護部長会

2015/2/24(火)

2月19・20日と長野市で中部ブロックの部長会がありました。

2月の部長会は1年間の管理実践報告やブロックの目標の達成度など報告し、意見交換します。

今年度は実践報告をまとめるのがぎりぎりになり、プレゼンのスライドを見直す暇もなく提出してしまいました。

最近ぎりぎりにしか仕事が終わらないのは、

仕事量が多いのでしょうか?

年のせいで処理能力が落ちたのでしょうか?

前者であると思いたい・・・・




看護師募集
〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号 TEL.0776-36-3630(代) FAX.0776-36-4133
copyright 2018 Fukui Red Cross Hospital, All Rights Reserved.
powered by cheltenham software