福井赤十字病院

看護師ブログ

とっさの救急法

2012/11/2(金)

日本赤十字社では、『救急法』『幼児安全法』『健康生活支援法』などの講習会を県支部を中心に行っています。

福井赤十字病院でも全職員がAEDを使えるように、『救急法』の受講を奨めており、院内研修にも取り入れてきました。

それが、思いもしないところで役立ちました。

 

――――10月のある日曜日、

町内の祭りで餅つきをしている時のこと

「誰か、来てくれ!  

    救急車呼んで・・・・」

との叫び声・・・・・・

米寿を過ぎた方が、つきたての柔らかい餅をのどに詰まらせた様子・・・・

とっさに意識がないと判断した彼は、町内の人と協力して、ハイムリック法で上腹部を圧迫し、背部叩打法を行い、

みごと、異物(餅)を除去。意識も回復したそうです。

その後は回復体位にして救急隊を待った。とのこと。――――――――

 

おみごと!! さすが赤十字職員!!

とっさに、実践できた彼に拍手!!です。

救急法指導員としてあまり活動できていない私も救急法の普及に頑張ろうと思いました。

QC大会

2012/11/1(木)

沖縄県で開催された第14回「医療の改善活動」全国大会で当院が優勝賞に選ばれました。

全国レベルになったんだ!と新聞を見て感激しました。

質の保障と改善のため看護部でQC(Quality Control)サークル活動に取り組み始めたのが平成12年です。

平成15年から病院の活動となって、今年で9年目。

福井県内ではそれなりに認められてきたけれど、全国大会の入賞はすばらしい!

これからもQCストーリーに乗って、問題解決に取り組みながら、

小集団活動の一つとして、私たち自身が成長できたらいいな、って思います。

感謝状

2012/11/1(木)

糖尿病看護認定看護師の清水さんが日本糖尿病教育・看護学会から感謝状をいただきました。

病院では患者さんへの直接相談や指導、スタッフの教育や相談、医師をはじめとする医療チーム間の

連絡・調整など、いろんな場面で活躍している彼女。

更に地域では、糖尿病療養指導士の教育やネットワークづくりにも貢献。

 

ご苦労様。そして、ありがとう。

もうひとつ・・・これからもよろしく。

院友旅行:シンガポール

2012/10/29(月)

当院の院友旅行は7月から11月までの間に9コース11回の予定で行われます。

今年はシンガポールが一番人気だったみたいです。

そのシンガポールに行って来た3人からメールが届きましたので、紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気のシンガポールフリープランコース。

第1班として、10月11日~14日に行ってきました!!

雨期に入っていましたが、滞在期間中はほとんど雨も降らず、天候に恵まれました。

シンガポールは日本の淡路島くらいの小さな国ですが、観光名所も多くとても産業が盛んで明るく綺麗な国でした。

初日は有名なマリーナベイサンズホテル(某CMで使用されていたホテル)の見えるマーライオン公園へ。

みんなで記念写真を撮りました。夜景も素敵でした(´∀`)♪

2日目はセントーサ島へ。

自然たっぷりでとてもきれいな島です。

ゴーカートやリフト、海辺で砂遊びなど楽しみ、マーライオン型の展望台から見えるユニバーサルスタジオシンガポールはとても素敵でした!

そして夜はナイトサファリへ。迫力たっぷりのファイヤーショーを見たり、日本語で案内してくれるトラムに乗って、ゾウ・ライオン・サイ・キリンなどを間近で見たり、普段は見られない動物の夜の姿を見ることができました(*^0^*)♪

  

         (セントーサ島の海)        (マーライオン型展望台)          (ナイトサファリ)

最終日はアラブストリートやオーチャードストリートでショッピング♪宿泊していたホテルをはじめ、有名ブランドや地元の雑貨屋さん、免税店などお店も多くて目移りばかりでした。

4日間もお休みをいただきましたが、一瞬で過ぎてしまうほど、とても楽しい毎日でした。

思いっきりリフレッシュできたので、またお仕事頑張りたいと思います。

1-4 牧野友美、2-4西川美晴、手塚日暖

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

ということでした。本当に楽しそう・・・よかったですね。

ちなみに私は11月に石垣島に行きます。

 

第48回日本赤十字社医学会総会

2012/10/26(金)

10月18日・19日と高松市で盛大に行われました。

17日・・・四国は雨模様、東京は夜から雨とのこと、16日の夜から東京だった私は雨を避けるように、17日夕方、高松へ。

18日は曇り、19日は素晴らしい秋晴れで、高松から見える瀬戸内海を満喫しました。

 

今回の学会には当院から15題のエントリーがあり、その内13題は看護師・・・

3・4年目の看護師が頑張って事例をまとめて、エントリーしました。

ポスターのまとめ方もよかったし、発表も落ち着いていて・・・・

ホッとしました(親心です。)。

 

ランチョンセミナーは

『四万十のゲリラ医者』小笠原望先生の在宅医療のお話を伺いました。

四万十川の四季の写真(先生が撮影された)に、

先生の四万十の人たちへの思いに、

感激しました。

そして癒されました。

最後に先生が歌われた『赤とんぼ』にも・・・涙がでそうでした。

 

19日の昼は讃岐うどんを食べました。

「うどんはうどん。」と思っていましたが、讃岐のうどんはとっても美味しかったです。

 

私が撮影したコスモスでほんの少しでも癒しになりますように・・・

  

退職率

2012/10/2(火)

10月2日付の福井新聞に中卒、高卒、大卒の退職率は、それぞれ7割、5割、3割だと出ていました。

福井県の大卒の就職3年以内退職率は、2008年で28.4%とのことです。

4年前のデータなので、今は上がったのでしょうか、それとも下がったのでしょうか。

当院に就職した看護職の1年以内の退職者は、1名いるかいないかです。

看護職は人の命に関わる仕事ですから、いろんな技術や知識を学ばなければならないし、今の時期には夜勤にも入るので、厳しい面も多々あると思いますが。

今年度就職したナースたちもローテーション研修を終え、自分の部署で一人のスタッフとして頑張っています。

部署により、個人により差はあるけど、夜勤にも入っています。

今は、業務をこなすことに一生懸命で自分を見失いがちになったり、

他の人と比べて自信をなくしたり、先輩の言葉に傷ついたり・・・そんな中でも頑張っています。

この時を乗り越えていってほしいと思います。みんなそんな時があるのですから。

福井市自衛消防隊消防操作競技大会

2012/10/1(月)

今年も福井県消防学校で消防大会が行われました。

福井市内の企業、医療施設が参加しています。

NHKのニュースでも流れたので見た人があるかもしれません。

当院でも女子2チーム、男子2チーム参加しました。

今年度、男子は残念でしたが、女子はみごと優勝!!

1日の朝出勤すると看護部の前に優勝旗がありました。

にんまりしながら、よ~く見ると、過去5年間 福井赤十字病院優勝が4つありました。

今年の活躍は中田看護師とリハビリテーション科の石塚さん。

おめでとう、そしてご苦労様でした。

お伊勢参り

2012/9/18(火)

円形脱毛症もできたことだし、ストレス解消として9月17日にお伊勢参りに行きました。

と言うか、認定看護管理サードレベル研修の同窓会でした。

今回の同窓会は、伊勢赤十字病院のTさんが担当。

1日目は、新築された伊勢赤十字病院を見学させてもらいました。

松井看護部長さんもお休みなのに案内して下さり、感激でした。

お伊勢さんより高い建物はダメっていうことで5階建て建物。ゆったりしたスペースは羨ましい限り・・でした。

 

翌日はお伊勢さんにお参りをしてきました。

日本の諸問題が平和解決しますように・・・ついでに円形脱毛症が治りますように・・・

 

      (みんなで記念撮影)       (『赤福氷』を並んでゲット並んだのは私ではないけど・・)

お土産として、お伊勢さんで常滑焼のマグカップを買いました。

招き猫が「笑うとめっちゃでっかい福が来る」と言っています。

円形脱毛症・・・?

2012/9/10(月)

私の頭に・・・500円玉大の円形脱毛症が、先日、美容院でのこと

「林さん!!大変!!・・・こんなとこに・・・こんなものが・・」と美容師さん

いつ出来たのでしょう・・?

先月に行った際には、何も言われませんでしたが・・・

原因は・・・ストレスでしょうか?

円形脱毛症を「これ以上大きくしないでください」と言っている私。

こんな私にもストレスはありましたかね?

ツタンカーメン展

2012/9/2(日)

9月1日は、上野で開催しているツタンカーメン展を見に上野の森美術館に行きました。

 

JR上野駅に降りた時から、ものすごいひと人の行列でした。

上野駅でチケットを買うのに30分並び、入場するのに1時間待ちでした。

福井に住んでいる自分としては、1時間待ちなんて信じられない!!

 

だけど、1時間待っても行ってよかったと思いました。

3,000年前の本物がツタンカーメンが目の前にある・・・

金の棺のなかに3,000年前のミイラがある・・・ってことにゾクゾクしました。

そして、今3,000年前の事実を解き明かしつつあることに、その技術や知識に、驚くばかりです。

あの3,000年前のミイラから、DNA鑑定を行い、親子関係がわかるなんて、怖くありませんか?

3,000年前もすごいけど、それが判る今もまたすごい!!

そんな時代に生きている私たち・・・・と感慨深く感じました。

・・・『ツタンカーメン展』だったけど、残念ながらツタンカーメンのミイラもツタンカーメンの棺もなかったです。




看護師募集
〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号 TEL.0776-36-3630(代) FAX.0776-36-4133
copyright 2018 Fukui Red Cross Hospital, All Rights Reserved.
powered by cheltenham software