福井赤十字病院

看護師ブログ

中棚温泉

2015/9/8(火)

私の今夜のお宿は『藤村ゆかりの宿』・・・

(女将がふじむらゆかりさんではありません)

 

山の中と言う表現がふさわしいのか、藪の中と言うほうがいいのか・・・実に静かなところです。

山の傾斜に沿って建てられた風流な建物でした。

窓を開けるとヤギの泣き声がし、散歩に出ると池のほとりでカモがお昼寝。

温泉宿のフロントには藤村直筆のコピーという『小諸なる古城のほとり』の額が飾ってありました。

直筆はおせいじにもきれいな字とは言えなかったけど。

山の中につくられた階段を登っていくと『文人の湯』があります。

脱衣場は畳なのに、湯船とのしきりがなく、不思議な温泉でした。

りんご風呂があると言うので楽しみにしていたのですが、10月から3月までということで残念!!

そこには若き春樹青年(藤村の本名)が20歳のとき、出会った佐藤輔子さんを思って歌った詩『初恋』の詩

・・・まだあげ初めし前髪の 

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思いけり・・・ 

が書いてあります。

若かりしころ、藤村や光太郎の詩集を好んで読んだ私としては、甘酸っぱい気持ちでそれらを見て、

お肌ピチピチのころの自分に思いを馳せて、じっくりと温泉を楽しみました。

りんごが浮いていたら、気分はもっと甘酸っぱくなったかも・・・

 

 

小諸へ

2015/9/8(火)

・・・・小諸なる古城のほとり  雲白く 遊子悲しむ

緑なす はこべは萌えず   若草も敷くによしなし・・・

で知られる小諸に行ってきました。(仕事です)

とても坂の多いところで、歩くにはちょっとしんどいところでした。

藤村が歩いたであろう古城のほとりを歩き、城跡から千曲川を眺めました。

青空の中に白い雲はありましたが、周囲は早春ではなくもみじが少し色づこうとしていて初秋でした。

 

 

島崎藤村の本名は『島崎春樹』。

藤村の『藤』は初恋の人『佐藤輔子』の一文字だと言う説があるらしいです。

 

≪島崎藤村像≫

 

 

長野・渋温泉へ

2015/8/3(月)

7月31日

「あつ~い福井を抜け出して、涼しい信州へ」と降り立ったのは志賀高原のふもと、渋温泉。

 

長野から湯田中まで観光列車「ゆけむり号」に乗り、

後から乗ってきた小学生の「(席を)とられた。」という声を無視して一番前の席で、旅行気分でした。

(8月1日は中野市で仕事です。)

暑さは福井と全く変わらない35℃の中、とりあえず、地獄谷温泉のサルを見に行きました。

軽く考えていたら、想像以上の山の中。パンプスで歩いていたのは私だけ。

源泉が噴出しているところには虹が見えました。

春に生まれた子サルがいっぱいいて、親ザルの背中に乗っていたり、

毛づくろいをしてもらっていたりとかわいかったです。

 


明日の仕事は忘れ、現実を忘れた時間でした。

中部ブロックスポーツ大会

2015/7/27(月)

7月26日 暑い暑い日差しの中、

今年も中部ブロックのスポーツ大会がトヨタで行われました。

昨年度は中部ブロックで優勝、全国大会でも優勝して

日本一になったフットサルでしたが、今年は準優勝。

ちょっと残念でしたが、でも大丈夫!!

全国大会出場は手にしました!!

 

惜しくも3位の野球。

1回戦は圧勝だったのに、2回戦は同点でじゃんけん負け。悔しい!!!

そして3位決定戦も圧勝。野球では1回も負けてないのに何故か3位でした。

(これからはじゃんけんの練習もしといたほうがいいよ)

 

 

バスケットも今年は忍者たち(院長がそう呼んでいる)のシュートが決まらず残念でした。

テニスとバレーボールは応援に行けず、ごめんなさい。

会場が離れていたり、時間が重なったりで全種目の応援に行けないのが残念です。

暑い中、みんなよく頑張りました。

 

秋には岐阜で全国大会があります。

結果的には福井はフットサルと野球が出場権を手にしました。

みんなで応援に行きましょう。

フレーフレー FUKUI!!

 

写真のできは何の差?

2015/7/22(水)

 

 

≪撮影:Ametama≫

 

 

“あめたま”くんの撮ったあじさいの写真、

悔しいけれど、きれいですねぇ。私の好みです。

 

これは腕(技術)の差だけでしょうか?

カメラの差(デジカメと一眼レフ)でしょうか?

 

看護部ではみんながPC待ち受けにしました。

 

 

 

≪撮影:Hayashi≫

 

エコクラフト教室

2015/7/16(木)

7月15日。

仕事が終わってから、文化部が企画してくれたエコクラフト教室に行って来ました。

自分の好きなクラフトバンドの色を選んで

先生の教えのとおりに編んでいくとかわいいカゴが出来上がりました。

創作時間はほぼ2時間。(手順がわかっていれば、もっと早くできるかも。)

初めてにしては、なかなかのできと、自画自賛。

いろんなものが作りたくなりました。

 

文化部の活動として、5月にはカメラ教室、6月はレザークラフト教室がありました。

参加してみると、作品が出来上がる楽しみ+おしゃべりの楽しさもあって、時間を忘れました。

企画してくれる文化部の委員さん、ありがとう。

一泊研修へ

2015/7/13(月)

今日は新人研修修了証書授与式をしました。

3ヶ月研修を終え、全員に修了証書を手渡すことができました。

梅雨の合間の青空が見える中、新採用者たちは1泊研修に出かけました。

職種を超えて、仲間作りができる研修です。

噂によると、カップルも誕生するとか???

行ってらっしゃい・・・

愛媛県松山にて

2015/7/6(月)

7月2~4日

松山のある総合病院にDPNSの話に行きました。

私にとって『6回目の in松山』で、昨年は2回もおじゃましました。

松山城のお堀では今年5羽の白鳥の雛が孵ったそうです。

(3羽はそのあと死亡したとのこと)

講演までの朝の時間、その白鳥の雛の写真を撮りに行きました。

二の丸の公園にはコスモスも咲いていました。

松山には研修同期の友達がいて、至れり尽くせり、美味しいものも食べまくりでした。

〇〇やさんの東屋では風流に蚊取り線香の煙とせせらぎの音に包まれ、「坊ちゃんビール」や「マドンナビール」を飲みました。

川床料理も美味しかった、道後温泉も堪能しました。

ホテルでいただいた鯛料理もめちゃくちゃ私のつぼにはまりました。

松山は福井からJRで約6時間。列車に乗り遅れたり、切符を間違えたりドタバタの旅でしたが、楽しい時間でした。

お声かけくださった総合病院のおかげです。

そして松山のK.Oさん、T.Tちゃん、ありがとうございました。

 

恩師、福井へ

2015/7/1(水)

福井県看護協会では第2回目のセカンドレベル研修を行っています。

福井でも中央レベルの研修をということで、著名な講師陣の講義もいっぱいあります。

そのうちの一人がK先生。評価学会を立ち上げられた元東京大学教授で、看護の評価についていろんな著書があります。

私も東京(清瀬)のセカンドレベル研修でお世話になりました。

私たちのグループは演習と称して、東京大学(K先生のところ)に出かけて行き、暑気払いといって、飲みに行ってました。

辛いセカンドレベル研修の中で、いい仲間ができました。おかげさまで今もそのころの仲間はとても仲良しです。

研修は知識や考え方を学ぶことはもちろんですが、ネットワーク作りのチャンス!

福井の研修生たちもいい仲間つくりをしてほしいと思います。

その先生が福井の講義に来てくださったので、当院のセカンドレベル研修中のメンバーと一緒に食事に行きました。

さくらんぼ

2015/6/22(月)

今年も日立のMさんが山形のさくらんぼを送ってくれました。

 “佐藤錦”の上品な甘酸っぱさ、たまりませんね。

 

しかし、こんなにかわいくて、甘酸っぱいさくらんぼなのに名前が“~錦”って言うのはいかがなものか?

“〇〇姫”とかにしたらいいのに・・・と思うのですが。

何か謂れがあるのかと調べたけれどわかりませんでした。

まあ、名前はどうであれ、とても美味しかったです。

Mさんありがとう。




看護師募集
〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号 TEL.0776-36-3630(代) FAX.0776-36-4133
copyright 2018 Fukui Red Cross Hospital, All Rights Reserved.
powered by cheltenham software