福井赤十字病院

看護師ブログ

救護員認定式

2012/5/10(木)

今年も新たに23名が赤十字救護員に任命され、『赤十字病院の看護師』ではなく、『赤十字看護師』になりました。

4月23日に救護員認定式が、日本赤十字社福井県支部で行われました。

福井県支部の小竹局長から赤十字の使命である“災害救護”に尽力してほしいと激励の言葉がありました。

災害は起きてほしくないですが、もし、起きた時には、いつでも出動できる仲間が増えて頼もしい限りです。

新人看護師奮闘中

2012/5/9(水)

5月2日(水)、今年入職した新卒看護師の注射実技試験を行いました。

ペアで皮下注射、筋肉内注射、採血及び点滴と4つの手技を互いを相手として行ない、指導する教育委員がチェック。

まだ、人の身体に針を刺すことへの躊躇を残しながら、一つ一つ確認して実施します。

2週間前ほど前に注射の研修を行い、その後、各個人で練習を重ねたようで、全員無事に合格しました。

 

新卒看護師たちは、1~2週間ずつ他部署を廻るローテーション研修が始まります。さまざまな患者さんと出会い、

いろいろな看護場面、看護技術を体験し、成長していってほしいと思っています。

(教育研修推進室看護師長:東川)

全国赤十字看護部長会

2012/5/7(月)

ゴールデンウィーク前の26日は本社で、全国赤十字看護部長・副学校長会が開催され、北は北海道、南は沖縄から120名の参加がありました。

東北はまだ、桜がまだ満開を迎えてないとか・・・

会議では、本社担当者との夜勤問題や給料体制等の討論にも熱が入ります。

夜は新任者の歓迎会でした。

更にその後はブロックの看護部長さんの歓迎会です。

仕事抜きで楽しいひと時でした。

 

翌日は赤十字医療施設看護部長会総会がありました。

 

日本赤十字本社近くの浜松町のホテルは、同業者らしき方々いらっしゃいました。

コーヒーを飲んでいると、お友達にも会いました。

大浴場に行くと、やっぱり同業者たち。まさに裸の付き合い。

 

この大浴場、ルームキーで入るのですが、

私のお友達は一回も入らなかったとか。

・・・だって、カードキーが『男性』になっていて、女性風呂に入れなかったのよ。

    面倒くさいし、フロントには言わなかったけど・・・と

 

イヤイヤ、苦情は ちゃんと言わなくちゃ!!

もし、災害があったら、『男性1人行方不明』って言われるのよ。  と思う私でした。

入院経験

2012/4/19(木)

病院の桜が満開のころ、私は約30年ぶりの入院経験をしました。

生まれて初めての腰椎麻酔、硬膜外麻酔経験しました。

自分のおしりの重さに驚きました。

 

同じ体位にいることに疲れて、両手でおしりを少し、ほんの少し動かそうと思うのですが・・・

全く動きません。

こんなに私のおしりって重かったっけ?

 

麻酔が覚めて、身体を少し動かせることがほんとにうれしかったです。

でも、身体が動かせるのと同時にやってきたのは『疼痛』でした。

これも、かなり辛かったですね。

自分で言うのも何ですが、看護師さんたちは本当にやさしかったです。

いろんな意味でホッとしました。

 

約一週間が過ぎ、やっと楽になり、歩く姿も普通になりました。

心配してくださったみなさん、お世話になったみなさん、ありがとうございました。

貴重な経験でした。

春の嵐

2012/4/11(水)

4月3日(火)は、日本中を春の嵐が襲いました。私は日本赤十字社豊田看護大学の入学式に行って来ました。

大学構内にいたので、嵐の大きさに気づきませんでした。

 

入学式が終わって、名古屋駅に着いたら、しらさぎ運休のアナウンス

えっ!どうしよう?

そうだ!京都経由で、サンダーバードで帰ろうとしましたが

えっ?北陸方面全面運休?   

どうする?何とかして帰らなければ・・

名古屋駅はごった返していて、駅員さんも対応に忙しそう。

案内にも長い列ができているし・・・

   「帰る方法ないか、探して!」 私は病院に電話しました。

電話を受けてくれた事務職員の方から

「列車は全面運休、高速バスは最終まで満杯、今日中に帰福は無理です。ホテルとってください。明日の午前中の部長の面談等の予約はキャンセルしておきます」との連絡。完璧に対応してもらいました。すばらしい!

 

救護と同じで、わが身の安全第一とまずホテルを確保し、宿泊グッズを買い、宿泊。

結局、福井に到着できたのは翌日になりました。

 

また、被害を出した春の嵐

被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

「別れ」と「出会い」

2012/4/4(水)

平成24年3月30日で山内ますみ師長が退職されます。

看護師になられて、41年間福井赤十字病院に在籍され、『赤十字』と『看護』をこよなく愛されました。

送別は新しい門出でもあります。

これからもお元気で。

春は『別れ』があり、その一方で『出会い』があります。

4月1日から看護部では、50名もの新しい仲間が加わりました。

『やさしい看護』を実践する頼もしい仲間です。

元気に大きく育って欲しいと思います。

職員宿舎完成

2012/3/19(月)

3月19日の午後に、院長、事務部長と職員宿舎となる新築マンションの内覧に行ってきました。

嬉しそうにエントランス前に立っているのは私です。

セキュリティばっちりのエントランスです。

対面式のオープンキッチンはもちろんオール電化。

 

お部屋は南向きで、駐車場・駐輪場・タイヤが収納できる物置もあります。

「いいですねぇ。私たちも住みたいですねぇ。」と院長、事務部長、私。

今週末から入居が始まります。

これから職場を共にする新しい仲間の皆さんの入居を楽しみに待っています。

搬送ロボット

2012/3/12(月)

3月6日午後、自律搬送ロボットMKR-003、通称『クロス君』が私たちの部屋の前を通りました。

 

ちょっとおぼつかない日本語で  「動きます」と言って、上肢をまげ、動き出しました。

15kgくらいの物まで、運べるそうです。エスカレーターは無理ですが、エレベーターには自分で乗れるらしいです。

障害物はちゃんと避けて通ります。私はちょっと意地悪をしてみました。

廊下の真ん中に立って、通り辛くしました。クロス君は困ってしまってあっちへ行ったり、こっちへ行ったり・・・

ぶつからないように避けていきました。

クロス君は搬送専門ロボットですが、案内専門ロボットもあるそうです。

病院でもロボットが活躍する日が近いのでしょうか?

上手に使って、便利になるといいですね。

 

赤十字医療施設中部ブロック看護部長会

2012/3/6(火)

2月23日・24日に中部ブロック看護部長会が名古屋でありました。

アクションプランの評価やグループ活動の報告、そして各施設の管理実践報告のプレゼンを行いました。

今年は日本赤十字社本社の浦田看護部長も出席。

本社の方針をお聞きしたり、豊田看護大学の教授との情報交換会等を行ったり、有意義な時間でした。

あとは自主研修(もとい本音トーク)の時間です。いろいろな情報を得ることができました。(これが大事!)

 

そして会議の翌日は、常滑焼を散策・見学です。

家の土台や道路などに土管が使用されていて、不思議な景観でした。

       

  

道路も石垣(土管垣?)も土管でした。

会議等のお世話してくださった名古屋第二赤十字病院の副院長兼看護部長さん本当にありがとうございました。

 

うれしい出来事

2012/2/27(月)

2月20日(月)のラインナップ(朝礼)での看護師長からの報告です。

ひとつめ。

2月15日(木)のとあるラジオ番組でのこと。当院の整形外科を受診された番組のアナウンサーが

「対応がやさしく、親切だった。」と褒めていただきました。

放送が聞けなくて残念でしたが、とても嬉しいニュースです。

 

ふたつめ。

福井県訪問看護ステーション連絡協議会管理者会で、

「日赤病院からの紹介は退院調整がしっかりしていて信頼できる」とのこと。

平成14年から看護部と医療社会事業課で立ち上げた退院調整、病院の機能分化が進む中で、患者さんのケアが継続できるように頑張ってきた成果だと思うとうれしい限りです。

また、当院の訪問看護にたくさんの学生の方が実習に来て下さっていますが、実は教科書『在宅看護学』にも載っています。

 




看護師募集
〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号 TEL.0776-36-3630(代) FAX.0776-36-4133
copyright 2018 Fukui Red Cross Hospital, All Rights Reserved.
powered by cheltenham software